現在選択されている記事は以下のとおりです。


題名:文武両道のすすめ! 名前:顧問
2010/07/27(Tue) 16:28 No.2 


勉強か卓球か悩むのは選手だけではない。両親や学校の先生など周囲の人も心配してくれる。でも、必ず両立は可能であると思います。どちらかが不調だと、もう一方のせいにするのは弱い自分に負けていることに他ならない。勉強はほとんど自分のことだけ考えてやれば出来る。しかし、スポーツはそうはいかない。自分一人ではなかなか上達は出来ない。自分自身の集中力は勿論、周囲の応援・支援・環境が揃っていないと一流の領域には到達できない。スポーツの良いところは、自分一人では出来ないし、周囲との調和や考え方にバランスが取れていないと上手くいかないところが勉強とは大きく違うところである。まず人間性が大きくならないとスケールも大きくなっていかない。積極性・責任感・協調性などの心技体が揃わないと上達に限界が見えてくるのである。結局は、その人の性格がプレーに現われるのである。それから、スポーツは負けることにより挫折を味わうが、そこから立ち直る起き上がる力を学べることが将来のための貴重な経験となる。人は皆考え方が違うことがあることを知り、人以上に努力することで夢が叶えられることも学ぶことが出来る。「練習はウソをつかない!」のである。勉強も大切ですが、それだけが全てではなく、両立を目指し、頑張る姿勢が大切なのだと思います。そういう人は人間としてバランスがとれ、人の痛みや、優しさも自然に学ぶことが出来るのではないでしょうか?。さー、貴方はどうする?。

この記事を修正するには投稿時に入力したパスワードを入力し実行ボタンを押します。 [説明]

処理:  記事No:  パスワード: