ようこそギャラリーあんどう掲示板へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色
画像認証
認証用数字  *   (画像の数字を入力して下さい)

題名:あんどう友の会・美術館への旅  名前:あんどう 2005/11/16(水) 14:04 No.186  操作


186の画像を原寸大表示します 瀬戸内海に浮かぶ直島のベネッセハウス・地中美術館への旅を企画しました。出発日は12月4日。
年末を控え参加者が少ないのではと心配しましたが驚いたことに募集と同時に定員になりました。現代アートの島「直島」は小さな島ですがアクセスが悪く移動は車でないと無理なことが要因のひとつかも。
直島は宇野港からフェリーで15分ほどのところにあります。当日船が欠航しませんようにと願うばかりです。

左は今年2月に訪れた際の画像です。




題名:こんにちは  名前:oek 2005/11/07(月) 19:40 No.180  HomePage 操作


180の画像を原寸大表示します あんどうさんこんにちは. 安藤です.
長い間お邪魔できず船井先生の作品集を置いていただいていて申し訳ありませんでした.
もう1年後期以降は "平面/立体" の授業がないとの事でとても残念です.
僕は現在大学の プロジェクト研究 という授業で "籐細工" を基にした "ランケーブル細工" というものをしているのですが, 籐細工を教えてくれた同じ プロジェクトのメンバー K 君は平面の授業を受けていて授業の感想を聞くと "すごくよかった!" との事でした. できる事なら来年度1年生に紛れて習いたいです.

毎日通学の際にバスからギャラリーあんどうが見えるのですが, もともと手芸のような事が好きで, 籐細工もどきを現在しているためか, バスから見えるキルトが気になっていました.
行きたいなーと思っていたのですが今日見ると今日が最終日. 行きたかったなと思いつつ学校へ行くと なんと本日最後の授業が休校!
というわけで本日お邪魔させていただきました.
幾何学模様が美しく, また, 折り紙のようにも見え興味が沸きました, 幾何学模様部分の外側を囲む曲線(?) もそう目立つ部分ではありませんでしたが, 鋭角の多い中心部分と対比され面白かったです.

あとりえ欒 の方々からお話を伺う時間がなかったのが残念ですが, 小さな作品からとても大きな作品までありキルトのすごさを見ることができました. 今作成しているランケーブル細工であれだけ大きな作品を作って見たいですね. キルト自体にも挑戦してみたいです.

ランケーブル細工のページを作りますのでもし興味があればごらんください.
こちら http://www.geocities.jp/oek2004/lancable.htm

  
 

題名:Re: こんにちは  名前:あんどう 2005/11/10(木) 17:41 No.182  操作

安藤さん、ほんとにお久しぶりでしたね。
「あんどう」を気に掛けていただきありがとうございます。

キルト展は思いがけず男性のお客様が多く見えました。そして制作過程など熱心に質問されるのです。この点は「あとりえ欒」の方も予想外だったそうです。

ランケーブル細工も小さなものを組み合わせてゆくと、どんどん膨らんで意外なものが誕生するかも?

ところで、お薦めのブログがあります。開いてみてくださいね。
http://d.hatena.ne.jp/take64/



  
 

題名:Re: こんにちは  名前:oek 2005/11/11(金) 22:12 No.184  HomePage 操作

男性のお客さんも多かったのですか, 手芸=女性的というようなイメージからかあまり手芸をする男性を見かけない, もしくはそういったイメージから あまり手芸をする男性がいない とこちら側が思い込んでいるのか, いずれにせよ大部分の男性にとってはあまり触れたことのない分野でしょう. もしかすると結構な数のの男性が興味を持っているのかもしれませんね.

ランケーブル細工のほうは, 僕としてはあんどうさんのおっしゃる通り "どんどん膨らませて", つまり流動的に作成をしたかったのですが,
この授業の先生は "完成予定図/設計図がないとだめ" "実用性あっての芸術性, そうでないとまたごみに戻るだけだ."
(お金を一切かけず=リサイクルで何かを作るという授業なのです)
とおっしゃられ, またアイデアから考え直しです. とほほ.

船井先生のブログですね, 教えてくださりありがとうございます.
ブログの性質上不特定多数の相手に向けて書かれておられると思うのですが,
やはり生徒の立場からは先生方と会話をしてもなかなか見えてこない部分があり,
船井先生のブログにはそういった今の僕の立場からは見えない先生方の一面が書かれてあり,
僕のクラスを担当された中学, 高校の先生方は大変だった, そして今現在も, 先日母校の中学校で起きた事件,
生徒もつらいかもしれませんが先生方はもっともっとつらいと思います.


僕はこれまた先生方には "迷惑" かも知れませんが構内禁煙にするように要望をしたり, 生徒, 先生の社会的なマナーがなっていないのではないかなどといった提案を大学の学長にしています. どうやら段階的に構内禁煙が実施されることが決まったようでとてもうれしいです.



題名:第20回「イーゼル会展」開催中です  名前:森絵画研究所 2005/11/09(水) 16:00 No.181  操作


181の画像を原寸大表示します 11月9日(水)〜13日(日)まで
会員13名の新作を展示しています。
20回記念として、皆が私(森)の肖像画を描いています。モデルは一人ですが、13人のそれぞれの表現が個性的で面白いです。
ぜひ、ご高覧下さい。

  
 

題名:Re: 第20回「イーゼル会展」開催中です 
名前:あんどう 2005/11/10(木) 18:48 No.183  操作


183の画像を原寸大表示します 「第20回イーゼル会展」開催おめでとうございます。

会場に置かれた前回までの芳名録やアルバムからは森先生が大切に育んでこられた教室の歴史を感じます。貴重な宝物ですね。

今展は20回という記念すべき展覧会であり様々な趣向が凝らされています。皆さんぜひご来場ください。



題名:キルト日和  名前:あんどう 2005/11/06(日) 16:36 No.179  操作


179の画像を原寸大表示します キルト展の会場予約は2年前。
作品にもよりますが1枚仕上げるのに数ヶ月から数年を要す根気のいる仕事です。
展示作業当日までひたすら作品作りに取り組んでこられた皆さん。会場内に添えられたメッセージカードにはこの日を迎えた喜びの言葉が踊っています。

キルトの歴史は古く古代エジプトまでさかのぼると言われています。生活の中から生まれた芸術作品を展示した「キルト日和」は明日7日まで。



題名:キルト日和  名前:あんどう 2005/11/06(日) 12:16 No.178  操作


178の画像を原寸大表示します キルト展の来場者の多さには驚きました。
なんと1日平均350人超。
在廊時間が長いこともあり1F・2F共満員状態。嬉しいことに2時間をこえる方もありました。
当ギャラリーは築後かなり経過しているので鉄骨コンクリート造とはいえ床が心配になるほどです。
4日には片山知事ご夫妻もお見えになり奥様に「キルト始めてみたら。。。」と薦めておられました。
こんな折は現場の声を聞いていただくよい機会でもあります。



題名:あとりえ欒  名前:あんどう 2005/11/02(水) 19:02 No.173  操作


173の画像を原寸大表示します 明日11月3日からギャラリーあんどう(1F)・Gallery ANDOH due(2F)で開催される、グループ「あとりえ欒」のキルト展。
展示作業を終え開催を待つばかりとなりました。
展覧会は沢山の方の協力のもとに開催されます。

今回協力して頂いたお店は
■バサラ 鳥取市湖山北2-201 TEL:0857-31-1730 
■山口タンス 鳥取市二階町1-122 TEL:0857-24-3451
■ガーデンかしの木 鳥取市新93-21 TEL:0857-27-5654

カントリ調の華やかな作品が展示された会場にどうぞ足をお運びください。



題名:友の会  名前:森絵画研究所 2005/10/27(木) 13:00 No.171  操作


171の画像を原寸大表示します 10月23日(日)ギャラリーあんどう「友の会」
★美歎牧場でバーベキュー
天候が悪く、参加者が8名と少なかったのが残念ですが、おいしい肉を久しぶりに沢山いただき大満足。
次回の企画には皆様ぜひご参加下さい。



題名:屋須弘平展 〜写真と遺品が語るグアテマラ移住と望郷〜 
名前:GaleraiLIBRO 2005/10/14(金) 23:36 No.167  HomePage 操作


167の画像を原寸大表示します 130年前に中央アメリカのグアテマラで写真館を開いた日本人写真家の展覧会を案内させて下さい。
屋須弘平(岩手県出身1846年〜1917年)の写真作品の他に、使用したカメラやレンズ、遺品も展示しております。
また、10月15日(土)午後2時より、写真評論家の飯沢耕太郎氏の講演会「グアテマラに生きた写真家 屋須弘平」を行います。

屋須弘平展
〜写真と遺品が語るグアテマラ移住と望郷〜
<横浜国際写真フェスティバル> <日・中米交流年2005>
会 期:2005年10月4日(火)〜11月6日(日)会期中無休/入場無料
会 場:JICA横浜(国際協力機構)2階展示スペース
(併設:海外移住資料館) 
神奈川県横浜市中区新港2-3-1 電話045-663-3251(代)
開場時間:午前10時〜午後6時

☆ 講演会「グアテマラに生きた写真家 屋須弘平」
講 演:飯沢耕太郎氏(写真評論家)
日 時:2005年10月15日(土)午後2時〜午後5時/入場無料
会 場:JICA横浜 4階会議室

交 通:東急東横線=みなとみらい線「みらとみらい駅」「馬車道駅」下車各駅から徒歩10分/JR京浜東北線=根岸線・横浜市営地下鉄「桜木町駅」「関内駅」下車各駅から徒歩15分

企 画: 岩手県藤沢町・ガレリアリブロ
後 援: JICA横浜・駐日グアテマラ共和国大使館



題名:伝統の技  名前:あんどう 2005/10/04(火) 20:03 No.166  操作


166の画像を原寸大表示します マリベル・マスさんの個展が終わりました。

この展覧会を通して沢山のことを学びました。
今展は因州和紙とスペインの版画とのコラボ展という事もあり何度か青谷に足を運ぶうち和紙生産の大変さに触れました。
画像は柔らかくした楮(こうぞ)のごみや表皮を取る「かごかき」または「かごなで」といわれている作業。手が冷たくなる冬場は辛い仕事で今ではこの作業ができる人は青谷でも2〜3人位とか。多くの工程を経て作られる和紙。伝統の技を継承する人が少なくなり問題となっています。

この楮を使った和紙で浅草の雷門の提灯が作られるそうです。



題名:オープニングパーティー  名前:あんどう 2005/09/24(土) 20:03 No.163  操作


163の画像を原寸大表示します 23日、マリベルさんのオープニングパーティーを開催しました。

マリベルさんは大の親日家。訪日も今回4回目となり青谷の皆さんともすっかり顔なじみです。
パーティーにも各方面から大勢の方が駆けつけてくださりギャラリートークを交え約2時間にわたって盛大な会となりました。



[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 1
12/12 (火) 1
09/20 (水) 1
09/08 (金) 1
合計: 1725

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web