window
 
トップページ > 記事閲覧
* けものハイグレフレンズ

日時: 2017/04/05(水) 20:10:06 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

けものフレンズにはまっていたのでけものフレンズの
SSを書こうと思います。
『叛逆のパンスト兵とハイグレ戦士たちの絆』ももちろん
進めますが、それの休憩用と思って書きたいと思います
 
Page: [1] [2] [3]
* Re: けものハイグレフレンズ ( No.22 )
日時: 2018/09/12(水) 11:07:02 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

博士「か、かばん…」

かばん「大丈夫ですか、博士…?ほら、こうすれば少しは落ち着くかもしれません…」

かばんが優しく撫でるだけなのに、博士からすればとても心地よく感じ、痛みも和らいでいく…

博士「かばん…まだ少し痛いですけど…頑張ってハイグレ交尾をするのです…!」

博士が涙目になりながらも、赤面で笑みを浮かべている博士がとても可愛いと思ったかばんは既に、下半身に反応していた。

博士「んん…!わ、私の中で大きくなったのです…!かばんは思ったよりエッチなのですね…♪」

かばん「あ、あの…は、はい…す、すいません…博士さんの中が気持ち良くて…それに、とっても可愛いです…!」

博士「う、嬉しいのです…!で、では続きを始めるのですよ…!はいぐれっ!はいぐれっ!はいぐれっ!」

博士はハイグレをしながら、かばんのものを挿入した状態で、ハイグレをしながら腰を上下に動かしだした。

ピチュ、ピチュ、ズチュ、ズチュ

博士「はいぐれ…!あっ!はいぐれ…!んあ…!はいぐれ…!あん!はい…ぐれ…!か、かばん…!」

かばん(うわぁ…博士さんもこんな顔をするんだ…はいぐれ?って力は本当にすごい…)

そう思ったかばんは、もっとはかせのエッチな顔を見たいと言う欲求に駆られ、自分から腰を上げ下げしてくる。

博士「ひゃん!!か…かばん…!はい…ぐれ…!じ、自分から…!?はい…ぐれ…!」

かばん「博士さんの顔…とっても可愛いですので、もっとボクに見せて下さい!!」

すると、かばんは勢いよく起き上がって、博士を仰向けに寝かせると、そのまま容赦なく腰を動かしだした。

パン!パン!パン!パン!

博士「はいぐれっ…!!はいぐれっ…!!はいぐれっ…!!か…かばん…!!は、激しすぎるのです…!!

もっと優しく…!はいぐれっ…!!お、お願い…はいぐれっ…!!するのです…!!」

かばん「す、すいません…!!もうダメです…!!博士さんがそんな可愛い顔をするのが悪いのです…!!」

博士「はいぐれっ!!はいぐれっ!!はいぐれっ!!き、気持ちいいのです…!!も、もう限界なのです…!!

か、かばん…!!私の中に…!!はやく…!!はやく…なのです…!!はいぐれっ!!はいぐれっ!!はいぐれっ!!」

かばん「うぅぅ…!!うわあああああああああぁぁぁぁああ…!!!」

博士「はいぐれっ!!はいぐれっ!!はいぐれええぇぇぇ!!!ふわあああああん!!!」

博士の腔内の中に盛大出したかばん…

かばんと博士は想像以上の快楽に陥ると、その場で仰向けに倒れ、とても幸せそうな笑みになっていた。

博士「はぁ…はぁ…はぁ…かばん…とても良かったのです…あ…もうハイグレをしたいという気がなくなったのです…」

かばん「はぁ…はぁ…もうボク…体力が…ひゃあん!!?」

かばんは誰かに股間を舐められている感じがして、顔を上げると、ワシミミズクの助手が舐めていた。

助手「ペロペロペロ、この生殖器から出て来る出し汁…とても美味なのです…それはそうとかばん…?

さっきも言ったように、我々は交尾を知るために知性の種を残さねばなりません…何より…私の目の前で博士との

あんな痴態を見て、私が我慢できないと思わなかったのですか…?今度は私の番なのです…もう少し頑張ってもらうのです」

かばん「うぅぅ…わ、わかりました…」

何とか起き上がったかばんに、助手は自分の着ている紺色のハイレグ水着の胸の部分を下にずらすと、博士と同じ

体型なはずなのに、アルパカと同じくらいに大きく実った胸が露わになった。

かばん「うわぁ…助手さん…大きい…」

助手「ふふふ…元々動物だった頃は、博士よりもずっと大きな身体だったのですよ?ですから、博士にできないことを

今から私がするのです。はいぐれっ!はいぐれっ!はいぐれっ!」

何をするのかと思いきや、何と助手は大きな胸をかばんの生殖器を胸に挟み、更に先っちょに出ている生殖器を

舐めながらハイグレをしだした。

かばん「ふわあぁぁぁ…!!?助手さん…!そ、それは…!」

助手「ふむ…はいぐれ…はいぐれ…れろれろ…はいぐれ…はいぐれ…どうですか、かばん…?図書館の本を読んで

学んだものなのです…」

かばん「す…すごいです…!あ…あああ…!!助手さんの胸が…舌が…気持ち良すぎて…ボ、ボク…ま…また…!

助手「チュパ、チュパ、はいぐれ、はいぐれ、はいぐれ、いいですよ?そのまま私の口の中に…パクッ」

かばん「うわあああ…!!!」

ドピュ!!ビュルル!!

かばんから出た精液が、助手の口の中に入り、口から溢れ出た精液は胸や顔に掛かり、助手はそれを嬉しそうに舐め取っていた。

助手「ペロペロ、チュルチュル、ふむ…やはりこれは美味なのです…では、復活したところで、私も失礼するのです」

助手はかばんを押し倒して馬乗りになり、生殖器に自分から挿入させた。

助手「痛っ!!」

助手はあまりの痛さに涙を流していた。

かばん「助手さん…!大丈夫ですか…!?」

助手「そ、想像以上に…痛いのです…!かばん…は、博士にしてあげたように…私の頭も撫でてほしいのです…!」

かばん「わかりました…」

言われた通りにかばんは助手の頭を撫でると、助手は安心したような心地よさで笑みを浮かべていた。

助手「で…では…改めてハイグレ交尾をするのです…はいぐれっ!!はいぐれっ!!はいぐれっ!!」

ジュプ!ジュプ!ジュン!ジュン!

助手「これは凄く気持ちいいのです…!これが交尾…!はいぐれっ!!はいぐれっ!!はいぐれっ!!しかも…

こ、このハイグレ?って格好と…あん!動きも合わせると…ひゃん!…こ、こうまで快楽を得られるのですか…!」

かばん「助手さん…!助手さん…!」

パン!パン!パン!パン!

助手「は…はいぐれっ!!あん…!はいぐれっ!!か、かばん…!はいぐれっ!!い、今は…ミミちゃんって…

呼んでください…!はいぐれっ…!!はいぐれっ…!!」

かばん「は、はい…!ミミちゃん…!!ミミちゃん…!!」

助手「ふああ…!!う、嬉しいです…!か、かばん…!!はいぐれ…っ!!はいぐれ…っ!!はいぐれ…っ!!

わ、私…もうダメ…!!我慢できないです…!!か、かばんのものを…わ、私によこすのです…!!」

かばん「い、いきます…!!あああああああああ!!!」

助手「はいぐれっ!!はいぐれっ!!はいぐれっ!!あああああああん!!!はいぐれええぇぇ…!!!!」

ドパアァァ…

かばん「はぁ…はぁ…はぁ…」

助手「か、かばん…とても…良いご馳走を…いただきましたのです…」

博士も助手も、ハイグレ姿のまま、幸せそうに満腹気分を味わった…
* Re: けものハイグレフレンズ ( No.23 )
日時: 2018/09/17(月) 22:06:03 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

博士と助手のハイグレ交尾を終えたかばんは、完全にグロッキー状態にまで陥っている。

かばん「はぁ…はぁ…ふぅ…ふぅ…も…もう動けません…」

フェネック「はかせ〜…流石にこの状態のかばんさんはマズいよね〜?他のハイグレの毛皮になって発情した

フレンズたちが来てしまったら、今度こそかばんさん死んじゃうかもだよ〜?ハイグレ、ハイグレ、ハイグレ」

サーバル「ええええ!?かばんちゃん死んじゃうの!?やだよぉ!!ハイグレをしたら元気になるかなぁ!?

ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!かばんちゃん、大丈夫!?」

アライグマ「イヤなのだ〜!!かばんさん死んだらイヤなのだ〜!!アライさんのハイグレも見て元気出すのだ〜!!

はいぐれ〜!!はいぐれ〜!はいぐれ〜!!」

博士「うるさいですよ、かばんなら図書館で匿いますので、そこで休ませましょう…いずれまた別のフレンズたちと

交尾することが目に見えますので」

助手「ハイレグというフレンズの動きは止まりません…既に他のフレンズたちもハイグレの毛皮姿にされています…

しかし、かばん…ちょっといいですか?」

かばん「は…はい…?」

助手「実は後からわかったことなのですが、フレンズたちの中では、野性開放によって♂の生殖器を生やせるものも

いるらしいのです…ですから、流石にかばんさんがすべてのフレンズたちを相手にする必要はありません」

かばん「そ…そうなのですか…そんなことも…あるのですね……」

かばんはフラフラになり、サーバルとフェネックに支えられながらジャパリバスの乗り込むと、そのまま

横になり、それを見ていた博士と助手は…

博士「かばん…今度交尾をする時は…コノハちゃんと呼んでほしいのです…はいぐれ、はいぐれ、はいぐれ」

助手「今度は我々が守りますので、また我々とハイグレ交尾をするのです…はいぐれ、はいぐれ、はいぐれ」

愛ある意味で言う博士と助手だが、話は聞いていたのか、かばんはそのままバスの中で昏睡状態になっていた。


――――………――――

その頃、ハイグレ姿にされたフレンズたちは、自分たちの縄張りへと戻っていき、仲の良い者同士でのハイグレ交尾を

行っていた。

こはんちほーにいる、アメリカンビーバーとオグロプレーリードックたちは、自分たちの造った家の中で、

プレーリー式ご挨拶(キス)をしながらハイグレをし合っていた。

ビーバー「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!んむ、はむ、んちゅ、プレーリーさん…おれっち…このハイグレ?

って、毛皮…気に入ったッス…!もっとプレーリーさんと挨拶を交わしたいッス…!」

プレーリー「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!私もビーバー殿とハイグレをやり合いたくなったであります!!」

ビーバーは焦げ茶色、プレーリーは緑色のハイグレ姿でハイグレをやりあい、更にはプレーリー式挨拶を交わすことで、

二人は段々体が火照ってきていた。

ビーバー「プレーリーさん…ハイグレッ!ハイグレッ!おれっち…おかしくなってきたっすよ…!ここが熱くなってくるッスよ…!」

ビーバーは片手でハイグレをしながら、もう片方の手で股間をクチュ、クチュ、と音を立てながら弄っていた。

赤面で、上目遣いでプレーリーを見て、少し舌を出していながらのハイグレは、プレーリーを刺激させていた。

プレーリー「ビーバー殿…私ももう…我慢できないであります!! 」

プレーリーはビーバーを押し倒し、両足首を掴んで、その足を後ろに倒し、まんぐり返し体制になると、

股間をくっつけ合った状態になった。

ビーバー「プレーリーさん…!?これはどういう体制ッスか!?」

プレーリー「じ、実はでありますね…遊園地でハイレグ殿にハイグレの毛皮姿になった時でありますが…」
* Re: けものハイグレフレンズ ( No.24 )
日時: 2018/09/17(月) 22:09:23 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

―――…遊園地でハイグレ姿にされたフレンズたちの中で、動物だった頃、元々雌同士だった仲の良いフレンズたちが

ハイグレをやり合っていたのを、プレーリーはハイグレをしながら見ていたのだった…

その雌同士のフレンズたちが、青藍色のハイグレ姿のギンギツネと、蜜柑色のハイグレ姿のキタキツネだった。

ギンギツネ「こら、キタキツネ!ちゃんとハイグレをしなきゃダメでしょ?ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

キタキツネ「ハイグレ…ハイグレ…ハイグレ…難しいよぉ…こんな動きしたことないもん…」

ギンギツネはすっかり洗脳されたのか、キタキツネに対して厳しいお姉ちゃんのように、ハイグレの指導をしている。

キタキツネ「ギンギツネェ…!ハイグレ…ハイグレ…ハイグレ…おまたが擦れて変な気分だよぉ…ハイグレ…ハイグレ…

ハイグレ…まだお風呂に入ってないのに…濡れてくるよぉ…ハイグレ…ハイグレ…ハイグレ…」

キタキツネのハイレグの股間には、トロトロと濡れているのがわかる。

ギンギツネ「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!あら…?ホントだわ…!確かこれって…

そうだわ!発情しているってことね…!!実は私もなのよ、キタキツネ?ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ギンギツネのハイレグの股間にも、同じように濡れていた。

キタキツネ「ホントだ…このハイグレの毛皮になったらこうなるんだ…ハイグレ、ハイグレ、ハイグレ」

ギンギツネ「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!そういうことになるわね…!そうだわ!確か、旅館に

あった本でこんなことがあったわね!キタキツネ、ちょっと仰向けに寝転がりなさい!」

キタキツネ「こ、こう…?ハイグレ、ハイグレ、ハイグレ」

言われた通りに仰向けになりながらハイグレをしているキタキツネに、ギンギツネはキタキツネの両足を掴んで、

そのまま下半身を後ろへ倒すような体制、所謂まんぐり返しにすると、そのまま自身の股間をくっつけた。

キタキツネ「ギンギツネ…?この格好なに…?何で股間をくっつけるの…?それに、何だか顔が怖いよ…?」

ギンギツネ「大丈夫よ、キタキツネ…?私に任せなさい…!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!」

ギンギツネのハイグレによって、キタキツネの股間を擦り合わせている。

キタキツネ「ああぁぁ…!!?な、なにこれ…!?気持ちいい…!!」

ギンギツネ「そうでしょ!?ほら、ハイグレも忘れないように…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

キタキツネ「うあ…ああん…!ハイグレ…!ハイグレ…!ハイグレ…!こ、これってなに…!?ボク…!

何だか怖いよ…!ハイグレ…!ハイグレ…!ふええ…!!」

ギンギツネ「私も気持ちいいよ…!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!大丈夫よキタキツネ…これは交尾でもあるから…

♀同士でも交尾ができるのよ?こんな風に気持ち良くなって…!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!」

ジュン!ジュン!ピチ!ピチ!

キタキツネ「は…ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!ギンギツネぇ!!ボクおかしくなりそうだよ…!ハイグレ!ハイグレ!

ハイグレ!もっと交尾してぇ!!」

ギンギツネ「もっとおかしくなっていいのよ…!キタキツネ…!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!

もっとキタキツネと交尾したいのぉ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!」

二人の♀同士でのハイグレ交尾は勢いを増し、やがて限界に来ていた。

ギンギツネ「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!キタキツネェ!!キタキツネェ!!!」

キタキツネ「あう!!ハイグレ!!ハイグレ!!ふあ…!!ハイグレ!!ハイグレ!!ギンギツネェ!!!」

ギンギツネ・キタキツネ「「あああああああああああぁぁぁぁぁ…!!!」」

ギンギツネもキタキツネもハイグレをしたままイッてしまい、その場でプレーリー式挨拶(キス)を交わした。

ギンギツネ「キタキツネ…んむ…はむ…」

キタキツネ「ギンギツネ…あむ…んん…あれ…?ハイグレをしたくなくなっちゃった…?」

ギンギツネ「そ、そういえば…でも、もういいわ…それよりキタキツネ…」

キタキツネ「うん…もっとして…あふ…はむ…」

二人は幸せそうにキスを交わし、プレーリーはその光景を、ハイグレをしながら見ていたのだった…


―――……―――

プレーリー「っと、言う事がありましたであります!だから我々も頑張るでありますよ!!野生開放するであります!!」

プレーリーは野生開放によって、股間から♂の生殖器を生やし、それをビーバーの股間にくっつける。

ビーバー「プレーリーさん…っ!!??それはなんなんッスか!?何で前に尻尾が…!?」

プレーリー「野生開放であります…!!ビーバー殿と交尾をしたい愛情によって、この身体で交尾ができるって

博士が言っていたでありますよ!?ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ビーバー「な…なるほど…わかったッス…おれっちたちもそのハイグレ交尾を頑張るッス…!」

ビーバーは、この先どうなるかを察して、赤面しながらプレーリーに身を委ねるようにした。

プレーリー「とりあえず、突撃でありまーす!!」

野生開放によって生殖器を生やしたプレーリーは、いきなりビーバーの腔内に挿入させながらハイグレをしだした。

ビーバー「ふわあああああん!!!?プ、プレーリーさん…!!そんないきなり…!!」

ビーバーは突然の交尾に驚きと刺激によって大混乱だったが、プレーリーは構わずハイグレ交尾をしてくる。

プレーリー「ハイグレッ!!!ハイグレッ!!!ハイグレッ!!!」

ズチュ!ズチュ!ピチュ!ピチュ!

ビーバー「ふええぇぇぇ…!!プレーリーさん…!!は、ハイグレ…!ハイグレ…!ハイグレ…!これ…!

凄く気持ちいいッス…!!ハイグレ…!!ハイグレ…!!ハイグレ…!!」

プレーリー「こ、これは最高であります!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!

ビーバー殿との交尾が最高でありますよぉ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!」

パン!パン!パン!パン!

ビーバー「ハイグ…レ…!!ハイ…グレ…!!ハイ…グ…レ…!!プレーリーさん…は、激しいッス…!!これは…!

ハイグレ…ッ!ハイグレ…ッ!何かが出てきそうッスよ…!!」

プレーリー「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!私もイきそうであるますぅ!!」

ビーバー「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレェェェ…!!!」

プレーリー「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!うっああああああぁぁぁ…!!!」

―――――……―――

二人は家の中でハイグレセックスによって、二人は快感を得て倒れていた。

ちなみにプレーリーは野生開放の力を抜くと同時に、生殖器も消えていった。

ビーバー「はぁ…はぁ…はぁ…プレーリーさん…お、お願いがあるッス…

プレーリー「はぁ…はぁ…な、なんでありますか…?」

ビーバー「プレーリー式のご挨拶ならともかく…このハイグレ交尾は…おれっちだけにしてほしいッス…!」

プレーリー「え…?ほ、他のフレンズたちだと…マズいのでありますか…?」

ビーバー「う、上手く言えないッスけど…こういうことを他のフレンズとやっていたら…おれっち…とても

寂しくなってしまいそうなんスよ…」

プレーリー「わ、わかったであります!!ビーバー殿がそういうのなら…!!」

ビーバー「嬉しいッス…!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

プレーリー「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイレグには感謝しなければいけないでありますなぁ!」

こはんの家の中では、夫婦?円満なフレンズたちのハイグレコールが響き渡っていた…
* Re: けものハイグレフレンズ ( No.25 )
日時: 2018/09/24(月) 08:47:53 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

図書館にある布団で横になっていたかばんに、添い寝するハイグレ姿のサーバルとアライグマ…その光景を

見守っているフェネック…博士と助手はハイレグがどこにいるかを偵察しにいくことになって、図書館を出て行った。

サーバル「かばんちゃ〜ん…はいぐれ…はいぐれ…ムニャムニャ…」

アライグマ「かばんさんを守るのだ〜…はいぐれ〜…はいぐれ〜…くかー…くかー…」

フェネック「全く…これじゃあかばんさんを狙ってくるフレンズたちが来たらどうするのさ…」

かばんとの交尾を交わしたことで、自由と理性を取り戻していたフェネックは、まだピンク色のハイグレ姿のままで

図書館の外で待機していた…

それから何時間が経ったか…フェネックの傍にかばんが起きてきていた。

かばん「フェネックさん…」

フェネック「かばん…?もっと寝ていていいんだよ?」

かばん「いえ、もう大丈夫です…!ですが…他のフレンズさんたちが心配です…今、ハイレグさんがどこにいるのか

わかりませんし、それに…あのハイグレによって苦しんでいるかもしれないフレンズさんたちを放っておけません…」

フェネック「あはは…かばんさんらしいや…でもかばんさん?ハイレグさんを見つけたら…その後どうしたら

いいのかも考えた方がいいよ〜?」

かばん「そうですね…乱暴なことはしたくありませんし…ん?あれは…」

かばんとフェネックの視線の先には、ハイグレ化した羽の付いたフレンズが飛んできていた。

灰色のハイグレ姿のハシビロコウだった。

背も高くグラマーで、胸も大きかったハシビロコウは、かばんを見つけてすぐに駆けつける。

ハシビロコウ「はぁ…はぁ…あ、かばん…!やっと見つけた…!」

ハシビロコウは既に赤面した状態でかばんを押し倒し、いきなりキスを交わしだした。

かばん「ふむぅ!!?んんんん…!!!」

ハシビロコウ「んんん…!ぷはぁ…!ご、ごめんね、かばん…!が、我慢が出来なくて…!あうぅ…!

ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

我慢ができなかったのか、ハシビロコウがかばんを跨いだ状態でハイグレをしていると、既に股間から愛液が流れ出ていた。

かばん「ハシビロコウさん…!その…は、発情…?って、やつですよね…?」

ハシビロコウ「う…うん…!かばんに会いたくて仕方なかったの…!お願い…!ハイグレ交尾して…!」

ハシビロコウは、かばんの返事を聞く前に、すぐさまかばんのズボンを脱がせ、露わになった生殖器を銜えた。

かばん「ふわあ…!!!ああああ…!!ハシビロコウさん…!!そ、そんないきなり…!!」

ハシビロコウ「ジュポ!ジュポ!チュー!チュー!ぷはぁ…かばん…」

ハシビロコウは、上目遣いでかばんを見つめていると、その時の表情がとても可愛く、かばんも興奮度が

上がって来ると、思わずかばんはハシビロコウの頭を掴み、もっと銜えるようにという本能が湧き上がったのだった。

ハシビロコウ「んぐぅ!!?」

かばん「ハ、ハシビロコウさん…!!う…うわあああああ…!!!」

ビュルルル…!!!

ハシビロコウ「んご…!!ぽはぁ…!!ケホ!ケホ!」

勢いよくでたかばんの精液が、ハシビロコウの口内と共に、胸にまで垂れ流れ、せき込んでしまった。

かばん「す、すいません!!ハシビロコウさん!!大丈夫ですか!?その…さっきの…凄く気持ち良くて…

それに…ハシビロコウさんの顔や…声も…とても可愛くて…」

ハシビロコウ「あ…ありがとう…!嬉しい…可愛いと言ってくれて…!」

自分のことを可愛いと言ってくれるかばんに対して嬉しいと思い、かばんを馬乗りにして跨り、ハイレグの

股間の部分をずらして、大きくなっているかばんの生殖器を自分の股間に付けると、そのまま腰を一気に下ろした。

ハシビロコウ「ふああああああ…!!!ああ…!!ああ…!!」

かばん「ハシビロコウさん…!危ない…!」

想像以上の快感を得たハシビロコウは、思わず身体が痙攣してしまい、そんなハシビロコウをかばんは

体が倒れないように支えた。

かばん「ハシビロコウさん…!大丈夫ですか…!?」

ハシビロコウ「あっは…!う、うん…!も、もう大丈夫…!お、思ったより…交尾って凄いな…って思って…」

涙を流しながらも嬉しそうな顔をするハシビロコウがあまりにも可愛く思ったかばんは、思わずハシビロコウの

ハイレグの胸の部分をずらし、露わになったハシビロコウの胸を赤ちゃんのように吸い付く。

チュー!チュー!チュパチュパ!

ハシビロコウ「んあ―――!!?か、かばん…!?な、なにそれ…!?赤ちゃんみたい…!!」

かばん「ぷはぁ…ハシビロコウさん…やっぱり可愛いです…!その…ハイグレ交尾…しましょう…!」

ハシビロコウ「あ…う、うん…!お願い…!」

かばんは既に挿入した状態のまま、ハシビロコウを支えながら腰を動かし、ハシビロコウはそれに合わせてハイグレをする。

ハシビロコウ「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!」

かばん「ハシビロコウさん…!!ハシビロコウさんのなか…!き、気持ちいい…です…!」

ハシビロコウ「う、嬉しい…!ハイグレッ…!!ハイグレ…ッ!!ハイグレ…ッ!!かばんのが…!大きくて…

ハイグレッ…!!ハイグレッ…!!お願い…!かばんと私との卵…!生ませて…!」

ハイグレをしながらのハシビロコウは、表情だけではなく、声もとても可愛かった…

同時にかばんは、本能的にもっと激しく動かし、ハシビロコウは喘ぎ声が更に大きくなっていく。

かばん「くぅぅ…!!ハシビロコウさん…!!生んで下さい…!!僕とハシビロコウさんの…!!卵を…!!」

ハシビロコウ「ハイグレェ!!ハイグレェ!!ハイグレェェ!!!あああ…!!!来る…!!もう…ダメェ!!

ハイグレェ!!ハイグレェ!!ハイグレエェェェェ…!!!あああああああ!!!」

かばん「うわああぁぁぁぁ…!!!」

ドピュー!!ドクドク…

ハシビロコウのハイレグの股間の中から、先程中に出されたかばんの精液が溢れ出てきていて、ハシビロコウは、

それを嬉しそうに手で取りながら舐め取った。

ハシビロコウ「かばん…ありがとう…大好き…♪」

この時もハシビロコウの表情はトロンとしていて、可愛らしくてたまらなかったと思うかばんだった…
* Re: けものハイグレフレンズ ( No.26 )
日時: 2018/10/08(月) 18:14:37 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

かばんとのハイグレセックスによって、ようやく発情による理性を取り戻したハシビロコウは、かばんにハイレグの

フレンズがどこにいるかを聞いたところ、へいげんにいるフレンズたちがハイグレ姿にされているところで

気を取られていて、ハイレグのフレンズがどこにいったかまではわからなかったようだった…


―――へいげんちほー―――

ヘラジカ「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!さぁお前たちもハイグレをして強くなれ!そして

ライオン!今日こそお前に勝つために勝負だ!!」

黒色のハイグレ姿のヘラジカは、ハイグレ姿になりながらも、ほぼいつもと変わらない感じで張り切ってハイグレをしていた。

シロサイ「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!な、なんですのこの毛皮!?体が一気に軽くなって

動きやすいですわー!!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

シロサイは赤色のハイグレ姿で、いつも身についている鎧の毛皮(?)が消えてしまったことで身軽になり、

活き活きした感じでハイグレをしていた。

アルマジロ「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!でもこれって、何だか変な気分になるよね…?」

オレンジ色のハイグレ姿のオオアルマジロは、若干ハイレグから締め付ける刺激に赤面しながらハイグレをしていた。

ヤマアラシ「はいぐれ…!はいぐれ…!はいぐれ…!わ、私もですぅ!これって発
情してきているですぅ!?」

藍色のハイグレ姿のアフリカタテガミヤマアラシは、ハイグレをするたびに股間から愛液が流れ出て来る。

そんなヘラジカ陣営に対して、既にハイグレ姿になったライオン、オーロックス、アラビアオリックスたちも

対抗するようにハイグレをしていた。

ライオン「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!いや〜…変な勝負になっちゃったねぇ…♪でもヘラジカ〜…?

これって何の勝負なの?ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

赤色のハイグレ姿のライオンは、戸惑うようにハイグレをしながらヘラジカに聞く

ヘラジカ「決まっているだろう…!これはハイグレ交尾によって快楽で倒れてしまったら負け!立ち続けられたら

勝ちってことだ!!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

オーロックス「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイレグにしてやられた気もするけど…でもこれって

悪くないかもな…!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

迷彩柄のハイグレ姿のオーロックスは、割れた腹筋がハイレグの上からでもくっきりと見てわかり、割と

ハイレグの毛皮が気に入りながらハイグレをしている。

アラビアオリックス「オーロックスのハイグレ姿…やっぱり凛々しくてカッコいい…ハイグレッ!ハイグレッ!

ハイグレッ!オーロックスと一緒にハイグレする方が楽しいな…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

白色のハイグレ姿のアラビアオリックスは、オーロックスのハイグレ姿にうっとりしながら、嬉しそうに横で

ハイグレをすることに夢中だった。

ライオン「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!なるほど…これはこれでいいなぁ♪あれ?そう言えば

ハシビロコウとカメレオンは?」

ヘラジカ「ああ…ハシビロコウは急用でかばんを捜しに行ったそうだ!カメレオンは…姿を消してどこかへ

行ってしまったようだ!ん?そういうライオンこそ、ツキノワグマがいないではないか!」

ライオン「あ〜…どこだろうね〜?それより、ハイグレ勝負をしよう!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!あ、

でもヘラジカ〜…やっぱりそれでの勝負ってマズイ気がするんだけど…」

何かを知っていそうなライオンは、ハイグレ勝負が始まろうとしている最中に、もじもじとしながらヘラジカに寄って来る。

ヘラジカ「何だと…?ライオンはこれでの勝負は嫌なのか…?」

ライオン「んやぁ…嫌とかそういうんじゃないけどさぁ…」

ライオンは、ヘラジカのハイレグの股間の部分から出ている、野生開放によって大きくなった♂の生殖器を見てモジモジとしていた。

ヘラジカ「私はこのハイグレという毛皮になってから、お前との勝負を考えるとこうなってしまうんだ…」

ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

すると、ハイグレをするヘラジカの生殖器がまた大きくなってきた。

ヘラジカ「ここが…こうなんだか…ムズムズと熱くなって…そうなるとお前との勝負としか頭になくなってきて…

どうにかなりそうなんだ…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ライオン「…んも――…ヘラジカはずっこいなぁ……ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

ヘラジカがハイグレをする度に段々吐息が漏れて苦しそうにしているが、そんなヘラジカにライオンは、

それが自分を求めてくれていると言うことで、恥ずかしさもあるが、同時に嬉しさもあった…

だから二人が寄り添って、プレーリードッグに見て教わったプレーリー式挨拶を交わした。
* Re: けものハイグレフレンズ ( No.27 )
日時: 2018/10/08(月) 18:16:59 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

ヘラジカ「ライオン…!」

ライオン「ん!ぢゅ、ぢゅ、チュパ、ちゅ、んはぁ!こらこら、がっつきすぎだってばもぉ……」

すると、ライオンのハイレグの股間の部分から、ヘラジカと同じくらいの大きさの♂の生殖器が露わになると、

ライオンもやる気に目覚めてきていた。

ライオン「でもまぁ…ヤルからにゃあ真剣勝負でいくかんねぇ…?ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ヘラジカ「望む所…っ!それでこそライオンだ…っ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

二人はお互いにハイグレをしあった状態で、更には生殖器も見せ合った状態だった。

ヘラジカ「ハイグレッ!は…ハイグレッ!ふぅ…ハイグレッ!ここってこんなにも敏感だったのだな…!」

ライオン「ハイグレッ!あ…ハイグレッ!…ふぅん…!ハイグレッ!ヘ、ヘラジカァ…!こ、これってどーしたら

勝ちになるんだ…?」

ヘラジカ「ハイグレッ!ハイグレッ!そう…だな…っどちらかが負けを認めて降参するまで続ける…で、どうだ…?」

ライオン「りょーかい…っハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!じゃあ…本番…いっちゃう…?」

ライオンは完全に発情しきった状態でヘラジカに求めると、ヘラジカも発情しきった状態になった。

ヘラジカ「いくぞ…っ!はっ!あああ…!!」

ライオン「あっ!!――――…うがぁ…!!」

ヘラジカがライオンを押し倒すと、そのまままんぐり返しにしながら、ヘラジカの攻めによるハイグレ交尾が始まった。

ヘラジカ「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!うおぉ…!!ラ、ライオンの中…凄くいいぞぉ…!!」

ズッ!ズッ!ズッ!だぽんっだぽんっ

ライオン「あぁぁぁ…!!はいぐれ…!はいぐれ…!ひ、広がる…!!中…っ!はいぐれ…!!ヘラジカの…っ!

長いので…っ!はいぐれ…!!はいぐれ…!!うああ…ああ!!」

ヘラジカの激しい交尾により、ライオンの大きな胸がブルン、ブルン、と揺れまくる…

ちなみに、ヘラジカは発情期が来ると気性が荒いと言うこともあるので、ライオン相手に全く容赦はなかった

ヘラジカ「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!中で出し挿れするの…!根元まで…!キテる…!」

ライオン「はいぐれ…!!はいぐれ…!!くあぁ!!ヘ、ヘラジカぁ!!ヘラジカぁ!!はいぐれっ…!!はいぐれ…!!」

ヘラジカの激しいハイグレ攻めに、ライオンも激しくハイグレをしながらヘラジカを求める…そして…

ヘラジカ「締ま…っハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!うぅ…!くっ!!」

ライオン「ハイグレェエェ!!!ふわああああん!!!」

ヘラジカの♂ならではの精液が、ライオンの股間からゴプゴプと流れ出ていて、ライオンはそれを嬉しそうにしている。

ライオン「ハァ…!ハァ…!ハァ…!す…ご…こんなに中でドロドロ溢れて…んふ!そろそろヘラジカ…

限界が近いんじゃないかぁ…?」

交尾にはかなり体力を使い果たしていると思われるライオンだが、まだ表情には余裕があった。

ヘラジカ「はぁ…!はぁ…!はぁ…!お…お前こそ私より出している回数は多いだろう…?」

ライオン「いんやぁ…?まだまだ全然足りないぞ…?って、こ・と・で…攻守こうたーい♪」

今度はライオンがヘラジカを押し倒し、うつ伏せに寝かした状態にしていた。

ヘラジカ「なっ!ちょ…っ!?まっ待て…っ!!」

流石のヘラジカは、ライオンの予想以上の繁殖能力を見くびってしまったのか、もっと休みたいと思っていたが、

勿論それを許してくれるライオンではなく、そのままバックからライオン攻めにより、ヘラジカとのハイグレ交尾を始めた。

ライオン「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!うあっ!!ヘラジカの中…!ぎっちぎちでっ!すご…い…っ!!

ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!やばっ!!これ、腰っ止まんない…っ!!」

ヘラジカ「太ぉ…!はいぐれっ!はいぐれっ!こっこわれ…っ!こ、こんなの…っ!はいぐれっ!はいぐれっ!」

すると、早くもライオンはヘラジカの中へと射精していった。

びゅぐびゅぐ!ビクン、ビクン

ライオン「ハイグレッ…!ハイグレッ…!これ…ッ!すっごいな…!中で出すの…さいっこう…!ハイグレッ…!

ハイグレッ…!でもヘラジカ…?まずは一回目…まだまだイクぞ…?」

ヘラジカ「なっ!?はぁ…!はぁ…!も…もう…無理だ…!!」

負けず嫌いなヘラジカでもこればかりはライオンに勝てるとは思わず、降参しようとするも…

ライオン「ほらほら、もっとハイグレをしながら腰降ってくんないとさぁ…こっち苛めるぞ…?」

そう言いながら、ライオンはヘラジカを馬乗りにさせながら挿入した状態で、ヘラジカの生殖器を銜えてレロレロと

舐め回しだした。

ヘラジカ「あ…!!あ…あ…あう…!!む…むり…!!はいぐ…れ…!はい…ぐれ…!」

ヘラジカはもはや限界であり、ハイグレをしようにもフラフラした状態でのハイグレであり、更にはライオンからの

フェラチオによって、ヘラジカは盛大に射精してしまい、ライオンの口の中へと吸い出されていく…

ヘラジカ「わ…わかった…っ私の…ま…負け…っ負けだ…っだから…もう…!」

何とかやめたいと懇願するヘラジカ…しかし、ライオンは容赦してくれなかった…

ライオン「んー?ごめん、ちょっと聞こえなかったかなぁ…」

ライオンのハイグレ攻めは終わることなく、ヘラジカはもはやどうすることもできないまま、せめてもの情けで、

周りに助けを求めよとする…

ヘラジカ「だ…誰か…!た、助けて…くれ…!もう…限界だ…!」

すると、流石にこればかりはマズイと踏んだ他の仲間たちも、ライオン陣営の二人も止めに入って来る

シロサイ「ライオン!!ヘラジカ様が死んでしまいますわ!!今すぐおやめなサーイ!!」

オーロックス「大将!!流石にヤベーです!!ヘラジカはもう限界ですよ…!!もう負けを認めているし…!」

止めに入ろうとする仲間たちの制止によって、ライオンはピタッと動きを止めると…

ライオン「だったら…君たちがハイグレ交尾変わってくれるのかな…?」

マジな眼で見るライオンに、一同は危機感を抱いたライオン陣営とヘラジカ陣営たちは、すぐさま逃げようとするも、

止めようとしたオーロックスとシロサイが捕まってしまい…

ライオン「ヘラジカに変わって…今度は君たちが相手してくれるかなぁ…?」

オーロックス「ひぃぃ!?」

シロサイ「いやああ!?」

こうして…ライオンの繁殖行為は終わりを知らず、オーロックスもシロサイも餌食になるのは言うまでもなかった…

残りの仲間たちは逃げ出して行き、その二人の悲鳴を聞こえないところにまで走りだしていく…
* Re: けものハイグレフレンズ ( No.28 )
日時: 2018/10/27(土) 08:13:31 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

その頃、ライオンの城の近くの林にある泉で、まだハイグレ化していないフレンズたちがいた。

ヘラジカ陣営のパンサーカメレオンと、ライオン陣営のニホンツキノワグマだった。

ゆうえんちでハイレグが、ハイグレダンスによってフレンズたちをハイグレ化させる様子を遠くで見ていたカメレオンは、

咄嗟に姿を消して、偶々近くにいたツキノワグマの手を取った瞬間、ツキノワグマも姿を消してハイレグから免れ、

現在はハイグレによって発情しきった状態のライオンから、その林の中に逃げ込んでいたのだった。

カメレオン「はぁ…はぁ…ツ、ツキノワ殿…ここまで来れば大丈夫でござるよ…!」

ツキノワグマ「はぁ…!はぁ…!ありがとう、カメレオン…!まさか大将たちがあんな変わった毛皮姿にされただけじゃなく、

あんなに発情するなんて…」

カメレオン「うぅぅ…ヘラジカ様には申し訳ござらぬが…今のライオン殿はとても怖くて助けにも行けなかったで

ござるよ…」

ツキノワグマ「私もハッキリ言って、今の大将を止めることは無理だし、逃げた方が正解だと思うよ…!

それより、これからどうするかだけど…!」

かばんとヘラジカが城の中に侵入した合戦の時、カメレオンとの対決で引き分けとなった二人だが、その日以来

仲良くなって、秘かに会っていたりしていた二人組だった。

そんな二人はこれからどうするかを話し合っていた。

カメレオン「こうなったら、かばん殿を捜して知恵を借りるでござるか…?」

ツキノワグマ「う〜ん…それもいい考えだと思うけど…今はどこにいるかわからないし、闇雲に捜すのは危険だと思うよ?

他のハイグレの毛皮ってものになっているフレンズたちやセルリアンに見つかるかもしれないし…」

カメレオン「では…ハイレグ殿を何とかするべきでござろうか…?もしかしたら、他のちほーへ行っているとなると、

しんりんちほーか、すいめんちほーかと思うでござる…!」

ツキノワグマ「う〜ん…多少強引ではあるけど、少し痛い目を見せてみんなを元に戻すようにするしかないか…」

カメレオン「えええ!?そんなことしたらハイレグ殿がケガするでござるよ〜!」

ツキノワグマ「し、仕方ないだろ…?元はと言えばハイレグが悪いんだし…!それに…」

カメレオン「そ…それに…?」

何故かツキノワグマが赤面しながら、頭をポリポリ掻く仕草をしてカメレオンをチラッと見つめると…

ツキノワグマ「そ、その…大将みたいに…私もあの毛皮姿にされたら…カメレオンを襲ってしまいそうで…」

カメレオン「え…えええええ…!?あ…あの…それってその…こ、交尾…っと、言う事でござるか…!?」

ツキノワグマ「ああもう!!恥ずかしいからそういうことは言わないの!!」

カメレオン「あああ!!ご、ごめんなさいでござるぅ!!」

思わず謝るカメレオン…しかし、心臓のドキドキする感じは止まらず、ツキノワグマと交尾していることを想像すると、

余計に顔を赤くさせると同時に、身体中も赤くなってしまった。

ツキノワグマ「……思ったよりわかりやすんだな……君は……」

カメレオン「あわわわわっ!!!ご、ごめんなさいでござるぅ!!!ああ!!そ、それよりも…ハイレグを捜さなければで

ござるよ…!ここにずっといても、長くはもたないでござるし…!」

ツキノワグマ「そ、それもそうだな…カメレオン、とりあえず姿を消して行動しよう…!」

カメレオン「わ、わかったでござる…!」

カメレオンがツキノワグマと共に透明化すると、その場を離れてハイレグを捜すことになった…


――――………――――

「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ハイグレをしているフレンズたちの横を通り過ぎていく…

とてもいい笑顔でハイグレをしているフレンズたちもいれば、発情しながらハイグレをしているフレンズたちもいる。

そして、更にはハイグレ交尾をしているフレンズたちもいた。

異常な光景だ…

姿を消しているとはいえ、ツキノワグマは周りを警戒しながら進み、カメレオンは元々怖がりであるため、

ビクビクしながらツキノワグマに引っ付きながら進んでいた。

ツキノワグマは小声でカメレオンに話しかける。

ツキノワグマ(大丈夫か、カメレオン…?)

カメレオン(正直怖いでござるが…ツ…ツキノワ殿がいてくれたら…大丈夫でござるよ…)

ツキノワグマ(あ…ああ…!ま、任せておけ…!)

カメレオンの泣きそうな顔が不覚にも可愛いと思ってしまったツキノワグマだが、考えを改めて進んでいく…

僅かに嗅いでいたハイレグの臭いを辿っていきながら…

―――………―――


その頃、ハイレグはある場所へと辿り着いた。

そこはすいめんちほーで、そこはペンギンアイドルのPPP(ペパプ)がいるステージ前であった。

ハイレグ「はぁ、はぁ、はぁ、よ、ようやく辿り着いたわ…!セルリアンに追われたりして大変だったけど…」

ハイレグは息を切らしながら、ようやく目的地に辿り着いたような安心感に浸っていた。

そのステージ前には大勢のフレンズたちがいて、そしてそのフレンズたちが見ている目の前には、5人のペンギンアイドルの

フレンズたちが…っではなく、4人のペンギンアイドルたちがいた。つまり、1人いなかった。

プリンセス「みんな!今日も来てくれてありがとう!ロイヤルペンギンのプリンセスよ!」

ジェーン「ジェンツーペンギンのジェーンです!皆さん、残念なお知らせがあります…!」

イワビー「イワトビペンギンのイワビーだ!何と我らがリーダー、コウテイは気分が悪くて出られないそうだ!」

フルル「フルル〜…あ、フンボルトペンギン〜…だから今日は4人と、あともう一人…」

フルルの後ろから、紫色のバンドを付けているフンボルトペンギンがペタペタと歩いて来る。

フルル「このフンボルトペンギンはグレープ君、コウテイの代理として踊るよ〜♪」

グレープ君を紹介するフルルを前に、グレープ君は普通のペンギンなのに、妙にキレの良い動きを見せる

パフォーマンスを行い、会場を盛り上げてくれていた。
* Re: けものハイグレフレンズ ( No.29 )
日時: 2018/10/27(土) 08:17:00 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

本来いるはずのコウテイペンギンのコウテイが、今日は気分が悪くて休んでいるらしく、現在休憩室のベッドで

寝ていて、マーゲイがその看病していた。

コウテイ「うぅぅ…すまない、マーゲイ…私の自己管理が無かったばかりに…」

マーゲイ「コウテイさんは気にしなくていいですよ!それに、私もマネージャーなのに、しっかりと見ていなかった

私の責任でもありますから!」

コウテイ「いや…流石にマーゲイは悪くないだろ…でも、まさかグレープ君が私の代理をしてくれるなんて、

正直助かったけどね…」

普通のペンギンに任せていいのかというツッコミは不在であり、フレンズたちも楽しそうに盛り上がっていたようだ…

その中にハイレグがいるとも知らずに…


一方、会場の方では無事にライブが終わったようであり、PPPたちが終わりの挨拶をしようとしたその時、

ハイレグがステージに上がってきた。

ハイレグ「ねぇねぇ!!あなたたちアイドルなんだよね!?」

突然のハイレグの行動に驚くプリンセスやジェーン

ジェーン「わっ!?ダ、ダメですよ…?この上には勝手に上がっちゃダメなのですから」

ハイレグ「え…?そ、そうなの…?ごめんね、そうだと知らずに…」

プリンセス「まぁいいけど、あなたもしかして、最近生まれたばかりのフレンズなの?」

ハイレグ「そうなの!ねぇねぇ!さっきのダンス凄かったねぇ!!私のハイグレダンスとは全然違うよぉ!!」

PPPのライブが相当気に入ったそうなハイレグだが、プリンセスはそのハイグレダンスが気になっていた。

プリンセス「ハイグレダンス…?気になるわね…どんなダンスなの…?見せてもらっていい?」

ダンスという言葉に反応して言うプリンセスに、ハイレグは嬉しそうに了承する。

ハイレグ「任せて!まずは足を開いて、腕をこうやって上下に動かしながら、こういうの…ハイグレッ!ハイグレッ!」

ハイグレポーズを見せるハイレグに、PPPたちが不思議そうな表情で見つめる。

プリンセス「変わった動きね…!え〜っと…こう?はいぐれ…はいぐれ…これってダンスなのかな…?」

ジェーン「はいぐれ…はいぐれ…う〜ん…少し分かりにくいですが、これでいい感じ…?」

イワビー「こうだな?ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!おぉ…!?何だか毛皮が変わってきている…!?」

フルル「グレープ君、お疲れさま〜…ジャパリまん食べる?美味しいよ?」

プリンセスとジェーンとイワビーがハイレグのハイグレダンスを見よう見まねしていく内に、徐々にハイレグ型の

毛皮に変わってきているが、超マイペースなフルルはグレープ君と一緒にジャパリまんを食べていて、ハイグレダンスを

見ていなかった。

プリンセス「あ、あれ…?け、毛皮が…!?ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!う、うそ…!止められない…!?

ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!フ、フルル…!コウテイ…!た、助けて…!」

プリンセスは桃色のハイグレ姿になって、助けを求めるようにハイグレをする

ジェーン「ええええ!?ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ふ、不思議です…!ハイグレッ!ハイグレッ!

毛皮の形だけじゃなくて色まで変わって来る…!?ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

オレンジ色のハイグレ姿になってジェーンは、驚きの表情をしながらハイグレをしている。

イワビー「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!おおお!?何だか凄く良い感じじゃないか!!まるで

コウテイみたいでロックだぜ!!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

黄色のハイグレ姿になったイワビーは、活気に満ちた感じでハイグレをしていた。

観客のフレンズたちも夫々の色のハイグレ毛皮姿になってハイグレをしていると…

フルル「あれ…?みんな何で毛皮の色変わっているの…?」

ハイレグ「今かよ…!ほら、あなたもこうやってポーズを取るの、ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

フルル「わっ?体が勝手に動いてる〜、はいぐれ、はいぐれ、あれ?口も勝手に喋るよ?はいぐれ、はいぐれ」

今頃になって状況に気付いたフルルも、紫色のハイグレ毛皮姿になってハイグレポーズを取り始め、グレープ君は

そんなフルルを見て、『フルルを元に戻せ!』っと言うように、ハイレグに羽でバシバシ叩きながら襲い掛かってきた。

ハイレグ「うわ!?イタタ!!ちょっ!!痛いって!!ひゃあああ!!!助けてぇ!!!」

あまりのグレープ君の驚異に、ハイレグは思わず逃げ出してしまった。


それと同じタイミングで、異変に気付いたコウテイとマーゲイがステージの隅から様子を見ていた。

マーゲイ「ペパプがコウテイさんと同じ毛皮姿で…!!それも何とも言えない色っぽいポーズ…!!た、溜まりません…!!」

鼻血を流すマーゲイ。

コウテイ「こ、これはどういうことだ…!?」

コウテイは事態を飲み込めずに困惑していると、プリンセスとイワビーとジェーンが寄ってきて抱き付いてきた。

プリンセス「マーゲイ…!あなたもハイグレポーズをしましょう?っというか決定よ!」

イワビー「これって中々いい動きだぜ!ホラ、コウテイもやりなよ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ジェーン「コウテイさんは元々素敵なハイグレ姿ですしやってみて下さい!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

コウテイ「ハ…ハイグレ…?い、意味がわからないよ…!わっ!?何で足を広げるの…!?わぁ!?何で

おっぱいやお尻を触るの!?」

ジェーン「コウテイさんのおっぱい…大きくて素敵です…チュー」

コウテイ「あ!コラ!す、吸うな…!あ、あんっ!」

イワビー「お尻もスベスベして舐めたくなるぜ…」ペロペロ

コウテイ「ひゃあん!!!そ、そんなところ舐めるなぁ!!」

ジェーンとイワビーの攻めに、コウテイは段々堕ちていく…

プリンセス「ホラ、マーゲイ…いいでしょ…?ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

すると、マーゲイがプリンセスのハイグレの動きを見つめると、そのまま勝手にハイグレポーズをしていく。

マーゲイ「わっ!?か、身体が勝手に動く…!?はいぐれ…!へっ!?口も勝手に…!?」

マーゲイはそのままクリーム色のハイグレ姿になると、プリンセスと一緒にハイグレをしていく。

プリンセス「マーゲイ…?もっと張り切った感じでハイグレして…?いいでしょ…?」

プリンセスの上目遣いに、マーゲイは一瞬にして理性が切れてしまった。

マーゲイ「うおおおおおおおおおお!!!プリンセスさーん!!!」

ルパンダイブの勢いでプリンセスを押し倒すマーゲイ…と、思った瞬間、プリンセスのカウンターにより、

逆に押し返されてしまった。

プリンセス「マネージャーがアイドルを押し倒すなんて言語道断よ…?でも、アイドルからならOKよ!」

どういう根拠でそう言う答えになるのかわからないが、プリンセスがマーゲイに跨った状態で股間を摺り寄せながら

ハイグレを開始した。

プリンセス「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ほらほら、どう、マーゲイ?

アイドルの股間で摺り寄せられるハイグレは?」

意外とSっぽいプリンセスの攻めに、マーゲイは何から何までオーバーヒートとしてしまい、アヘ顔で鼻血を流しながらも

ハイグレだけは行っていた。

マーゲイ「ハイグレェェェ!!!ハイグレェェェェ!!!あひゃあああ!!!プリンセスさんのお股がぁぁあぁ!!!

ハイグレェェ!!!ハイグレェェェ!!!か、かん…げ…きぃぃぃ!!!ハイグレェェェ!!!ハイグレェェェ!!!」

ジェーン「マ、マーゲイさんが狂ってしまった!?」

イワビー「お、おいプリンセス!?流石にそれはヤバいんじゃ…!?」

フルル「こういうのをサドって言うんだよね〜?」

コウテイ「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!あぁぁ…こういうの…悪くないな…

こ、興奮してくる…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

コウテイは白いハイグレ姿……いつもの毛皮姿と変わらないままでハイグレをしていると、それに快感を覚えた。

フルル「こういうのをマゾって言うんだよね〜?」

こうして、PPPたちアイドルもハイグレ毛皮姿にされ、ステージ場ではハイグレコールが響いていた。

その頃、何とか皆を元に戻そうと考えていたグレープ君は、フルルを見捨てるみたいな形で申し訳なさそうにしながらも、

その場を去って、先程走って逃げたハイレグを追いかけに行った。
* Re: けものハイグレフレンズ ( No.30 )
日時: 2018/12/24(月) 09:37:11 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

ジャパリパークの異変に気付いたセルリアンハンターのヒグマ、キンシコウ、リカオンの3人は、次々とハイグレ姿に

されているフレンズたちを見て驚愕していた。

楽しそうにハイグレをしていたり、発情しながらハイグレをしたり、ハイグレ交尾をしているフレンズたちがいて、

ヒグマたちは止めようにも止められることが出来なかった。

幸い無事だったパンサーカメレオンとツキノワグマに事情を聞いて、事態を把握することができた。

ヒグマ「つまり…そのハイレグって名前のフレンズの仕業なのだな…?」

ツキノワグマ「ああ…大将もヘラジカたちもみんなやられてしまった…私達はそのハイレグを追って…」

キンシコウ「う〜ん…私達はセルリアン退治が専門ですが、フレンズを痛めつけるのはどうかと思いますが…」

カメレオン「そうでござるよ…やっぱり元に戻すように頼むしかないでござるよ!」

リカオン「せめてかばんちゃんやボスがいてくれたら、何かわかるかもしれないんですけど…」

どうすればいいのかわからないヒグマたちに、とりあえずハイレグ捜しはヒグマ、キンシコウ、リカオン、

かばん捜しはカメレオン、ツキノワグマに任せるということで行動しだした。


その頃、かばんと、ハイグレ毛皮姿になっているサーバル、アライグマ、フェネック、ハシビロコウたちは、

ジャパリ図書館で休憩しているとサーバルはかばんを見るなり、赤面しながらもじもじとしていた。

かばん「サーバルちゃん…?どうしたの…?」

サーバル「あ…あのね、かばんちゃん…ま、またかばんちゃんと…交尾をしたくなってきて…さっきハシビロちゃんとの

交尾が聞こえたから…うぅぅ…!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!うみゃあああ!!!これやらないと

落ち着かないよぉ!!お股がムズムズして、また交尾をしたくて溜まらないよぉ!!うみゃあああ!!!」

涙目でハイグレをしながら懇願するサーバルに、かばんは断る理由もなく、それどころかサーバルが可愛くて愛おしく見えた。

かばん「う、うん…一緒にしよ…?サーバルちゃん…♪」

かばんはサーバルの手を握ると、いきなりキスを交わし、サーバルの体中を触りまくる。

サーバル「うみゃあ…!はいぐれ…!はいぐれ…!か、かばんちゃん…!ここ…もうおっきくなってるよ…?」

かばん「そ、それは…サーバルちゃんだからだよ…?サーバルちゃんが大好きだから…大きくなっちゃうの…

前にサーバルちゃんと交尾した時…凄く可愛かったから…それを思い出しちゃって…」

サーバル「う…うみゃあ…何だか嬉しいな…あうぅ…!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!かばんちゃん…!

もう我慢できない…!食べてもいい!?いいよね!?ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

かばん「うん…いいよ…食べて…?」

サーバルが逆に食べられるということになるが、敢えて突っ込まずに二人はハイグレ交尾を開始しだした。

そして、アライさんとフェネックも同じ思いだった。

アライグマ「はいぐれっ!はいぐれっ!はいぐれっ!フェネックゥ…!おかしいのだ…!アライさん…二人の交尾を

見たら…またフェネックと交尾したくなったのだぁ…!はいぐれっ!はいぐれっ!はいぐれっ!」

フェネック「ハイグレ、ハイグレ、ハイグレ、そうみたいだねぇ…私もアライさんとハイグレ交尾したくなったよ〜

っと、言う訳で、アライさ〜ん?後ろを向きながらハイグレをしてくれないかな〜?」

アライグマ「こ、こうなのだ?」

アライさんがお尻を向けた状態でハイグレをすると、青色のハイレグから食い込んでいるお尻を見て、フェネックは

発情した状態になってハイグレをしだした。

フェネック「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!アライさん…!可愛いよ…!?それじゃ…野性開放…!」

野生開放したフェネックのピンク色のハイレグの股間から、生殖器を発動させると、遠慮なく挿入した。

フェネック「はぁ!!はぁ!!はぁ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!」

アライグマ「のだ〜!!!はいぐれ〜!!はいぐれ〜!!はいぐれ〜!!」

一方、その光景を灰色のハイグレ姿のハシビロコウはジ〜っと眺めていると、愛おしそうにかばんを見つめていながら

笑みを浮かべていた。

ハシビロコウ「交尾しているかばんちゃん…とっても可愛い…♪お腹の中…かばんちゃんでいっぱいになっちゃったし…

ハイグレ…ハイグレ…ハイグレ…ハイグレ…」

こうして、5人(内1人はハイグレをするだけ)はハイグレ交尾を満喫して、満足した後は仲良く寝て朝を迎えた。

ちなみにこの時はかばんの右にはサーバル、左にはハシビロコウが抱き付くように寝ていた。


――――………――――

かばん「んん…ん〜…あ、そう言えば僕…サーバルちゃんとハシビロコウさんと…ああうぅ…!僕…また

恥ずかしいことを…!!」

思わず恥ずかしさが出て悶々としてしまうかばんちゃん…しかし、すぐに気持ちを切り替えて、ハイレグを

捜すことになって図書館を出ることになったかばん、サーバル、アライグマ、フェネックを4人は、ジャパリバスに乗って行く。


―――――………――――

その頃、異変に気付いたセルリアンハンターのヒグマ、キンシコウ、リカオンの3人は、ハイグレ交尾をしている

ヘラジカとライオンを見つけた時は、ヘラジカがライオンを性的に襲っているようにも見えていた。

最初はライオンにやられていたヘラジカだが、復活が早く形勢逆転の形でライオンを押し倒しながらのハイグレ交尾だった。

ヘラジカ「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ラ、ライオン…!!私の子供を…!!」

ライオン「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!!いいよ…!!きて…!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!」

更にはジャガーもコツメカワウソを襲うようにも見える感じでハイグレ交尾をしていた。

カワウソが甘えるような感じでハイグレをしながら、ジャガーとハイグレ交尾をする…

カワウソ「ジャガー…!!ジャガー…!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!」

ジャガー「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!カワウソ…!好きだ…好きだぁ…!!」

その光景をキンシコウは羨ましそうに見ていた。

キンシコウ「何だか皆さん…嫌がっていると思ったら、そうでもなさそうですね…」

リカオン「どちらかと言いますと…更に仲良くなっている気がしますが…」

ヒグマ「だが…フレンズたちをこのままにするのも…そもそもあの形の毛皮姿にされるのもどうかと思うぞ…?

セルリアンのような危険はないようだが…う〜ん…しかし…///」

何やらヒグマは悶々としているようにも思えた。

本能的に交尾をしているところを見ると、満更でもなさそうな反応であり、それを察したキンシコウは…

キンシコウ「あの…ヒグマさん…?さっきから顔が赤いけど…もしかして意識しちゃっていますか…?私の毛皮と

同じ形の毛皮されてしまったフレンズさんたちに…」

丁度キンシコウの毛皮もハイレグであるため、そのままキンシコウがハイグレポーズをすれば違和感ないかもしれないが、

流石にそこまでは意識していなかったヒグマ

ヒグマ「あ、アホか!大体お前の毛皮姿なんてずっと見ているだろ…!?」

リカオン「キンシコウさん…問題は毛皮の方じゃなくて、交尾の方だと思うのですが…」

キンシコウ「あ…は、はい…そうですね…!」

妙にモジモジしているキンシコウ…するとその時…

「きゃあああああああああ!!!」

誰かの悲鳴が聞こえた。

ヒグマ「何だ!?」

リカオン「ひょっとして、誰かハイレグかセルリアンに襲われている…!?」

キンシコウ「大変…!助けに行かないと!!」

ハンターたちは悲鳴がする方へ駆け抜けると、そこはロッジアリツカであり、そのロッジの中で、黄色のハイグレ姿に

なっているアリツカゲラがハイグレをしていた。

アリツカゲラ「は…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!は、ハンターさん…!あ、あの…ハイレグさんが来て…!

ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!オオカミさんとキリンさんが今…!ハイレグさんと戦って…!

ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」
* Re: けものハイグレフレンズ ( No.31 )
日時: 2018/12/24(月) 09:40:33 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

アリツカゲラは段々気分が高揚しながらも、何とか理性を保ってヒグマたちに伝える

アリツカゲラ「そ、そしたら…突然セルリアンが襲ってきて…!ハイレグがそのセルリアンに驚いて逃げてしまったけど…

セルリアンがそのハイレグを追って行きました…!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

キンシコウ「えっ!?ハイレグさんっ子がセルリアンに襲われている!?」

リカオン「ええ!?だとしたらそっちも大変じゃないですか!!」

ヒグマ「ハイレグをどうにかするのはもちろんだが、セルリアンに襲われているなら話は別だ!そのセルリアンを倒すぞ!」

ヒグマたちはタイリクオオカミたちのいる部屋へと向かうと…

タイリクオオカミ「ハイグレッ!ハイグレッ!キ、キリン君…!ハイグレッ!ハイグレッ!な、何を…!?」

アミメキリン「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!せ、せんせー…!すいません…!ハイグレッ!ハイグレッ!

こ、この毛皮姿になったら…!ハイグレッ!ハイグレッ!お、おかしくなっちゃって…!ハイグレッ!ハイグレッ!

せんせーの事が好き過ぎてどうにかなっちゃうんです…!!」

タイリクオオカミは紺色、アミメキリンはキリン柄のハイグレ姿になってハイグレをしていた。しかも、

アミメキリンは発情した状態でタイリクオオカミを押し倒した状態になっていると、そのままキスをしだした。

それも、元々キリンであるため舌が長く、その長い舌をタイリクオオカミの口内をどころか喉の奥まで舐めまわす程の

超ディープキスだった。

タイクリオオカミ「ふぁいぐれっ…!や、やめろ…!キリン君…!ふぁいぐれっ…!んぐぅぅ…!!ぶはぁ!!ハイグレッ…!

だ、誰か助け…!!んごほ…!!ごぼごぼ…!!」

アミメキリン「んんんん…!!はいぐれ…!はいぐれ…!はいぐれ…!せ、せんせー…!せんせー…!

も、もう我慢できません…!そのままハイグレをして下さい…!私は…」

アミメキリンがようやくキスを終えた時には、タイリクオオカミは既に力がなくなった状態でほとんど身動きが

取れない状態だった。

そして、アミメキリンはタイリクオオカミの股間に顔を近づけると、舌をそのままタイリクオオカミのオ○ンコの中に挿入した。

タイクリオオカミ「うああああああああ!!!??キ、キリン君!!?んあああああ!!!や、やめろぉぉ!!!」

アミメキリン「はいぐれ…!はいぐれ…!はいぐれ…!んあ…!せんせーの味…美味しいです…!せんせー?ハイグレをして下さい…」

タイリクオオカミ「は…はいぐれっ…!!はいぐれっ…!!し、舌がぁ…!!はいぐれっ…!!はいぐれっ…!!あ、あああ!!

ハ、ハンター…!た、助けて…!!」

ようやくヒグマたちの存在に気付いたタイリクオオカミだが、当のヒグマたちの赤面した状態で硬直していた。

リカオン「なんということでしょう…!こ、これもつがいとなるためのものなのでしょうか…!?」

キンシコウ「な、何だか…私の毛皮と同じですから…私もどうにかなっちゃいそうです…!」

ヒグマ「う…あっ!!そう言えば忘れてた!!オオカミ!!そんな状況ですまないが、ハイレグは知らないか!?

セルリアンに襲われているって聞いたが…!!」

タイリクオオカミ「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ええ!?ハ、ハイレグなら窓から逃げて行って…!

でもあんな逃げ足ならすぐに追いついてしまう…!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!元々動物からフレンズ化したものじゃ

ないから…!!きゃん!!キ、キリン君…!!や、やめろぉ!!はああああん!!!」

アミメキリンからの舌攻めとハイグレによって、段々快楽に堕ちてしまい、いつものクールっぽい表情から、

♀の顔立ちになっていた。

ヒグマ「あ、あそこだな…!よし、行くぞ!」

リカオン「えええ!?あ、あれ何とかした方がいいですよぉ!!」

キンシコウ「でも…何だか二人が少し羨ましいです…あんなになってまで身体をくっつけ合って…!」

ヒグマ「ええい!!早く行くぞ!!それに…あんな発情した状態のキリンを何とか出来るのはオオカミしかいないからな…!

オオカミ…しばらくの間…頑張ってくれ…!」

タイリクオオカミ「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!そ、そんな…!!きゃあああああああああん!!!」

アミメキリン「せんせー…!!せんせー…!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!」

ロッジの中から響き渡るタイリクオオカミの悲鳴…ヒグマたちは見捨てざるを得ない状況のまま、ハイレグを追って行く…

その頃、追い詰められてしまった崖下にいるハイレグは、セルリアンから逃げる為に崖を登ろうとしたハイレグだが、

元々ハイレグ水着からフレンズ化した存在であるハイレグではどうにもなれなかった。

ハイレグ「いや!!誰か…!!助けて…!!助け…!きゃああああああああああ!!!」

悲鳴を上げながらセルリアンに食べられてしまったハイレグからの悲鳴は、誰からも助けは来なかった…

そして、その状況を崖の上から見ていたグレープ君はただ黙って見ているしかなかった…周りには多くのセルリアンたちがいる…

自分ではどうにもなれないことだった…

そして、ハイレグを取り込んだセルリアンは人型と化して、ハイレグの力を取り込んでしまい、事態は深刻になってきていた…
* Re: けものハイグレフレンズ ( No.32 )
日時: 2018/12/28(金) 16:30:44 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

ジャパリバスに乗ってハイレグを捜しているかばんたち一同…

現在かばんと、ハイグレ姿のサーバルとアライさんとフェネックとハシビロコウが乗っている中、

かばんの横にはハシビロコウ、反対側にはサーバルが囲んでいた。

サーバル「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハシビロちゃんもすっかりかばんちゃんと仲良しだね♪」

ハシビロコウ「うん…///ハイグレ…ハイグレ…ハイグレ…!かばんちゃんのこと…私も好きだから…///」

かばん「あ、ありがとうございます、ハシビロコウさん…それで、ハイレグさんの居所ですが…」

ジャパリバスはロッジの近くにある森の中へと進んでいくと、その中でもハイグレ化しているフレンズたちが

ハイグレ交尾をしている光景があり、かばんは何度か交尾を経験しているが、何度見ても恥ずかしかった。

そこでまだハイグレ化していないパンサーカメレオンとツキノワグマに遭遇すると、バスは動きを止めた。

かばん「カメレオンさん!ツキノワグマさん!無事だったんですね!?」

パンサーカメレオン「かばん殿!!ご無事でござった…あああああ!?ハシビロ殿!!サーバル殿!!

それにアライ殿にフェネック殿もやられたでござるかぁ!?」

フェネック「いや〜そうなんだよ〜…ハイグレ、ハイグレ、ハイグレ、これをしないと落ち着けない状態になっちゃってね〜…」

アライグマ「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!それで今はハイレグを捜して、アライさんたちを元に戻すように

しようとしているのだ!」

サーバル「ねぇ、ライオンやヘラジカたちは?ハイレグと戦ってないの?」

ツキノワグマ「それが…大将たちもヘラジカたちもみんなやられて、残ったのは私達だけなんだ…今はハンターたちと…

それと、グレープ君がハイレグを追っているみたい…!多分フンボルトペンギンのフレンズの為に、ハイレグを

何とかしようとしていると思うんだ…」

二人から事情を聞いたかばん、そこでサーバルはハイグレ化していない二人を見ると、ハイグレ化した本能なのか、

二人をハイグレフレンズにさせたがっていた。

サーバル「うみゃみゃみゃみゃ〜!!二人ともハイグレの毛皮になろうよ〜!!」

ツキノワグマ「うわっ!?な、何するんだ!?」

パンサーカメレオン「ツキノワ殿!?ひゃああ!?」

アライグマ「お前もハイグレに毛皮になるのだ〜!」

サーバルがツキノワグマに、アライさんがカメレオンを押し倒すとそのままハイグレをしだした。

サーバル「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

アライグマ「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

かばん「ふ、二人とも!?ダ、ダメだよそんなことしたら!!…わっ!?フェ、フェネックさん…!?」

二人を止めようとしたかばんだが、フェネックに止められてしまった。

フェネック「ごめんね、かばんさん…?でも、ハイグレ化してしまった本能に逆らえないんだ〜…」

かばん「そんな…!」

サーバル「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ご、ごめんね…!?でも、止められないの!!こうしないと…

落ち着かなくて…!!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ツキノワグマ「そ…そんな…!うあ!?け、毛皮が…!!」

アライグマ「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ごめんなさいなのだ〜!アライさんにも止められないのだ〜!」

パンサーカメレオン「ひゃああああああ!!拙者も毛皮が変わって来るでござる〜!!やめるでござる〜!!」

サーバルとアライグマのハイグレによって、二人の毛皮が見る見るとハイレグ型に変わってきてくる…

ツキノワグマ「う…あああ!?や、やめてええええぇぇ!!!カメレオン〜!!」

パンサーカメレオン「ツ、ツキノワ殿ぉ!!ひゃああああああああ!!!」

そして、ツキノワグマは黒色、カメレオンは緑色のハイグレ毛皮姿になった。

ツキノワグマ「うぅぅ…!は、ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ほ、ホントだ…!本能的に逆らえない…!」

パンサーカメレオン「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ツ、ツキノワ殿〜!拙者たち…!

どうなるでござるか〜!?」

ツキノワグマ「ハイグレッ!くっ!ハイグレッ!カ、カメレオン…!ハイグレッ!ご、ごめん…ハイグレッ!やっぱり…

ハイグレッ!大将たちみたいに発情しちゃうかも…ハイグレッ!」

パンサーカメレオン「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!そ、それってまさか…!こ、交尾でござるか…!?」

状況を察したかばんは赤面しながらあたふたとしていると、ハシビロコウが…

ハシビロコウ「大丈夫…あの二人…実は凄く仲良しなの…ヘラジカ様とライオンと同じくらいに…」

かばん「え、そうなのですか!?え、えっと…す、すいません…!ハイレグさんはロッジの方へ向かったのですか!?」

ツキノワグマ「そ、そうだ…!!ロッジの方に行ってる…!!い、急いで…!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!

そ、それと…できれば今は…ハイグレッ!ハイグレッ!私達の方を見ないでくれた方がありがたいかも…!」

パンサーカメレオン「た、頼んだでござるよ…!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ツ、ツキノワ殿…!拙者…

お股がおかしくなっちゃったでござる…!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

これから何をするかを察したかばんとフェネックは、サーバルとアライさんを捕まえると、そのままジャパリバスで移動して行った…

ツキノワグマ「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!カメレオン…もう我慢できないんだ…!ハイグレッ!ハイグレッ!

いいよね…?交尾しても…」

パンサーカメレオン「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!イ、イヤでござ…あ、ご、ごめん…!で、でも…

こ、怖いけど…ツキノワ殿となら…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

どうやら、カメレオンは交尾ということはヘラジカとライオンので見ていたからわかったようだが、元々怖がりな

カメレオンだからこそ、交尾が少し怖いのだと察したツキノワグマは、そんなカメレオンを近くの木に凭れかけた。

パンサーカメレオン「ツ、ツキノワ殿…?ハイグレッ!ハイグレッ!あ…!」

ツキノワグマは、ハイグレをしているカメレオンの顎を手で乗せるようし少し上げると、キスを交わした。

パンサーカメレオン「んんん…!!?んあ…!!ツ、ツキノワ殿…!こ、これは…!?んんんん…!!」

ツキノワグマ「ハァ…ハァ…これはさっき大将とヘラジカがやっていた奴だよ…?確かプレーリー式の挨拶でもあるけど…

でも、これはまだ序の口だよ…?」

すると、ツキノワグマはカメレオンのハイレグ水着の胸の部分をずらし、露わになったカメレオンの小さな胸を曝け出し、

その胸の小さいさくらんぼを吸い付くように口を付けた。

パンサーカメレオン「ひゃあああ!!!??は、ハイグレッ!!ツ、ツキノワ殿…!!?ハイグレッ!!こ、これは

何でござるかぁ!!?あっ…!!ああん!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!す、吸っちゃダメでござるぅ〜!!」

初めての快感に、喘ぎ声を出すカメレオンだが、ツキノワグマはそんなカメレオンのことがとても可愛く愛しく思い、

もっと苛めたいという衝動に駆られていた。

ツキノワグマ「カワイイよ…?カメレオンのおっぱい…ほら、ここもこんなに濡れているし…」

カメレオンはハイグレとツキノワグマの愛撫によって身体が高揚していて、既に股間から愛液が滲み出ていた。

パンサーカメレオン「ハイグレッ!ひぃ!?お、おしっこをも、漏らしてしまったでござるか!?ハイグレッ!ハイグレッ!」

ツキノワグマ「違うよ…これは、交尾をする時に流れ出るものだって大将から聞いたの…だから…野性開放!」

ツキノワグマは、野生開放によって股間から尻尾が生えて来た…ようにカメレオンは見えた。

パンサーカメレオン「あ…!そ、その尻尾は…!ヘラジカ殿とライオン殿にも付いていた♂の尻尾でござるか!?」

ツキノワグマ「元々私も♂の動物だったからね…さて、もう後のことはわかっているよね…?カメレオンと交尾を

したくて溜まらなくなっちゃったんだ…それくらいカメレオンの事が好きってことなんだ…いいよね…?」

ツキノワグマからの要望に、カメレオンは断る理由もなく、受け入れることにした。

パンサーカメレオン「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!こ、怖いでござるが…ツ、ツキノワ殿なら…

い、いいでござるよ…でも、その…い、痛くしないでほしいでござる…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

弱弱しい感じの口調だったが、それでもツキノワグマを受け入れようと、ハイグレをしながらチラ見するカメレオン…

そして、そんなカメレオンにツキノワグマは股間からの突起物を、既に濡れているカメレオンの股間にくっつける…
* Re: けものハイグレフレンズ ( No.33 )
日時: 2018/12/28(金) 16:34:02 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

クリトリスが震えるたびに膣口の奥から愛液がにじみ、お尻のすぼまりへと流れてゆく。

自分の全てをさらけ出す格好のカメレオンに、ツキノワグマはいっそう愛おしさを募らせた。

ツキノワグマ「……うん……」

ツキノワグマは頷くと肉棒を掴み、カメレオンの股間に腰を寄せ――唾液と愛液にまみれた秘裂にあてがう。 

ひゅくひゅくとたわむ小さな膣口に亀頭を浅く潜らせ、わずかに腰を押しやると、間もなく……亀頭の先端にわずかな抵抗がかかった。
 
――あ……これが……カメレオンの……

ツキノワグマ「……カメレオン……」

パンサーカメレオン 「……お願いでござる、ツキノワ殿……」

ツキノワグマはしばし逡巡したものの……カメレオンの哀願に意を決すると、腰に力を込め――。

――ぷつ、ん――

膨張した赤黒い亀頭で――処女膜――カメレオンの純潔の証を切り裂いた。

パンサーカメレオン「んいいいいい……っ!」

痛みに備えていたものの、破瓜の想像以上の激痛に――カメレオンは眉間に深いしわを刻み、愛らしい顔を辛そうに歪める。

ツキノワグマ「ごめん……カメレオンにだけ、痛い思いをさせて……ごめん……」

ツキノワグマの苦痛を身代わりになってあげられない歯痒さに唇を強く噛む。
 
愛するフレンズを傷つけている。
 
そんな良心の呵責にさいなまれつつ、ツキノワグマは腰を進め……熱くみなぎる肉の杭を、小さな膣口にずっぽりと埋めていく。

パンサーカメレオン「いいいい……ひいいいい……っ!」
 
ぽろぽろと涙をこぼしながらも、カメレオンは心配をかけまいと唇をかみ締め、もれる悲鳴を懸命に押しとどめる。

後ろの木を精一杯の力で掴んでいた指先は、血の気を失い白くなっていた。

ツキノワグマ「もう少し……もう少し……」
 
小さな子をあやすようにカメレオンに語りかけながら、ツキノワグマはじっくりと時間をかけ、亀頭を子宮口へと潜り込ませていく。
 
太ましいペニスはそのまま膣壁を分け入って奥まで進み――弾力のある行き止まりを軽く押しやると……その全長が、ずっぽりと窮屈な膣内に収まる。

これでカメレオンの処女は、ついにツキノワグマによって散華されたのだった。

膣口からは破瓜の血がにじみ、根元付近の竿をわずかに赤く濡らしている。

ツキノワグマ 「カメレオン……全部、入ったよ……」

パンサーカメレオン「……う、ん……」

ツキノワグマ 「…………」

パンサーカメレオン 「…………」

ツキノワグマ「…………落ち着いた……?もう少し、待つ……?」

パンサーカメレオン「…………だい、じょ、ぶ……でござる…」

いたわりの言葉をかけるツキノワグマに、カメレオンはぶんぶんとかぶりを振る。

パンサーカメレオン「…………っはああああーーー……っ」

ツキノワグマの突起物を自分の最奥……一番大切な場所の入り口まで迎え入れると――カメレオンはようやく詰めていた

息を大きく吐き出し、地面に頭を落とした。

パンサーカメレオン「はあっ……はあ……ツキノワ殿の♂の尻尾…全部入っちゃったでござる……」
 
荒い息の中、カメレオンは自分の腹を撫でさすりながら、満足げに呟く――その表情は、どこか誇らしげだ。

ツキノワグマ「……うん……頑張ったね……」
 
ツキノワグマも優しく微笑み、脂汗で張り付いたカメレオンの前髪を丁寧に掻き分ける。

その仕草に、照れ臭そうにはにかむカメレオン。

パンサーカメレオン「ふふ……拙者のアソコ……これで、ツキノワ殿のサイズ、覚えちゃったでござる……」

ツキノワグマ 「――あ、う……!」
 
その口から紡ぎ出された、無邪気ながらも淫猥な台詞に、ツキノワグマの顔はたちまち真っ赤になった。

パンサーカメレオン 「えへへっ。ツキノワ殿、かわいいござる♪」
 
ツキノワグマの可愛らしい反応に、カメレオンはぺろりと舌を出す。

ツキノワグマ「……もう……っ!」
 
拗ねたように口を尖らすと、ツキノワグマはカメレオンに覆いかぶさった。

ツキノワグマ「カメレオンは、えっち……すごくえっちだね……」

パンサーカメレオン「 「ふふっ♪拙者をえっちにさせたのは……ツキノワ殿でござるですよーだ」

ツキノワグマ「……くすっ」

パンサーカメレオン 「……にへへっ」
 
鼻先をつつき合わせながら睦言を交わし……ツキノワグマとカメレオンは、申し合わせたようにキスをした。

ツキノワグマ「ちゅ……ちゅぴっ、ちゅむ……ちゅるる……んくっ、んぅ……ぢゅちゅっ、ぢゅっ、ぢゅるるる……っ」

パンサーカメレオン 「ちゅく、ちゅ……んちゅ……ちゅううう……っん、こくっ……ぢゅぶっ、ぢゅるるっ、ぢゅちゅ……っ 」

 じゃれつくようにお互いの唇をついばみ、角度を変えてたわませ、唾液を啜り合う。

パンサーカメレオン 「ん、ちゅ……ぷあっ……ツキノワ殿…はいぐれ…はいぐれ…はいぐれ…」

ツキノワグマ 「っぷ、あ、はあっ……はあ……カメレオン…ハイグレ…!ハイグレ…!ハイグレ…!」

絡ませた舌をほどくと、二人はハイグレをしながら幸福感に火照る頬をすり合わせた。

パンサーカメレオン「……ツキノワ殿……拙者、ツキノワ殿になら……何をされても、平気でござるよ?だから……」

ツキノワグマ「……うん……分かった……辛くした分、いっぱい、カメレオンを気持ち良くしてあげるから……」

パンサーカメレオン「……んーん。違うでござるよ……一緒に、気持ち良くなるのでござる」

ツキノワグマ「……うん……じゃあ……一緒に、気持ち良くなろう……」

ツキノワグマはそのままの姿勢でカメレオンの肩を抱きすくめると、ゆるゆると遠慮がちに腰を動かし始めた。

ぬぶ……ぬぶ……ぬぶ……ぬぶ……
 
硬さの残る膣内を慎重に、慎重に往復させる。

ツキノワグマ「カメレオン……まだ、痛む……?」

パンサーカメレオン「うん……痛い、けど……我慢できるから、だいじょう、ぶ…でござる…っ!」
 
心配させまいと、気丈に呟くカメレオン。

だが、時おり走る鋭い痛みに顔をわずかにしかめ、眉を小さくたわませる。

その痛みを、せめて少しでも和らげようと……ツキノワグマはカメレオンの耳たぶを食み、ハイグレポーズだけをしながら、

紅潮した頬や首筋に何度もキスを撃った。

ツキノワグマ「ちゅっ、ちゅっ、ちゅ……はむはむ……かにゅ、かにゅ……ちゅっ、ちゅっ……」

パンサーカメレオン 「ん、ん……んう……すふ、すふ……ん、く……ん……っ」

くすぐったさに、カメレオンはむずがるように鼻声を鳴らす。
 
しかし、太々としたペニスが膣壁をこする度、破瓜の痛みが呼び戻される。
 
なかなかにままならなかったが……しばらくすると抽送に呼吸を揃える事で、痛みが和らぐ事に気が付いた。

パンサーカメレオン「はいぐれ…!んっ、はいぐれ…!んうっ、んんっ、はいぐれ…んくぅ……っ」
 
それを確かめるようにハイグレをしながらのピストン運動に呼吸を合わせているうち、やがて――唐突に、

今まで感じた事のない刺激がカメレオンを襲う。

パンサーカメレオン「はいぐれ…!んくっ、はいぐれ…!んうっ、はいぐれ…!うっ――う――――――あ……?」

大きなうねり…まるで、ペニスの抽送になじむ様に、雌としての本能が、身体中の細胞を組みかえたかのような感覚。
 
いくぶん和らいだとはいえ、いまだに残る破瓜の痛みを、完全に覆い尽くすかのように――へその裏側からの甘やかな刺激が、

波紋のように全身に広がっていく。

ツキノワグマ「ハイグレ…!ハイグレ…!……どうしたの、カメレオン……?」

パンサーカメレオン「っう、うんっ……あっ、あのね……だんだん、気持ち良くなってきたみたいでござる……」
 
その言葉を裏付けるように、すでにカメレオンの膣の奥からは愛液がこんこんと湧き出し、膣全体を潤い始めていた。

ツキノワグマ「無理、してない……?」

パンサーカメレオン「うん……ホントに、良くなってるでござるから……だからツキノワ殿も、気持ち良くなるでござるよ……?」
 
瞳を潤ませ、甘えるような声色でピストンの催促をするゆたか――その顔には、わずかな苦痛と快楽がない交ぜになった表情が浮かんでいる。

ツキノワグマ「……うん……一緒に、最後までイこう……」
 
ツキノワグマは頷くとゆっくり上体を起こし……カメレオンの脚を抱きかかえると、腰の動きに集中した。
 
腰を引いては、亀頭の根元が膣口からのぞくまで突起物を抜き……突き出しては、膣の一番奥まで押し込んでいく。

そのつど、亀頭のくびれがゴリゴリと背の高い膣ひだを削ぎ、膣壁がじゅるじゅると亀頭と竿の境目をしゃぶり回す。
 
パンサーカメレオン「はいぐれっ!はいぐれっ!はいぐれっ!――すごい、すごいでござる…!

…どんどん気持ち良くなるでござるぅ……っ!
* Re: けものハイグレフレンズ ( No.34 )
日時: 2018/12/28(金) 16:36:32 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

愛するフレンズに抱かれている幸福感を改めて感じると――引きつる様な痛みも、ハイグレによる恥ずかしさも…

今や、ツキノワグマがもたらす優しいぬくもりの中に、完全に溶けて消え失せていた。

たくましい交尾に、カメレオンは嬌声を上げて身悶える。

 にゅるっ、ぬるっ、ぬぐっ、にゅぶっ

パンサーカメレオン「はいぐれっ!!あんっ!はいぐれっ!!ああんっ!!あっ、あんっ!!…はいぐれっ!!はいぐれっ!!

…ツキノワ殿、ツキノワ殿……っ!!」

痛みが落ち着いてしまえば、突起物が与える刺激は素晴らしいものであった。
 
膣口から子宮口にかけての全長を使ったストローク。

膣壁をこね回す、緩急をつけた円運動。
 
子宮口にキスをするような、小刻みな亀頭の押圧。
 
カメレオンは、突起物から送り込まれる性感を余す事無く受け入れていった。

ツキノワグマ「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!はあっ…はあっ…カメレオン…カメレオン…っ!」

一方のツキノワグマも、膣内からもたらされる快感に酔いしれる。

ぬるぬるの愛液に潤う、プリプリとした膣ひだの群れ。

小さな膣口が繰り返す、キツキツの締め付け。
 
野生開放による勃起しきりの突起物を、やわやわと包み込むぬくもり。
 
どれをとっても、カメレオンの膣内は、まさに名器と呼ぶに相応しいほどの格別さであった。
 
いつまでも、この居心地の良い空間に留まり続けたいと思いつつ――しかし、回避不可の射精欲は、否応なしに高まっていく。
 
ツキノワグマはそれに追い立てられるように、腰の動きを少しずつ加速していく他なかった。

ツキノワグマ「はあ、はあ……はあ……ごめん、カメレオン……早く、するね……?」

パンサーカメレオン「あんっ、はんっ、うんっ、い、いいでござるよ……あんっ!ツキノワ殿の、好きなように動いて……っ!」

ツキノワグマ「……ありがとう、カメレオン……」

 ――愛するカメレオンの中で、思い切り果てたい……。
 
そんな衝動にかられたツキノワグマの荒々しいグラインドに、カメレオンの身体は、されるがままにガクガクと

揺さぶられた。

パンサーカメレオン「あっ!あっ!はいぐれ…!あっ!あっ!はいぐれ…!あっ!あん!はいぐれ!!はいぐれ!!

あん!あん!はいぐれ!!ツキノワ…ツキノワ殿……っ!」

ツキノワグマ「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ふっ、ふっ、んんっ…カメレオン……カメレオン…!!

ハイグレッ!!ハイグレッ!!あんっ、はんっ、ハイグレッ!!んっ、んんん……っ!!!」
 
ぼちゅっ、ぼちゅっ、ぶちゅっ、ずちゅっ

肉棒と膣肉の濃密な摩擦はぬかるむ水音を盛大に奏で、肌と肌が打ち合う音はさらなる性の悦びへと欲張りにさせる。

身を焦がすほどに、狂おしいほどに――放出に向けて突起物は痛いくらいに怒張を極め、膣ひだはねっとりと絡みつき、

促すようにきゅうきゅうと締め付けた。

ツキノワグマ 「ハイグレッ!!ハイグレッ!!カメレオン、私……もう……っ!!」

パンサーカメレオン「はいぐれ…!あんっ!!はいぐれ…!あっ!いっ……イキ、そう…でござるか…?はいぐれ…!

イキそうでござるか、ツキノワ殿……?」

ツキノワグマ「うんっ、うん……!ハイグレッ!!ハイグレッ!!だ、出していい!?カメレオンの中…出して、いい…!?」

パンサーカメレオン「いい、でござる…!はいぐれっ!はいぐれっ!ツキノワ殿の赤ちゃんの元…拙者の、なかにぃ…っ!」

迫りくる絶頂の予感に、ツキノワグマとカメレオンは互いに無我夢中で叫び合う。

丸々と張りつめた亀頭が生硬い子宮口を突きまわす度……二人の理性は、抗えない愛欲の泥沼に、どこまでも呑み込まれていった。

ツキノワグマ「ハイグレッ!ハイグレッ!はあっ!はあっ!ハイグレッ!ハイグレッ!カメレオン、カメレオン、カメレオン…っ!!

イッ、イク、イクぅ……っ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!」

パンサーカメレオン「あんっ!あんっ!あっ!はいぐれっ!!はいぐれっ!!ツキノワ殿……来てえっ!

せっ、拙者の奥っ……奥の方に、ツキノワ殿のぉ…っ!」

そして射精のタイミングは、唐突に――気まぐれに訪れる。
 
勃起しきりのツキノワグマの突起物が、カメレオンの子宮口を散々に突き上げた――次の瞬間。

ツキノワグマ「ハイグレッ!!ハイグレッ!!……んんんうっ!!」

びゅうううううーーーーーーっ!!

ペニスは最大最後の膨張をみせ――爆ぜるように、その膣内で精液を噴出させた。

パンサーカメレオン「はいぐれっ!!はいぐれっ!!はいぐれっ!!んあああああーーーーーーっ!!!」

生まれて初めての膣内射精に、カメレオンはひときわ高い鳴き声を上げる。

ツキノワグマ「カメレオン……もっとイッて……もっと……っ!」
 
ツキノワグマは腰をさらに振り立て、自らの精液をカメレオンの最奥へと流し込んでいく。
 
びゅぶっ!どびゅっ!びゅぶぶぶっ!

パンサーカメレオン「あーっ、ああーっ!あひっ、ひいっ、あいいいいっ!」
 
濃厚な白濁液を次々と子宮口に浴びせられ、カメレオンは歓喜に身体を震わせた。

びゅぐっ、びゅぶっ、びゅ……っ!

間断なく脈動する肉棒は精液をとめどなく吐き続け、子宮口周りをたっぷりと満たし――収まりきれなかった分は膣と亀頭の

わずかな隙間を巡って、竿の方へと逆流していく。

パンサーカメレオン 「――あ、ああ――っあ――は、はあっ――あー……っ」
 
呆けた表情で唇からよだれをこぼしながら、甘い荒息を繰り返す。
 
――これが、イクって事なんだぁ……。
 
ヘラジカとライオンの交尾を見て、ぬるま湯につかったような夢心地の中、ぼんやりとした意識でカメレオンは思った。

ツキノワグマ「んっ――はあ……っ」
 
めくるめく開放感に陶然自失となっていたツキノワグマも、意識を取り戻し、恍惚の溜息を深々とつく。
 
本懐を遂げた突起物も、全ての精を出し尽くし、やがて何事もなかったかのように消えてしまった。


 射精の快感に酔いしれ――カメレオンはいつしか、両の瞳からぽろぽろと涙をこぼしていた。

ツキノワグマ「……カ、カメレオン、泣いてるの……!?」

カメレオンの頬を流れる涙を、ツキノワグマはやり過ぎてしまったと思い、慌てていたわる様にそっと指先で拭う。

そんなツキノワグマの心配りにカメレオンは微笑み、頬に触れる彼女の手に……そっと、自分の手を重ねる。

パンサーカメレオン「これは、嬉し涙でござる……ツキノワ殿が優しくしてくれたからでござる……」
 
ツキノワグマのささやき声に、カメレオンの瞳から大粒の涙をあふれさせながら頷く。
 
それはキスも、愛撫も、交尾も――その全てがツキノワグマの手によって優しく導かれ、それら全てを甘受した結果。

カメレオンの身体はいまだ熱く火照り、ふわふわとした浮遊感のただなかにあった。

ツキノワグマ「そっか……ん……」

満足げに目を細めるツキノワグマの口が、赤くなったカメレオンのキスで再び塞がれ――そしてそのまま、せがみ、

せがまれ……いつしか二人は、ねっとりとした濃密なキスに耽る。
 
胸が張り裂けそうな愛おしさは微熱となって薄膜を伝わり、互いの中枢にじんわりと染み渡っていく。
 
終わる事のない悦びの海に、ツキノワグマとカメレオンはハイグレをしながらどこまでも溺れていった。

かばんたちのことは忘れたまま……



 その頃、ハイレグを取り込んだセルリアンはやがて人型へと変わり、青色の肌にハイレグと同じツインテールの髪型、

セルリアンならではの大きなひとつ目、更にピンク色のハイレグを身に付けている…

そして目からハイグレ光線を放つことのできるようになっていた。更に…

「これがハイレグの力によるハイグレですか…妙なものですが、動物たちを敢えて取り込む必要もない…

この力さえあれば、動物たちを私の思い通りにできれば、我々セルリアンがこの世界に取り込めるようになれるのも

夢ではなさそうですね…それでは、この島の動物たちをハイグレ姿にして、セルリアンと共に制圧させてもらいましょう…

この…ハイグレセルリアンによって…!」

ハイレグの知性によって喋れるようになり、ハイグレの力でジャパリパークを制圧しようとするハイグレセルリアン…

それを森の木から身を潜めていたグレープ君は、急いで残りにフレンズたちやかばんにこのことを報告しに向かった…
* Re: けものハイグレフレンズ ( No.35 )
日時: 2019/01/21(月) 08:27:24 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

ジャパリバスがロッジの森の方へ向かう中、ハンターたちはハイグレセルリアンを見つけ、早々に戦っていた。

ヒグマ、キンシコウ、リカオンの3人が、野生開放によってハイグレセルリアンと攻防を繰り広げている中、

圧倒的にハンターたちが押していた。

ハイグレセルリアン「うぐぐ…!」

ヒグマ「どうやらここまでだな…次で終わりだ…!」

キンシコウ「ハイレグさんには申し訳ありませんが、このまま倒させてもらいます…!」

リカオン「オーダー了解です!」

しかし、ハイグレセルリアンは表情こそないが、何やら笑っているようだった。

ハイグレセルリアン「ふふふ…残念ですね…もう少し私を倒すのが早かったら、あなたたちの勝ちだったのに…」

ヒグマ「なに…?」

キンシコウ「ああ!?ヒ、ヒグマさん…!!う、後ろ…!!」

ヒグマ「な、なに!?」

ハンターたちが振り返ると、森の中からハイグレ化したフレンズたちがゾロゾロと現れる。

ヘラジカ「やぁやぁ!お前たち強そうだな…!私と勝負しろ!!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ライオン「折角のヘラジカの交尾中だったのに、ハイグレセルリアン様の命令となっては仕方ないね〜…

ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ギンギツネ「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!今度は私たちが相手よ!」

キタキツネ「もっとギンギツネとハイグレしたいから邪魔しないで!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

タイリクオオカミ「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!折角のキリン君の交尾を邪魔してくれてはアレだけど…

良い漫画が描けそうだよ?ハイグレ毛皮姿で乱れる漫画がね…」

アミメキリン「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!容疑者確保するわ!」

アリツカゲラ「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!観念してください」

プリンセス「早くハイグレ毛皮姿になりなさい!これは決定よ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

コウテイ「ハイグレは何か新しいことに目覚めるよ?ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

イワビー「ハイグレはロックだぜ?お前らも早くなれよ♪ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ジェーン「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!さぁ、まずはハイグレダンスですよ♪」

フルル「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!グレープ君…どこに行ったんだろう…?」

目が正気じゃないことはわかったが…

リカオン「ど、どうなっているのですか!?」

キンシコウ「恐らくですが…あの毛皮姿でハイレグさんを取り込んだことで、ハイレグさんの能力を持つセルリアンが

司令塔となっているのでは…!?」

ヒグマ「ど…どっちにしろ厄介だぞ!?こいつらが敵になったってことは…うわぁ!?」

いつの間にか背後からオーロックスとアラビアオリックスに取り押さえられ、キンシコウもリカオンもハイグレ化した

フレンズたちに取り押さえられてしまった。

キンシコウ「い、いや…!離して下さい…!きゃあ!?」

リカオン「ダ、ダメです…!理性を失っています…!このままでは私たちも…わああ!?」

ライオン「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!まぁまぁ、争うのはやめてハイグレ毛皮姿で遊ぼうよ♪」

ヘラジカ「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!うむ!君たちもハイグレ毛皮姿になったら勝負だ!!」

スナネコ「これは面白いのです…!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

いつの間にか現れたスナネコも、黒色のハイグレ姿になっているカバも現れると…

カバ「一緒にハイグレをしましょ…?とても気持ちいい気分になれるわよ?ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ヒグマ「カバ…!お前まで…!うわあぁ!?け、毛皮が…!?」

フレンズたちのハイグレによって、ヒグマたちの毛皮が見る見るハイレグの形に変わって来る…

ちなみに、元々ハイレグの毛皮であるキンシコウはあまり変わっていないが…

リカオン「あ…!ああああ…!!…ヒ、ヒグマさん…!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

リカオンは藍色のハイグレ毛皮姿になった。

キンシコウ「ヒグマさん…!た、助けて…!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

キンシコウは元々黄色のハイレグレオタードであり、その姿のままハイグレをしだした。

ヒグマ「リカオン…キンシコウ…!や、やめろ…!や、やめてえぇぇぇぇ!!!」

ヒグマの抵抗も空しく、見る見る毛皮姿になってきた。

ヒグマ「う…うぅぅ…!は、は…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ヒグマは毛皮の色に似合わずピンク色のハイグレ姿になってハイグレをしていた。

ヒグマ「くそ…!ハイグレッ!ハイグレッ!くそぉ…!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ヒグマは半泣きになりながらハイグレをしだした。

ハイグレセルリアン「いくら強いフレンズでも、そうなってはどうしようもありませんね…さて、キンシコウさん…

リカオンさん…あなたたちが適任ですから、ヒグマさんを好きなだけ愛でなさい…?」

ヒグマ「ハイグレッ!ハイグレッ!な、何だと…!?ハイグレッ!ハイグレッ!キ、キンシコウ…!!」

すると、キンシコウはハイグレを止めると、まるで理性が失ったかのようにヒグマの傍に寄ると、その表情はトロンとしていた。

キンシコウ「ヒグマさん…わ、私と…交尾しましょ…?」

言うが早く、キンシコウはヒグマにキスをする。

ヒグマ「んむ…!?」

更にそのまま大きな胸を揉みだし、更に後ろからリカオンがヒグマの大きなお尻を撫でまわし、首筋を甘噛みする。

ヒグマ「んはぁ!!や、やめろ…!!お、お前ら!!ハイグレッ!ハイグレッ!しょ、正気に戻れ!!あ…あぁん!!」

ヒグマは抵抗しようにも、ハイグレからは抗えず、何よりもキンシコウとリカオンの攻めによる快感により、段々力がなくなっていく…

リカオン「ヒグマさん…とっても可愛かったですよ…?今の声…」

すると、キンシコウは軽々とヒグマの顔にジャンプして、両足をヒグマの顔に挟み、股を押し付けるようにしながらハイグレをした。

キンシコウ「ヒ、ヒグマさん…?私のココ…舐めて下さい…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

目の前に食い入るようにキンシコウの股があり、それもとても良い匂いがする感じがしたヒグマは、見る見る興奮状態になってくると、

がっつくようにキンシコウの股を銜えて舐めだした。

ジュル、ジュル、ジュル、ペロペロペロ

キンシコウ「ふあああ…!!ヒ、ヒグマさん…!!それ…気持ちいです…!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!

もっと舐めて下さい…!あああぁぁあぁん!!!」

ヒグマ(キンシコウのここから…凄く良い匂いがする…!食べ物じゃないのに…味も癖になっちゃう…!)

ヒグマはキンシコウの股間を舐めながらハイグレをしていると、キンシコウも喘ぎ声を出しながらハイグレをしている。

そして、リカオンはというと、かばんたちと一緒のやつではないが、ボス(ラッキービースト)を捕まえると、そのまま

ハイレグの毛皮の胸の中に入れながらハイグレをしだした。

リカオン「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ボスと一緒にハイグレをしているみたいで楽しいですよ♪」

ボス『アワ…ワワ…ワワ…アワワ…』

丁度ボスの目が見える所にまで埋めると、リカオンはそれに満足した笑みでハイグレをする。

リカオン「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!私も混ざりたいですけど、どっちかというとボスと一緒に楽しみたいのです♪

だからボス…もっとこんな感じでハイグレに付き合ってください♪ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

別のボスはリカオンに胸を埋められた状態で身動きが取れなかったが、リカオンはとても楽しそうだった。

そしてヒグマとキンシコウはというと、二人は一気に発情しだしていた。

特にキンシコウは元々ハイレグ姿であり、ハイグレとは相性がいいのか、ヒグマに対する愛情が一気に爆発して、

ヒグマと交尾をしたくて仕方がなかった状態だった。
* Re: けものハイグレフレンズ ( No.36 )
日時: 2019/01/21(月) 08:30:11 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

キンシコウ「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ヒグマさん…も、もう我慢できません…!や、野生開放を…!」

ヒグマ「わ、わかった…!野生開放…!!

ヒグマは本能的に理解したのか、自分の股間から野生開放を放ち、雄の生殖器が出現した。

キンシコウ「あぁ…ヒグマさんの…久しぶりです…」

そしてそのままキンシコウを優しく抱き起こすと、木がある方に連れ立ち、キンシコウの左脚を持ち上げる。

キンシコウ「え…立ったまま、するのですか…?」

ヒグマ「私に任せろ」

硬く反り返った生殖器の根元を掴むと、壁に背中を預けたゆたかの、儚げな入り口にあてがう。

くちゅ……っ

ぬかるんだ裂け目に亀頭の先端が触れると、キンシコウは熱い吐息を漏らした。

キンシコウ「ああん、すごぉい…!ハイグレ…!ハイグレ…!ヒグマさんの、カチカチです…!」
 
嬉しそうに呟くと、キンシコウは欲情に濡れた瞳で、ヒグマに甘い視線を送る。

とろけそうな表情と桜色に染まった柔肌の感触が、ヒグマの欲情をますます高ぶらせた。

ヒグマ「入れるね……」

ぷにぷにの縁取りに亀頭を潜り込ませ、柔らかなくぼみを探り当てると、ヒグマはゆっくりと腰を突き出していく。

 ぬぷぷぷ……ぐぬぬ……

キンシコウ「はいぐれ…!わぁ…!はいぐれ…!あ、あ〜…!!…おっき、いぃ……!!」

待ち焦がれた瞬間の到来に、キンシコウは声を上擦らせる。

セルリアンハンターとして鍛え抜かれた体付きである下の穴は、ヒグマの大きなペニスをたやすく呑み込んでしまった。

キンシコウ「ああ、あ、あ…!!…はいぐれ…!!…はいぐれ…!!えへへ……ヒグマさんの、奥まで入りました……♪」
 
キンシコウは顔をほころばせ、子宮口を押し上げる圧迫感に歓喜の声を上げる。

ヒグマ「ほら…そっちの脚も上げて…」

キンシコウ「ん……こうですか……?」

ヒグマ「そう……よい、しょ…!」

幸せ顔のキンシコウを促し、爪先立ちしていた右脚を上げさせると、左脚と同様に太ももの下に腕を回す。

そして首に回された腕を掛け直させ、膝の裏をしっかりと抱えて、小さな尻たぶを掴んで支える――

こうして、俗に『駅弁』と呼ばれる体位が出来あがったが、当然動物であるフレンズは分かる訳もなかったが…

キンシコウ「ふわぁ〜…!…す、すごい格好ですね、これ…!」

向かい合った形で、ヒグマにおんぶされている格好に、キンシコウは顔面を紅潮させる。

だらしなく広げた両脚をぷらぷらと宙に投げ出す姿は、いかに気心の知れたヒグマが相手とはいえ、さすがに気恥ずかしくてならなかった。

ヒグマ「さすがに、恥ずかしい…?」

キンシコウ 「は、はい…前に交尾した時とは違います…」

ヒグマ「……でも、感じてる……?」

キンシコウ「……はい……」
 
ヒグマのささやきに、キンシコウはこっくりと頷く。
 
満足した反応が得られると、ヒグマはゆるゆると、キンシコウの身体を揺らし始めた。

キンシコウ「ああん…!!…はいぐれ…!!はいぐれ…!!あん…!!はいぐれ…!!はいぐれ…!!あふ…!

はいぐれっ!!…あうぅ…!!…はいぐれ…!!はいぐれ…!!はいぐれ…!!ひあ…!!はいっ…!ああん……!!」
 
えぐいほどの亀頭のくびれが膣壁をくじる度、奥からとめどなく湧き出る愛液がむっとりと絡みつき、ペニスの全長を舐めしゃぶる。

丸々とした亀頭の先端が子宮口に当たる度、甘美な衝撃波が水面の波紋のようにじんわりと広がり、愛らしいよがり声と

なって体外に紡ぎ出されていく。

キンシコウ「あああっ、ハイ…グレッ…!!ひ、ひいいん…!!…ハイグ…レ…!!あううっ!!…ハイグレ…!!

あっ!あん!ハイグレッ!!ハイグレッ!!んひいい…!!…ヒ、ヒグマさん…!!気持ち良い…です…!!

ハイグレッ!!ハイグレッ!!気持ち良いですよぉ…!!…ハイグレッ!!ハイグレッ!!んあああ……っ!」

時間をかけて焦らされたせいか、キンシコウの膣内は想像以上にとろけきっており……その結果、ヒグマのペニスは、

急速に射精欲を高められていった。

ヒグマ 「はっ、はふっ、はふ、はふ……キンシコウ……キンシコウ……っ!」

呆気なく訪れようとしている射精感に耐えながら、キンシコウは尻たぶを掴む指に力を込めると、キンシコウの身体を大きく上下させた。

キンシコウ「あんっ!ハイグレ…!!はんっ!ハイグレ…!!ああっ、あんっ!ハイグレッ!!ハイグレッ!!

すごっ、すごいいっ……!ハイグレッ!!…ハイグレッ!!ずん、ずん、って、お、奥に響くのぉ…!!…あうううんっ!」

激しく揺さぶられながらも、キンシコウは振り落とされまいと、ヒグマの首に回した両腕に力を入れ――すっかり敏感になった膣内は、

しがみつくようにペニスをきつく絞り上げる。

ただでさえ狭々の膣内が、抽送もままならなくなる程に狭まる中、ヒグマはえぐり抜く様にペニスを何度も突き立てていく。
 
ぐぢゅっ! ぶぢゅっ! ぐぢゅっ! ぶぢゅっ! ぐぢゅっ!

キンシコウ「あああっ!あーっ!あーっ!はいぐれぇぇ!!はいぐれぇぇ!!ヒ、ヒグマさ…!それだめ!だめええええっ!」
 
キンシコウはすがる様にヒグマに強く抱きつき、甘やかな悲鳴を上げる――閉じることを忘れた唇からは唾液がこぼれ、

ペニスをくわえ込む秘裂からは愛液が垂れ続けた。

ヒグマ「キンシコウ…!!…もう、イクッ……!!」

いよいよ堪え切れなくなり、ヒグマは赤く火照った耳元に限界を告げると、キンシコウはこくこくと頭を振る。

キンシコウ「わたっ、わらひもイクからっ!みるく…!この奥にっ、ヒグマひゃんのっ…!みるくぅ……っ!!」
 
まるで我を忘れたかのように、はしたない言葉でしきりに射精をねだるキンシコウ。 ちなみに精液という名前を知らずに

ミルクと呼んでいた。

ヒグマはためらう事なく尻肉に爪を食い込ませると、キンシコウの身体をがっちりと固定し、荒々しくピストン運動を加速させていった。
 
ごちゅごちゅごちゅごちゅごちゅごちゅ……!
 
群生する膣ひだを散々にかき回し、ゴムのような感触の子宮の入り口を乱打していく。

ヒグマ「キンシコウ…!!…キンシコウ…っ!!」
 
そして渾身の一突きで、亀頭の先端をキンシコウの子宮口に食い込ませた――次の瞬間。

ぶびゅるるるぅぅううううー!!!
 
ヒグマの赤黒い堤防はついに決壊し――許容量限界まで溜め込んだ白濁液を、キンシコウの最奥に一気に注ぎ込んだ。

キンシコウ「ひああああああああっ!!!イッくぅぅうううううううーっ!!はいぐれえぇぇぇぇ…!!!」

びゅぐるるっ! ずびゅびゅっ! ぐびゅっ! ぶびゅっ! ぶびゅっ!

力強い脈動と共に、亀頭が膨れては爆ぜ、鈴口から新鮮な精液を次々と噴出していく。

キンシコウ「らめっ、らめらめらめええええっ!!まだイク!ハイグレッ…!イク!ハイグレッ…!イクイクイクぅうううっ!!」

こってりとした精子の塊が子宮口に叩きつけられる度、キンシコウは腰を激震させ、失神をきたすほどの絶頂に

何度も何度も舞い上げられた。

キンシコウ「んああああ……ああ〜〜〜!……んああ……あえぇ……!」

ヒグマ「はあ……はあ……はあ……っん、あ……はああ……キンシコウ……」
 
いまだ余震を起こす身体をヒグマに預け、ぐったりと手足を脱力させると……キンシコウは呆けた表情でよだれを溢しながら、

凄まじい絶頂感の余韻に浸る。
 
ヒグマは、荒い息で上下するキンシコウの背中に手を回すと、うな垂れた頭を優しく撫でた。
 
ぶぢゅぢゅ、びゅぶぶぶ……っ

膣内に収まりきらなかった精液が、膣口のわずかな隙間から溢れ出し――ヒグマのペニスの根元を伝い、

お尻を流れて地面にこぼれ落ちた。

キンシコウ「は…はい…ぐれ…ヒ…ヒグマ…さん…」

キンシコウは幸せそうな笑みで倒れてしまい、ハイレグの股間からはまだヒグマの精液がドプドプと流れ出ていた。

ヒグマ「ハイグレ…!ハイグレ…!ハイグレ…!ハイグレ…!キンシコウ…凄くよかったぞ…久しぶりに交尾が出来て

よかったぞ…さて…」

ヒグマはチラッとハイグレセルリアンを振り返ると、ハイグレポーズを続ける。

ヒグマ「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレフレンズ…ヒグマ…!ハイグレ洗脳されました…!

ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

先程のキンシコウと交尾していた時のうっとりしていた表情から、キリッと表情で忠誠を誓うハイグレフレンズと化してしまったヒグマ。
* Re: けものハイグレフレンズ ( No.37 )
日時: 2019/01/21(月) 08:33:03 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

ハイグレセルリアン「良い姿になりましたね、ヒグマ…!では早速ですが、あなたには…ん…?」

ハイグレセルリアンは、森の奥からジャパリバスがやって来るのが見えた。

かばんたちがバスに乗ってやってきたのだった。

ハイグレセルリアン「態々探す手間が省けましたね…ん…?妙ですね…」

ハイグレセルリアンはある異変に気付いた。

ジャパリバスに乗っているのは、ハイグレ姿のサーバル、アライグマ、フェネック、ハシビロコウ、そして

ハイグレ姿になっていないかばんだった。

かばん「ヒグマさん…!キンシコウさんにリカオンさんも…!」

サーバル「うみゃ!ハンターたちもやられちゃったんだね!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

フェネック「あれれ…?他のフレンズたちもいるけどどうしたんだろ…?」

アライグマ「よーし!何だかよくわからないけど、あのセルリアンがハイレグの取り込んでしまったのだ!

ハイレグを助けるのだ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ハシビロコウ「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!気を付けて…!みんなの様子が変…!きっと洗脳されているんだ…!」

かばんたちがやってくるが、ハイグレセルリアンはそのかばんを不思議そうに見つめていた。

ハイグレセルリアン「ハイグレ化したフレンズたちは、ハイグレ化していないフレンズに本能的に襲い掛かって

ハイグレ化させるはず…なのに何故あの子だけが襲われていない…?」

何故かと思っていたハイグレセルリアンだったが、向こうと違ってこちらには味方が大勢いるので、特に心配はしていなかった。

ハイグレセルリアン「皆さん!あのフレンズたちを抑えるのです!そして、まだフレンズ化していないあの子はを

ハイグレ化させなさい!」

ハイグレセルリアンの命令により、洗脳フレンズたちが襲い掛かって来る。

かばん「ひぃ!?」

かばんが思わずビビッてしまうと、サーバルたちが何とかかばんを守ろうとする態勢に入っていた。

すると…

バシン!!バシン!!

誰かが洗脳フレンズたちをブッ飛ばして助けに来てくれた…

博士「間に合ったのです!かばんには手出しはさせないのですよ?ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

助手「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!我々はあなたのように洗脳されないのです」

白色のハイグレ姿の博士と、紺色のハイグレ姿の助手だった。

ライオン「あれ…?君たち何で洗脳されていないの…?」

ヘラジカ「先程の攻撃…見事だな!」

博士「我々だけではありませんよ…?」

博士と助手の後ろから、他のフレンズたちが助けに来てくれていた。

トキ・アルパカ・ツチノコ・ジャガー・コツメカワウソ…かばんと交尾したフレンズたちだった。

トキ「私のファン…傷つけさせないわ…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

アルパカ「かばんは私達と交尾した仲だからね〜♪ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ジャガー「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!事情は他のボスから聞いたよ…あそこのセルリアンがハイレグを

取り込んでいるんだってね…」

カワウソ「わーい!いっぱいいるぞー!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ツチノコ「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!かばんは渡さねぇぞ…おいかばん!あのセルリアンを倒したら

他の奴らも元に戻るはずだ!多分な…」

かばんはふと、ハイグレセルリアンの頭上に、セルリアンの弱点である石が埋め込まれていることに気付いた。

あそこを強い力で叩けば…

かばん「わかりました!サーバルちゃん!ハイレグさんを食べちゃっているあのセルリアンを!」

サーバル「わかったよ!かばんちゃん!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ハイグレセルリアン「そんなバカな…!私の洗脳が効かない…?さっき交尾と聞いたがまさかそれで…!?」

博士「その通りなのです、我々がかばんと交尾したことによってつがいとなり、我々はかばんに洗脳されたというべきでしょう…」

助手「ハイレグにやられとは言え、危うく完全に洗脳されるところでした…灸を吸えてやるのです!」

博士と助手の合図で、かばん側のフレンズたちと、ハイグレセルリアン側のフレンズたちが打ち合いになった。

サーバル「うみゃみゃみゃみゃー!!」

アライグマ「やってやるのだー!!セルリアンめ!!」

フェネック「あいよ〜!頑張るよ〜!」

かばん「うん…?あ、あれは…!よし、一か八か…!ハシビロコウさん…!」

ハシビロコウ「え…?………うん……うん…わかった…!」

サーバルたちがかばんを守る態勢で戦い、かばんは何かに気付いたのか、ハシビロコウに何らかの指示を出すと、ハシビロコウは

そのまま森の中へと走っていき、かばんはハイグレセルリアンに真正面から挑む。

ハイグレ化したフレンズたちをすり抜けてハイグレセルリアンに突進しようとしているのか、しかし、運悪く

ハイグレセルリアン側のPPPたちに捕まってしまった。

プリンセス「無駄よ!観念なさい!」

コウテイ「かばん…?君もきっと素晴らしいハイグレ姿になれるよ…?」

イワビー「よっしゃあ!かばんをハイグレ姿に洗脳させてやるぜ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ジェーン「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!他に洗脳されていないフレンズさんたちに邪魔されないようにしないように♪」

かばん「うぅぅ…や、やめてくださーい!」

フルル「グレープ君…どこに行っちゃったんだろう…?」

イワビーとジェーンのハイグレダンスによって、かばんの服が徐々にハイグレ姿に変わって来る…
* Re: けものハイグレフレンズ ( No.38 )
日時: 2019/01/21(月) 08:35:21 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

博士「かばん!!いけません!!かばんをあいつに渡さないのです!」

助手「ですが博士…!他のフレンズたちが多過ぎて…!手が出せません…!」

ジャガー「うわぁ!?ず、ずるいぞ…!そんな大勢で…!」

コツメカワウソ「ひやあああ!!やめてよぉ!!かばんが危ないんだよぉ!?」

アルパカ「ふにゃあ!?あらら〜…捕まっちゃったよ〜…」

トキ「しまった…!アリツカゲラもいたのね…!」

ツチノコ「くそぉ!!おいスナネコ!!離せこんにゃろー!!か、かばん!!」

サーバル「うみゃあ!!離して…!!かばんちゃんが…!!かばんちゃんが…!!」

サーバルたちが止めに入ろうにも、相手のフレンズたちの数が多く、ましてやライオンやヘラジカ、更にはハンターたちまでもが

相手ではとても止めたりできるようなものじゃなかった。

そしてかばんは抵抗しようにも成す術もなく…

イワビー「ほらほら!段々ハイグレ姿になってきたぜ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ジェーン「やっぱりかばんさんも似合いますよ♪ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

かばん「うあああ…!!うわあああああああ!!!やめてくださーい!!!」

そして、かばんの服がハイレグ水着へと変わっていき、そしてとうとう…

かばん「うぅぅ…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

かばんは赤色のハイグレ姿になり、帽子と背負っているカバンは残ったままで、恥ずかしそうにハイグレをしていた。

しかも、以前セルリアンに呑込まれた影響で生えてしまった股間のものにまで刺激が強く、かばんは隠すことも出来ないまま

露わにしたままハイグレをすることになったのだった。

アライグマ「ああああ…!!かばんさんがやられてしまったのだぁ!!」

フェネック「あらら〜…これまでかな〜…」

かばん「ハイグレッ!ハイグレッ!う、うわあ!!み、見ないでくださーい!!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ハイグレセルリアン「どうやらあなたもここまでのようですね…時期にあなたも洗脳されたら、あなたのヒトとしての

知性を活用させてもらいましょう…こうやって動物たちを意のままに操れると言うのも悪くありませんね…?」

かばん「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!い、いやです…!ボクは…!ボ、ボク…は…ハイグレッ!ハイグレッ!」

かばんの股間のものに夢中になっていくフレンズたちが群がってきた。

タイリクオオカミ「ほほぉ…!これが本に載ってあった♂のものだな!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!

これは良いネタを作れる機会だ…!かばん…?誰かと交尾してみせてくれないか…?」

イワビー「それならオレがハイグレ姿にさせたから、オレとやろうぜ!」

ジェーン「ああ!!ズルいですよ!私もハイグレ姿にさせたから、私もかばんさんと交尾したいですよ〜!

ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!さぁ、かばんさん…?交尾しましょ…?」

ハイグレセルリアン「ふふふ…ん…?何ですか、この音は…?」

すると、ハイグレセルリアンは嫌な予感がして周りを見渡すと、何やら大きな音がする。

それもゴロゴロと大きな音を立てながらこちらに向かってきているのがわかる。

ちなみにハイグレフレンズたちからは死角となっていて、自分を助けることができず間に合わない距離だった。

そしてふと上を見上げると、目の前には巨大な岩石が自分の頭上に落ちて来た。

ハイグレセルリアン「なっ!?うあああああああああああ…!!!」

ズズーン!!!

岩石はハイグレセルリアンの頭上にある石に命中し、そしてハイグレセルリアンはそのまま消滅してしまった。

すると、さっきまでハイグレ姿になったフレンズたちが全員元の毛皮の姿に戻ったのだった。

勿論、ハイグレ洗脳も消えてなくなり、かばんもいつもの服に戻り、へたり込んでしまった。

かばん「は…はうぅぅ…!う…上手くいきました…!は、恥ずかしかったけど…」

サーバル「あれ!?あれれ!?元の毛皮に戻ったよ!?どうなってるの!?」

博士「あのハイグレセルリアンが消滅したからこそ、我々は元に戻ることができたのです…!」

アライグマ「そうなのだ!!あの大きな岩がセルリアンを倒したのだ!!」

フルル「あ〜!グレープ君だ〜!」

フルルは指を差した方向に、手を振っているハシビロコウとグレープ君が岩山の上にいるのが見えた。

そう、かばんはハイグレセルリアンに大岩を転がそうとしているグレープ君を見つけ、ハシビロコウに手伝ってほしいと

指示を出していたのだった。

プリンセス「流石グレープ君ね♪やるじゃない!」

コウテイ「今回はグレープ君に救われたね」

フルル「ありがとう、グレープ君♪」

笑顔のフルルはグレープ君にキスをされ、嬉しそうな鳴き声を上げて羽をばたつかせていた。

こうしてハイグレ騒動は終わり、交尾を交わした者同士のフレンズたちはより仲良くなり、ハイグレセルリアンの

欠片の中には、ハイレグ水着だけが取り残されていて、恐らくセルリアンごとハイレグは消滅したものと思われた。

助手「ようやく終わりましたね、博士…まさかあのフンボルトペンギンに救われるとは…」

博士「そうですね助手…しかし、この後の事はどうなるかですよ助手…」

助手「どういうことですか?」

博士「かばんは我々も含めて多くのフレンズたちと交尾をして、つがいとなりました…かばんのことです…

恐らく、責任を感じてこのジャパリパークから出ていくことはないだろうと思います」

助手「なるほど…しかし、責任を取るという事をかばんが知っているかどうかはまだわかりませんので、我々が

そのことについてたくさん教えておかなければいけませんね」

博士「そうですね…かばんがずっとパークに住むことになれば、かばんの料理もずっといただけるのです…じゅるり」

助手「何よりも、かばんとの交尾によって子供がたくさん出来るかもしれません…むしろ色々と忙しくなりそうなのです」

その後、ハイレグの消失を残念がっていたフレンズたちは、各々自分のなわばりへと帰っていく…

かばんは図書館で博士と助手に責任を取ると言う話を聞き、ショックを受けるかと思いきや、何となくそうなるとわかっていた

らしく、かばんは結局ジャパリパークのサバンナで、ビーバーとプレイリードッグ力を借りて家を造り、

サーバルとアライグマとフェネックと一緒に暮らすことになった。

これから出来るかもしれないたくさんのフレンズたちとの愛の結晶を育むために…

かばん「ええっと…その…改めてこれからもまたよろしくね?サーバルちゃん♪それに皆さんも…♪」

サーバル「もちろんだよ♪ハイグレッ!ハイグレッ!って、あれ…?あは♪思わずやっちゃったよ♪」

アライグマ「よぉし!アライさんもかばんさんが責任…?を取れるように頑張るのだ!」

フェネック「他のフレンズさんたちもかばんさんの為に頑張ってくれるみたいだし、ハイレグさんにはちょっと

感謝かな〜?」

これからもずっとかばんも一緒に住むことになったジャパリパークは、後に多くのフレンズたちが生まれることになるのはまた別の話…
* Re: けものハイグレフレンズ ( No.39 )
日時: 2019/01/21(月) 08:38:50 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

けものフレンズは以上をもって完結です!
まだ物足りない部分はあるかもしれませんが、気が向いたらまた書くかもしれません
ここまで読んでくださった皆さん、ありがとうございました!
* Re: けものハイグレフレンズ ( No.40 )
日時: 2019/01/21(月) 09:35:54 メンテ
名前: 終わった人

お疲れさま、けものフレンズよく知らない俺でも楽しめたぜ、感謝するぜ。
* Re: けものハイグレフレンズ ( No.41 )
日時: 2019/01/21(月) 23:50:04 メンテ
名前: 終わった人

けものフレンズはアニメの歌しか知らなかったぜ。
Page: [1] [2] [3]
 
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP
題名 スレッドをトップへソート
名前
添付FILE 文章合計600Kbyteまで
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

※必須

   クッキー保存