「蒸機時代の北海道」画像掲示板

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
北海道の蒸機列車、旧型客車、運炭鉄道の情報交換を行う掲示板です。
実物情報、模型製作情報の話題を中心に行いますが、
堅いことは言わずその他の話題も歓迎します。

ブログ「http://hirose13mm.cocolog-nifty.com/bbs001/」も運営しています。
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色
画像認証
認証用数字  *   (画像の数字を入力して下さい)

題名:12/14  名前:c57135 2016/12/14(水) 23:20 No.802  操作


こんばんは。
今日は12月14日ですね。早いものです。
一年も、四十余年も。
お借りしたⅮ51603のカット、ありがとうございました。
一冊お送りいたしました。ご覧くださいませ。

  
 

題名:Re: 12/14  名前:廣瀬 2016/12/15(木) 01:30 No.803  HomePage 操作

803の画像を原寸大表示します 本当に月日の経つのは早いです。
北海道の最期の蒸機を、毎年思い出す日ですね。

C57キットのジャンクがあるのを思い出したので、最近C57135を模型で再現したくなってきて、パーツと資料を揃え始めました。もっとも、最近工作は滞っているので、リハビリがてら気楽に作ろうかと思っています。

楽しみにしています。



題名:ダイヤ情報12月号  名前:C57135 2016/11/18(金) 00:31 No.800  操作


こんばんは。
11/15発売のダイヤ情報誌では、C57135を組みました。
個人的思いの反映は極力避けるようにしていますが、今号だけは少しだけ…ご覧くだされば幸いです。

  
 

題名:Re: ダイヤ情報12月号  名前:廣瀬 2016/11/18(金) 00:38 No.801  HomePage 操作

これは、見逃せませんね。
最近は、実物撮影をほとんどやらないので、見逃しがちでした。
明日にでも書店に行ってみます。

PS
D51603の写真はお送りしましたが、届きましたか?



題名:こんばんは  名前:C57135 2016/10/29(土) 02:18 No.798  操作


こんばんは。
先日は王滝でびっくり!でした。
お元気そうで何よりです。
その際お尋ねしました件、いかがでしょう?
「夕張線現役蒸機の最後の5日間」の正面603や、夜の241など(241は夜以外にも何かあれば…)
ご多忙の中恐れ入りますが、ちょっくら見てやってくださるととても助かります…
よろしくお願いいたします。

  
 

題名:Re: こんばんは  名前:廣瀬 2016/10/29(土) 02:43 No.799  HomePage 操作

王滝では、びっくりしました。
日頃会えない方に、次々にお会い出来て、嬉しかったです。

603の元スキャンデータは有るはずです。
241の昼間は俯瞰しか撮らなかったので、No.は写っていません。

MAILが来るかもと思って忘れそうになっていました。
もしかして、MAILを頂いていましたか?
フリーアドレスですと、残念ながらサーバーで遮断される仕様なのです。

明日は、朝早くから忙しいので準備出来ないかも知れませんが、日曜なら、探せると思います。




題名:321レはc55-50でした  名前:BOZE 2015/12/07(月) 17:19 No.793  操作


793の画像を原寸大表示します 昭和49年7月22日
管理人さんがおっしゃるように、撮影だけに没頭いや、それが当たり前の毎日でしたよね。
塩狩のYHで知り合った大学生の方から「1日かけて321レに乗らない?」って誘われまして、それもまた良いんじゃないかって思いまして。
本当に良い思い出になりました。

ファイルでは画像は縦向きなのですが、うpすると横向きになります。
見辛くってすみません。

  
 

題名:Re: 321レはc55-50でした  名前:BOZE 2015/12/07(月) 17:21 No.794  操作

794の画像を原寸大表示します 蘭留〜塩狩間
  
 

題名:Re: 321レはc55-50でした  名前:BOZE 2015/12/07(月) 17:22 No.795  操作

795の画像を原寸大表示します カレチさんに書いてもらった、乗車証明書
  
 

題名:Re: 321レはc55-50でした  名前:管理人 2015/12/08(火) 00:03 No.796  HomePage 操作

BOZEさん
こりゃうらやましいです。
キャブからの臨場感あふれるシーンも素晴らしいですね。
テンダーへの蒸気配管の具合も良く分かるので、模型製作にも役立つ1コマです。
40年以上前の映像が、こうやって拝見出来るのはうれしいモノです。

  
 

題名:Re: 321レはc55-50でした  名前:BOZE 2015/12/08(火) 20:36 No.797  操作

40年前の旅客最終日まで、あと6日になりましたね。

翌朝の朝刊につきましては、その日に合わせてうpしたいと思っています。



題名:カウントダウン  名前:BOZE 2015/11/30(月) 21:53 No.789  操作


管理人さん
皆さん
初めまして
色々とググッてまして、ここにたどり着きました
京都からです
私は12/24は京都におりました
それは、期末テストをサボり12/14に栗山〜栗丘に居たことが、帰宅後に学校にバレてしまい、補習授業を受けていたからです
当時は高校2年生でした
12/14の画像・アナログ録音→デジタル変換の音声・帰路の白鳥で買った、東奥日報の朝刊は現存しています
あと、苫小牧から運転された機関士さん(高校1年生の時に、現地で知り合いました)のサイン色紙も探せば出てきます
宜しくお願い致します♪

  
 

題名:Re: カウントダウン  名前:管理人 2015/11/30(月) 23:19 No.790  HomePage 操作

BOZEさん 初めまして
同年代の方で、北海道に行って居られた方ですね!
期末テストをサボってはいけませんね。

もっとも管理人も、期末テストの最終日は、風邪で休んでいるので、結果は大差ないですが・・・ まあ、補習は無かったので、治ってから最期の夕張線に出かけることが出来ました。

ぜひ12/14の写真を拝見したいです。東奥日報まで保管されておられるのですね〜 これも拝見したいです。お近くの様子なので、いつかお会い出来るかも知れませんね。

  
 

題名:Re: カウントダウン  名前:BOZE 2015/12/04(金) 22:56 No.791  操作

791の画像を原寸大表示します 管理人さん こんばんは

1975年12月14日
栗山〜栗丘(栗丘駅手前の、有名な丘からです)
確か、1時間半ほど遅れてやってきたと記憶しています
道路に路駐している車の列
室蘭から追っかけていた人も居たようでした
この後に、岩見沢に向かいましたが、ファンの姿もまばらで、閑散としたホームの風景で、一人泣いていたのも記憶しています

アルバムに残ってる新聞を見ましたら、翌朝の 東奥日報・道新・京都新聞がありました
機会があれば、スキャンしてうpするなり、直接お会いしてお見せするなりしますね

音声のみの録音ですが
この栗丘での旅客最終列車の他に
さいはてドン行に旭川(11:00)から稚内(19:02)まで乗車した時のものもデジタル化しています
C55-30でした
旭川出発・塩狩峠(なんと、キャブに乗せてもらった!)・カレチさんの車内放送等です

  
 

題名:Re: カウントダウン  名前:管理人 2015/12/06(日) 04:09 No.792  HomePage 操作

BOZEさん
この日のこのアングルは、珍しいですね!
追っかけの車列が写り込んでいるのも、今では素晴らしい記録ですね。
案外、撮影者が少なかったのですね。

C5530のキャブ添乗とは羨ましいです。現役C55には会えませんでした。
長距離の旧客列車も懐かしいですね〜 しかもC55牽引だなんて、夢に出てきそうです。
つい撮影に専念してしまいがちですが、1日掛けて乗車されたのは素晴らしい選択でしたね。
何ものにも代え難い体験だったのでは無いでしょうか? 後になればなるほど、その貴重さが身にしみると思います。羨ましい!



題名:謹賀新年2015  名前:管理人 2015/01/01(木) 00:26 No.788  HomePage 操作


788の画像を原寸大表示します 本年も宜しくお願いします。
ブログの方どうぞ
http://hirose13mm.cocolog-nifty.com/bbs001/



題名:12/14  名前:c57135 2014/12/14(日) 11:43 No.784  操作


また12/14がやってきました。
39年…と記しましたが、昨年の投稿見たら
今年は数えでは40年!になるのですね。
年月が経っても臍をかんだ思い出は一向に薄れるどころか日増しに鮮烈になっていくような気がします。

さて、選挙に行かなきゃ。

  
 

題名:Re: 12/14  名前:管理人 2014/12/14(日) 18:52 No.785  HomePage 操作

c57135さん
久々に135番を見に行きたくなりました。実は、まだ新しい鉄博には行っていませんが、大雨の日に行きたいです!
京都からだと、遠いし「混んでる」と云うイメージが有って中々機会が有りません。

選挙は・・・行きましたよ! やっぱり、景気回復が全ての基本です。他のことは、景気回復出来れば、いずれ解決できるモノです。

  
 

題名:Re: 12/14  名前:c57135 2014/12/24(水) 23:45 No.786  操作

そして12/24がやってきました。
あと何回 12/24を迎えられつかどうか分かりませんが
12/14と24は 何年たっても特別な感慨なしに過ごすことは出来ない一日です。

  
 

題名:Re: 12/14  名前:管理人 2014/12/25(木) 01:10 No.787  HomePage 操作

c57135
そうですね〜 「あと何回・・・」などと思うようなぐらいに年月を重ねたのですね。思えば、あの時は、まだ昭和も50回を数えたにすぎませんでした。あの日の50年前は大正時代で有ることを考えると、しばし時間の感覚が麻痺を覚えます。

ブログ
http://hirose13mm.cocolog-nifty.com/bbs001/



題名:明けましておめでとうございます。  名前:ヤマモト 2014/01/03(金) 11:54 No.781  操作


明けましておめでとうございます。
ご無沙汰しております。
年末、仕事が忙しく、ついつい年賀状さぼっいてしまいました。
ので、メールしました。
最近は、写真からビデオに転換、高見に上がって蒸気とってます。
相変わらずネシアがよいでしょうか?
懐かしい写真たくさんありますね?
最後の12月ラッセル キの 訓練運転ありましたよね?
パソコンXPから8に変えましたが、データーを移していません。今度投稿してみます。

  
 

題名:Re: 明けましておめでとうございます。  名前:管理人 2014/01/04(土) 05:07 No.782  HomePage 操作

ヤマモトさん
あけましておめでとうございます。

やっぱり、生きているナロー蒸機は良いですよ〜
「最後の12月」ってもしかして、1975年12月の事ですか?
ラッセルは、撮っていません。。。

  
 

題名:Re: 明けましておめでとうございます。  名前:ヤマモト 2014/01/05(日) 11:44 No.783  操作

 管理人様

 1975年12月です。
 あれ、撮ってなかったんですか?
 じゃー、今度スキャンして貼っておきます。
 てっきり撮ったものと思ってました。
 私は、最終日を待たず帰阪しました(これが出撃の条件だった)。
 同じあたりをうろついていたのに、この時は全く出会いませんでしたね。



題名:12/14  名前:c57135 2013/12/14(土) 00:29 No.779  HomePage 操作


779の画像を原寸大表示します こんばんは。

また12月14日が来ましたね。

もう39年。ということは昭和59年から

終戦の昭和20年を見た長さと同じとは。

いつの間にそんな年月が流れたんでしょうね。

一昨日食べた昼食が何だったのかも思いだせないのに、

なんで39年も前の12月14日の事は、つい昨日のことのように

思えるのは、なんでなんでしょう。


  
 

題名:Re: 12/14  名前:管理人 2013/12/14(土) 02:02 No.780  HomePage 操作

投稿ありがとうございます。

そして、またこの日が来ましたね。
私にとっては、病み上がりに、夕方のニュースで、ヘリからの映像を、唇を噛みながら見た日。

本当にあっという間ですね。来年は、40年。。。



題名:40年前のあの日あのとき(8)  名前:巻本彰一 2013/03/20(水) 23:39 No.767  操作


767の画像を原寸大表示します  早いものでもう1年が経ってしまいました。しばしお付き合いの程を。
 1973年の北海道,このときの往きは,きたぐに→青函27便→43レで銀山,という連続31時間車中コースでした。この時期になると,日本海側では途中寄るべき路線がほとんど無煙化されたという理由ですが,もう拷問としかいいようがない旅になりました。
 さて,苦労してたどり着いたにもかかわらず1973年(1974年も)の北海道の撮影は最悪で,順法闘争による「団結号」のおかげで写真は全く絵になりませんでした。この写真(銀山Sカーブ)のように煙室戸,デフ,スノープロウ,キャブ,テンダーにまで白文字が入っているので,たとえ俯瞰をしてもどうしようもありません。天気ピ−カンで煙ばっちり,でも機関車が「団結号」ではね。1975年以降の北海道しか知らない方は,本当に幸せです。
 一方,順法闘争による荷物の滞貨も酷く,各駅では荷物が満杯で,いつ目的地に着くかは判らないと言われたのですが,荷物を軽くするため二条駅まで手荷物を送ったところ,45日かかりました。小生は下着類なので実害はありませんでしたが,果物類や野菜など生ものを送れば全ておしゃかで,鉄道荷物から一気に客が離れる契機になりました(いつ着くかは判らないし,1ヶ月経っても着かない荷物なんて,誰も出しませんよね)。今回はグチが多くてすみません。

  
 

題名:Re: 40年前のあの日あのとき(8)  名前:管理人 2013/03/22(金) 03:44 No.768  HomePage 操作

これは派手ですね〜
管理人は1975年だけしか知らないので、或る意味で幸運だったのですね。「団結号」を模型化するのも面白いかもしれない、なんて云うコメントを書いている人が居ましたが、本気で言っているのか? と思いました。今見ても、懐かしいというより、検便してよ、と云う気持ちは消えていません。しかしチッキが45日も掛かったのでは、意味ありませんね。そもそも、荷物は「旅客」と同様の営業形態で、客レ併結が基本で同時移動が発祥だったように読んだように思います。その後、国鉄解体、貨物輸送衰退、車扱いの事実上廃止への道を転がり落ちたのでしたね。機関車・客貨車好きの管理人は、残念でなりません。

行き帰りは、もちろん「きたぐに」にお世話になりましたが、乗り鉄だったのか、全く苦痛と思わなかったです。学生の頃は時間には余裕があったので、結構楽しんだようです。

  
 

題名:Re: 40年前のあの日あのとき(8)  名前:巻本彰一 2013/03/23(土) 23:18 No.769  操作

769の画像を原寸大表示します  待てども来ない列車を待っていると思わず歌詞が・・・,「ゆ〜きが降る,あなたは(汽車の意)来ない〜。」(おそまつでした)。1973年は前年とは逆に厳冬になりました。列車ダイヤの方は順法闘争による貨物の運休が相次ぎ,確実に撮れるはずの客レが「団結号」ではたまったものではありません。稲穂峠からの大俯瞰では,1日目はピーカンでも列車は来ず,2日目は猛吹雪で何も見えず,下山時には遭難しかけという顛末で玉砕しました。
 国鉄はダメでも私鉄なら,というので,この日は1日中大夕張鉄道を攻めるつもりで下り1番列車で清水沢に着いたのですが,この写真のように車外はこの雪。とてもシューパロ湖の俯瞰は無理と気持ちを切り替え,列車から降りずにそのまま夕張鹿ノ谷へ(根性無しですみません)。結局,吹雪の午前中は真谷地へ,午後は雪が小降りになったので南大夕張経由でシューパロ湖に行きました。
 前回の「拷問」ですが,乗り鉄が嫌という訳ではなく,天気が良かったにもかかわらず日中に撮影ができなかったという理由です。これにこりで,次の年からは往きは,きたぐに(立山)を糸魚川で下車して午前中は東洋活性白土に寄り,しらゆきで北海道入りすることにしました。

  
 

題名:Re: 40年前のあの日あのとき(8)  名前:巻本彰一 2013/03/24(日) 12:58 No.770  操作

770の画像を原寸大表示します  関西からは蒸機王国北九州が近いのですが,輸送量が多いことと門デフ等の切り取りデフやカマが美しいことを除くとあまり特徴がないのです(冬でも晴れの日中なら煙はスカスカですしね)。
 一方,北海道は輸送力が少なく,醜悪ともいえる耐寒装備に機関車本体の美が随分犠牲になっているのですが,限界に近い使用条件での機能美?(ブサカワ,とかキモカワの部類かも)があるのと煙の量が特徴ですね(夏場でもガンガン出ますので,あまり石炭使用量については念頭にないのかもしれません)。関西在住者にとっては,そのような非日常的なところに惹きつけられるのか,春休みは必ずお約束のように雪が残る北海道へ行くことになりました。
 客車ではやはりストーブ列車ですね。釧網本線等で混合列車が機関車と客車の間に貨車を挟むと暖房蒸気を供給できないので,冬期は客車にストーブが設置されていました。屋根上に煙突を突き出して走ってくるのは何ともほほえましいものです。
 運炭鉄道でも同様な理由で客車にストーブを設置していたので,子持ちししゃもなんかを大夕張のストーブで焼いて缶ビールを一杯(冬場は撮影時の雪かきで結構のどが渇くのです)やりながら9600の牽く客車の旅を楽しんでみたいという願望があったのですが,どうしてもストーブの周りは地元の人で囲まれてしまうので,ついに願いは果たされずになくなってしまったのは残念至極です。

  
 

題名:Re: 40年前のあの日あのとき(8)  名前:巻本彰一 2013/03/27(水) 00:24 No.771  操作

771の画像を原寸大表示します  ちょうど40年前は名寄本線上興部-一ノ橋間を訪れました。中間地点の峠で撮りたくなって一ノ橋から上興部まで荷物を持って歩いたのはよかったのですが,雪が新雪で予想外に時間がかかり,俯瞰場所まで上る途中で列車が来てしまって,重連のブラスト音に追い立てられるように雪壁をよじ登り(途中は林で下が見えない)転がるようにカメラを出したら列車はもうファインダー内ぎりぎりでした。こういうのは,40年経っても夢に出てきますね(寝ながら足をバタバタさせるそうです)。
 夕方に上興部に着き,重連の発車を撮ったあとこの写真の給水設備を撮りました。寒冷地にもかかわらず,水槽下部が開放でむき出しになっているのが非常に珍しいですね(小さくまとまっていて非常に好ましいです)。それまで何回も上興部には来ているのですが,いつも補機が給水塔の横で休んでいるのでカマが邪魔で,列車が発車した後の短時間しか狙えない,ある意味贅沢な写真です。

  
 

題名:Re: 40年前のあの日あのとき(8)  名前:巻本彰一 2013/03/31(日) 11:47 No.772  操作

772の画像を原寸大表示します  これは3月29日分です。この日は標津線を訪れたのですが,厚床から列車がないので奥行臼まで荷物を持って歩き,中間付近でC11の貨物列車を撮影しました。線路上をずっと歩いて行ったわけですが,途中には人家や人工物が全くなく原野がずっと続くので,もし足をくじいたりして走行不能になったら列車を停めるしか助かる方法はないという所でした。奥行臼駅に着くと,駅前左にはまだ簡易軌道の施設等(線路や車輌)がまだ残されていてびっくりしました。
 さて写真は厚床駅内部ですが,構内配線図が一緒に写っています。こぢんまりまとまった構内で好ましいですね。模型で分岐駅の構内の良い参考例となるのではないでしょうか。ところでこの年の北海道は周遊券の有効期間一杯の20日間の旅程でしたが,ひと月の2/3も旅行に出ているとその間に世の中に色々な出来事が起こります。このときは列車に残されていた新聞で,米軍がサイゴンから撤退完了したことを知りました(軍事顧問団は残留)。これで泥沼に近かったベトナム戦争が終結に向けて動き出すことになったわけですが,この40年前のできごとを,米軍に遠慮してか,日本の新聞ではほとんど報じないのは不思議なことです。

  
 

題名:Re: 40年前のあの日あのとき(8)  名前:巻本彰一 2013/04/02(火) 23:11 No.773  操作

773の画像を原寸大表示します  これは4月1日分です。この日は宗谷本線塩狩で撮影していたのですが,夕方の名寄行き323レを撮りに旭川へと南下していたときに見つけたミムです(永山か?)。
 模型を作っていると,丸いタンク車に塗装後に帯を入れるのはなかなか難しいことである,とは分かっているのですが,この写真を見ると皆さん自信を持てるのではないでしょうか(逆に綺麗に入れると実物通りにならないのかも)。実物はデカールではなく塗装だし,大きいので綺麗に塗れるのが当たり前と思うのですが,不思議ですね。ここまで下手な帯は初めて見ました。

  
 

題名:Re: 40年前のあの日あのとき(8)  名前:巻本彰一 2013/04/04(木) 23:11 No.774  操作

774の画像を原寸大表示します  これは4月3日分です。朝に礼文華海岸と昭和新山で撮影した後,時間が余ったので,夕方は鉄原コークスに寄ってみました。その日の運転は終了していたのですが,この写真のようにツーショットが撮れました(夕方は逆光になるので黒ずんでいます)。運転状況が分かったので,翌日も訪れて1日中走り回ったらフィルムを使い果たしてしまい,それで駅前まで買いに行くと,有効期限が1年以上過ぎた物しかなくて困ったのも,今となれば良い思い出なのかもしれません。
 構内はコークスの中に線路を引いたような場所だったので,天気ピーカンにもかかわらず,露出が全然でなくて撮影者泣かせの場所でもありました(つや消し黒色がいかに日光を吸収するか身をもって体験できる場所でした)。ところで,1973年春は守衛さんも非常に親切で,構内は自由に撮り放題だったのですが,1974年春には完全にシャットアウトになりましたから,この間に荒らした人がいたのでしょう。非常に残念なことでした。
 鉄原コークスは場所的に良い所にあって,夕方まで撮影しても,すずらん→青函夜行便→しらゆき→くずりゅうで帰宅できます。日中を移動するというロスが少ないので,このときを含め,その後も北海道からの帰りには最後の日の撮影地として重宝しました。
 さて,これで1973年春の北海道撮影旅行は終わるわけですが,その後蒸機がなくなるまで,4回北海道を訪れました。それらについては,また別の形でご紹介するということにして「40年前のあの日あのとき」もこれで一応完結することにします。ご愛読ありがとうございました。

  
 

題名:Re: 40年前のあの日あのとき(8)  名前:奥山道紀 2013/04/14(日) 19:00 No.775  HomePage 操作

ダルマストーブは三菱大夕張ナハフ1の車内でしょうか?
  
 

題名:Re: 40年前のあの日あのとき(8)  名前:管理人 2013/04/14(日) 23:56 No.776  HomePage 操作

奥山様
恐らく、大夕張(三菱石炭鉱業)の客車ですね。
妻板の造作、車掌室の表示などが国鉄とは異なりますし、ナハフ1と読み寄れるように思います。 巻本様、いかがでしょうか?

  
 

題名:Re: 40年前のあの日あのとき(8)  名前:巻本彰一 2013/04/17(水) 01:03 No.777  操作

 ご推察の通り,三菱大夕張鉄道ナハフ1の車内にあったダルマストーブです。球形のものは珍しいのではないでしょうか。国鉄の駅等では,樽形のダルマストーブを使っていたので上面で色々な物を焼き易かったのですが,ナハフ1のような球面になると魚のひらきなんかは特に乗せにくそうですね。焼きムラも起こりそうですし。しかし,いくら乗せ易くとも,筒型のオイル炊きではべとべとになりそうで,魚を焼く気も起こりません。
  ところで,スノープロウなんかは取り付け位置(穴)の関係か,機関車の特定ナンバーが書かれていたのですが,ダルマストーブは特定車輌の備品だったのでしょうか。それとも,年ごとに違う車輌に乗っていたのでしょうか。

  
 

題名:Re: 40年前のあの日あのとき(8)  名前:奥山道紀 2013/04/21(日) 20:28 No.778  HomePage 操作

座席の配置からナハフ1と思いました。ストーブの件ですがNHKの「思い出の鉄路」の映像ではストーブに「スハニ6」と記入されており、同じものを使っているようです。

[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 1
08/17 (木) 1
08/13 () 1
08/12 () 2
08/10 (木) 2
08/08 (火) 1
08/03 (木) 1
07/29 () 1
合計: 8385

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web