現在選択されている記事は以下のとおりです。


題名:Re: 128戦記的地図絵 名前:小豆龍
2008/11/25(Tue) 22:24 No.381 


381の画像を原寸大表示します うぅ、ペイントって難しい(汗
番号は(判読できれば)以下の通りです(汗

@黒豆神山(こくとうしんざん)
大陸最高峰(勝手に決めちゃっていいのかな?)の山です。誰も登頂したモノが無く、神秘のベールに包まれています。
年齢ウン千年の大精霊が住んでいるとかかんとか。

A青豆村(あおまめむら)
何百年か前に森を開拓してできた村です。稲作よりも林業やキノコ栽培、畑作が盛んです。

B大豆村(だいずむら)
小豆村の政府がある首都(村?)です。人口も一番多いです。日本で言う東京のようなイメージ。若者の憧れの的。

C一見公国軍進路
一応、僕はこんな感じに考えてますけど、一見さんはどうですか?

D豆ノ谷(まめのたに)
人口は少ないですが、セレブな農家が住んでいます。各国の金持ちたちが鬼のように買い占めるリンゴ、『蜜玉』の生産地なのです。外国の一部の金持ちの間では貨幣の単位になっている。名づけて蜜玉本位制。
ちなみにそのセレブ農家たち、『蜜玉』の世話のせいで贅沢をする暇がないんだとか。

E海豆村(うみまめむら)
Jの大田園地帯で取れた作物の海運で発展した村です。第三次産業も盛んなにぎやかな港村。もちろん漁業も。

F半豆村(はんとうむら)
小豆半島にある、小豆諸島との貿易で発展した邑です。海豆邑と似たような感じ。漁業ももちろん盛ん。

G麓豆村(ふもとまめむら)
p太共和国に住む人々が、小豆村を訪れる際に、一番最初に訪れることになるという邑。まぁ、三度目の、交易で発展した邑っつーことで。

H赤豆村(あかまめむら)
Aの青豆村とBの大豆村の中継地点。千葉県みたいな邑(蹴

I緑豆村(りょくとうむら)
世界でも有名な観光地。スキーをするもよし、山の方にある湖でスケートするもよし。夏は水泳だ!! 遊園地もあるゾ!

J大田園地帯(だいでんえんちたい)
本格的な田舎。どこまでいっても田んぼが続く。マジすげぇ。

K門豆村(かどまめむら)
小豆村の窓口。小豆村最大の港を誇ります。ホテルも多い。国家間の貿易港はここだけ。



この記事を修正するには投稿時に入力したパスワードを入力し実行ボタンを押します。 [説明]

処理:  記事No:  パスワード: