window
 
トップページ > 記事閲覧
* 復活!超鋼鉄戦艦大和

日時: 2017/05/16(火) 22:46:31 メンテ
名前: エイラ

時は20XX年、これは異世界のレジスタンス達がある地球とはまた別の地球、
いわゆる第120の地球、かつて9兆億年前に強大な国々が戦いあった場所でもある、しかし、今の地球ではとてつもない危険が、現れようとしていた。
突如ハイグレ大帝国という軍があらわれ、人々を次々にハイグレ姿に変えられていった、そして5年が立ち時は4月7日、ついに人間の数は500000人まで減ってしまった、だがしかし人類はまだ諦めてはいなかった・・・彼らは奇跡に伝説の戦艦、大和を発見する、なぜ大和がここにあるのか?何のために?
それは嘗て、新生日本軍が作り上げた軍艦であったのだ。
彼らはこれに乗り、人類の奇跡を乗せ、第3ハイグレ星に向け、飛び立った
人類の最後の奇跡、大和、出航ス!
 
Page: [1]
* Re: 復活!超鋼鉄戦艦大和 ( No.1 )
日時: 2017/05/20(土) 07:45:22 メンテ
名前: エイラ

エイラ「どうも、エイラです、ここでは主人公達を紹介します」




西住 研
年齢 18歳
性別 男

ミリタリー大好きな青年で様々なネタなどを使う、彼が生まれた3年後には親を亡くしてしまい、ザク1に引き取られた、謎の古代の地下室で謎の赤子を拾った事で彼はこの世界が最大な大規模な悲劇な事が起こり始めようと気づく、そして戦艦大和に乗ることに決意し、戦艦大和に乗ることで父が嘗て何処かの軍艦の艦長で有ることも気づく。そして彼女の正体も気づき、いつか彼女を自分と一緒に元の国へ帰らそうと決意を持つ


ひかり
年齢2歳(噂では14歳)
性別 女

謎の古代の地下室でカプセルの中に眠っていた赤子、実は彼女は新生日本軍の3代目の総統の娘である、とはいえなぜこの地球に要るのかは謎で噂では戦争中に緊急脱出ポッドを使ったとされている、ならなぜ赤子の姿であるかは謎、
西住研の事を親だと思い込みいつも研にしがみつく、時には元の姿になって性的な事もすると噂されている、いつも研のことをお兄ちゃんと呼んでいる。
実は好きすぎてヤンデレになってしまい、時には研の手足に鎖を付けて監禁するなどとして、可愛い裏側には恐ろしいのである(実際には研は脱出成功している)ブレイブウィッチーズの主人公でもある。3代目総統のソウル(正義)を持っており、今も3代目総統のソウルを受け継いでいる



ザク1
年齢 ???(噂では9兆億歳といわれている)
性別 男

元新生日本軍の中尉、親を亡くしてしまった研を引き取った男でもある。
研を立派な男にするため日々修行をし続け、研を戦艦大和の艦長にまでさせた。彼は友人も沢山居ており、時々友人の家で新生日本軍の交信を行うなどしている。大和魂を持った男の一人でひかりの事を姫様と呼んでいる。


ドム
年齢 ???(こちらも9兆億歳といわれている)
性別 男

此方もザク1と同じ元新生日本軍の中尉、力がとても強くビルも簡単に片手で持ち上げる、ザク1とは友人であり、共に戦うなどとして大和魂を持った男でもある、もちろんひかりの事を姫様と呼ぶ


グフ
年齢 ???(此方も9兆億歳)
性別 男

ドムやザク1よりも長く戦ってきた青き英雄と呼ばれた戦士、剣を使った攻撃も神のような速さで敵を全滅させる、弟子の十香(デートアライブ)も居ており彼女は土道を守るためグフに弟子入りしたのだ。ザク1とドムとは友人であり。彼らの話についていくなどとして、勇敢な戦士である。元大佐

* Re: 復活!超鋼鉄戦艦大和 ( No.2 )
日時: 2017/05/23(火) 23:29:21 メンテ
名前: エイラ

エイラ「どうも、エイラです、では第1話、ハジマルヨー」



キャラ紹介

バリカン(アナライザー0)
研が探検している最中にボロボロの宇宙軍艦の中で見つけたロボット、人工知能を持ち、もちろん隠し武器も搭載されている、いつも研と一緒に修行したり、遊んだりしている。





         復活!超鋼鉄戦艦大和
        第1話「始まりの予兆」




此処は日本列島の滋賀県にあるどこかの田舎、

  タッタッタ・・・タッタッタ

そして家に帰る途中の走っている少年がいた

研「さあ、早く帰ってまたいろいろ探検でもいくぞー!」

少年は急ぐように走っており、急いで家に帰った・・


ザク1の家はとても大きく、寺のような家である

研「ただいまー!ザクのおじさん、今日も疲れたよ。」

ザク1「ん、研か、お帰りじゃ、今日も元気じゃのう。」

ザク1が体を鍛えながらと

研はすぐ自分の部屋に駆け出し

研「今日も探検ダ☆いくぞバリカン」

バリカン「本当はアナライザー0なのに・・って待ってよー!」

と丸っこいロボットがベッドで寝転んでおり、研が部屋から出るとバリカンも研について行き

研「ザクのおじさん!では探検に行ってきます」

ザク1「うむ、夕方までには帰ってくるんじゃぞー!」

研「はーい!」

バリカン「け、研坊まってよー!」

と研は急いで出掛けて行き、畑が沢山ある道を通った

ドム「ん?研か!おーい、いつもの探検かー?」

と畑を手伝っているドムが研に声をかけ

研「そうだよ!昨日凄い所を見つけて、今日そこへいくんだ!」

ドム「おーそうかい!なんかあったら俺にくれよー!」

研「あったらだよー!」

するとグフが忍者のような登場の仕方で現れ。

グフ「研の奴、いつもの探検のようだな。」

ドム「おお、元大佐さんじゃねえか!いつものパトロールか?」

グフ「少しはお前達の顔を見たくてな」

ドム「どうやら研はなんか凄い所を見つけたらしくてな」

グフ「ん?凄い所か・・・」



そして森の中

バリカン「研坊、こんな森の中じゃ迷っちゃうよー」

研「大丈夫だよバリカン、バリカンには道が分かる装置とかいろいろ搭載されているんだろ?その為にバリカンを連れてきたんだよ」

バリカン「あ、そうでしたか。」

とバリカンは頭を抱え込み

研「よし、着いたぞ、ここが凄い所ダ☆」

バリカン「ってこれは新生日本軍の洞窟式基地じゃないか!?」

と巨大な洞窟を見つけ、そして研は懐中電灯をバッグから取りだし、手に持ち
スイッチを入れ洞窟を進んでいく

研「ここは入ったことはないけど昨日帰る途中で見つけてさ」

バリカン「へぇー、よく見つけたんだね。」

とすると研は立ち止まり

バリカン「ん?どうしたの?研坊」

研「なにかある、なんか一人用ポッドみたいなのが」

すると懐中電灯を照らし、その一人用ポッドは姿を現した

バリカン「わあ、本当だ!でもこれまるで空から降ってきたみたい」

と研はポッドに近づき、何かいるのか確認し、すると

研「ん!?赤ちゃんがいるよ!バリカン!」

バリカン「ちょっ人の話をっ・・てえっ!?そんなわけが!」

とバリカンも覗き、そこにはポッドの中に赤子が寝ており

???「う〜zzz・・」

研「このこ生きてるよ・・」

するとバリカンはポッドの下にあるボタンを押し

バリカン「え〜と、たしかこのボタンを押せば開くはず」

するとバリカンはボタンを押したらポッドが上から開き、赤子が姿を見せる、すると研は赤子を抱き抱え。

研「なぜここに赤子がいるんだろう・・」

???「うぅ・・?」

すると赤子は目を開き

バリカン「お、起きたみたいだよ!」

すると赤子は左右見渡すと

???「うぅ・・」うるうる

研「ん?どうしたんだろう?」

すると赤子は泣き出し

???「びえええええん!」

バリカン「ど、ど、どうしよう研、泣き出しちゃったよ」

研「よーしよしよし、もう大丈夫だからねーよしよし」

ほっぺなど撫でると赤子は泣き止んだ

???「うぅ・・・?」

すると赤子は研をじっと見つめすると

???「うぅ、お兄ちゃん、お兄ちゃん・う〜」

バリカン「ん、喋ったよ!この子!研坊、どうするの?」

研「一旦この子は家に連れて帰ろう、可哀想だし」

バリカン「了解!」

と研は赤子を抱えバリカンと一緒に帰ったのである・・・
そしてここからが物語の始まりであると彼らはまだ知るよしもなかった・・


    次回第2話「ハイグレ軍襲来」


* Re: 復活!超鋼鉄戦艦大和 ( No.3 )
日時: 2017/06/01(木) 20:53:55 メンテ
名前: エイラ

エイラ「どうも、エイラダナ、大変遅くなりすみません、予告編始めます。」






         復活!超鋼鉄戦艦大和

        予告編



  月の裏にて
    月の裏には謎の複数の宇宙軍艦や宇宙船などがいた

そして500mの有ろうかとの宇宙軍艦の司令塔内部

???「魔王様・・・・、地球を攻める準備が整いました・・」

そのハイグレ姿をした者が玉座に座っているオカマらしき人物に伝えた・・

???「フフフフ、よくやったわ、これで準備は整ったわね。」

オカマらしき人物が微笑む・・

???「さあ、パーティーの始まりよ!」バサッ

とオカマらしき人物は地球に指を指した




なんか予告ですが許して下さい

* Re: 復活!超鋼鉄戦艦大和 ( No.4 )
日時: 2017/06/26(月) 19:31:03 メンテ
名前: エイラ

どうも、エイラです、こんなに遅くなりすみません。
第2話の前に番外編を考えていまして、その番外編を出します。
第2話を期待していた人達へ申し訳ございません。




        復活!超鋼鉄戦艦大和
        番外編「ソロモンの悪夢再び」


  ・・・・・ここは太陽系から遠く離れた宇宙

  ドギューーン!ドギューーン!  ドガァーーーン!!!
   ウィン!   ドガァーーーン!!  ズガーン!!

そこにはハイグレ軍と別世界から来た日本の国旗を持った軍艦勢が戦っていた

  
超サラミス級3番艦キリサメ・マーガロイド、司令塔部にて

ジム2「ちぃ!こんな時にハイグレ共がいるとは!抜かった!」

するとハイグレ軍は謎の艦隊を囲もうと攻め

ジム「艦長!ハイグレ軍が我々艦隊を囲んで一斉射撃する模様です!」

ジム2「なんだと!我が国があの力を蘇さりゃすれば、ハイグレ共など一瞬で」

すると何かを発見したかレーダーに音がなり

ジムスナイパー「艦長!我が艦隊の上空23000mより3つの機体反応!」

ジム2「なんだと!映像は出せるか!」
             カタカタカタ、ピ!
ジムスナイパー「はい!こ、これは・・・艦長!見てください!」

ジム2「あ、あれは!」



その頃攻撃中のとあるハイグレ部隊にて

ロスマン(ハイグレ)「敵艦隊はどんどんたがっているわね、全部隊攻撃を続行よ!」

ロスマンという名の少女がハイグレ製のストライカーユニットを履いており

ニパ(ハイグレ)「所であれって一体どこの軍の軍艦なんだろう?」

菅野(ハイグレ)「知らねぇよ、だけど魔王様の敵だってことは分かるぜ」

伊勢(ハイグレ)「だがしかし油断は禁物だな」

とハイグレ製の艦装を装着した艦娘も現れ、攻撃を仕掛ける。

響(ハイグレ)「しかしあの国旗は日本のだけどこの世界の日本ってあんな技術を持っていたのかな?」

ヴァルトルート(ハイグレ)「だけど目標は日本の国旗は持った軍艦を全て起動不能にして内部に侵入、未洗脳者達をハイグレ人間にする事が僕達の任務だからね。」

ニパ(ハイグレ)「でもけっこいしぶといよあの軍隊」

菅野(ハイグレ)「だが魔王様の技術には叶わないってことだ!」




その頃、ハイグレ軍と謎の艦隊が戦闘中にて上空23000mにて
そこには人間サイズのMSが3機がハイグレ軍の攻撃に向け接近しており

???「分かっているな我々の任務は我が艦隊と戦っている虫けら共を撃つ事だ、分かっているな?」

???2「はっ!ガトー少佐も212年ぶりに出撃ですね」

???3「とはいってもハイグレ軍、我が国より下の存在でも警戒は張らねばなりませんね。」

ガトーという名のガンダムはこう答えた

ガトー「わが新生日本残党軍は必ずや復活し、洗脳や愚かな行為をする者達を罰せねばならぬ・・・ああ、警戒を張り好き勝手にしているハイグレ軍を罰せねばならない!」
 
ヒュュュュ!!ドォォォォーーーン!!!

そして各機体はブーストを最大にして急接近を開始した。


   


そして現在戦闘しているハイグレ軍上空にて

ピュルルルルル!!
ハイグレ軍各艦隊に警戒音が流れ

パンスト艦長「なんだ!?」

パンスト兵「我が艦隊上空にて3つの機体反応!」

パンスト艦長「なんだ敵の増援か、ふふふふ、たったの3機で何g」

ズギューーーーーン!!!ドガァァァァァーーーーン!!!

すると謎のビームがハイグレ軍の戦艦を見事貫き大爆発した、そしてそこにいたウィッチーズと艦娘達も気づいた

ロスマン(ハイグレ)「何!?何が起こったの!?」

伊勢(ハイグレ)「そんな馬鹿な!?ハイパーメガ粒子砲をも耐える軍隊が一撃でだと!?あり得ん!」

菅野(ハイグレ)「ん!?隊長!上空により敵が!」

ロスマン(ハイグレ)「何ですって!・・!まさか!」

ニパ(ハイグレ)「あ、あれってまさかマズイ感じの奴じゃあ・・」


ヒュュュュュュュュュ!!ウオオオオオオオ!!!

ガトー「ソロモンよ!私は帰ってきたぁぁぁ!!」

すると腰部に装備された大型ビームサーベルを取りだし

ヒュュオン!!!

するとビームサーベル刃身が45mにまで巨大化しハイグレ軍艦隊を切り裂いた

ヒュュュュュ!!ジャギィン!ドガァァァァァーーーーン!ジャギィン!
 
まるで綺麗に切り裂かれた艦隊はどんどん轟沈していき。

ヴァルトルート(ハイグレ)「なんだ!?あの機体は!あんなものこの世界にはいなかったはず!」

ロスマン(ハイグレ)「取り敢えず撤退よ!戦闘を続けても全滅されるかもしれないわ!」

菅野(ハイグレ)「クソっ!なんだよアイツは!」


とハイグレ軍は撤退してゆく。


ジム2「撤退したか、あの小隊が来なければ今頃やられていたのかもしれない」

ジムスナイパー「艦長、ガトー大佐からの通信です。」

ジム2「よし、繋げろ」   ピピィ!

ガトー「こちらガトー大佐、そちらの艦隊の損傷は大丈夫ですか?」

ジム2「見ての通り轟沈は防げたが大破は198隻、中破は82隻で小破は1423隻だ、相手の艦隊は8300隻はいたな」

ガトー「そうですか、我々も早く間に合えばこんなことには・・」

ジム2「いや、ガトー君、君のが来てくれたから敵艦7123隻撃沈、こんな戦果は久々のものだったよ、見事だ」

ガトー「ありがとうございます、我々も帰投します。」

とガトーとその2機は再び姿を消した・・





その頃地球では・・

研少年赤子を抱えてがバリカンと共に家に帰り

研「ザクのおじさーん!大変な事が!」

ザク1「ん?どうした、そんなにあわてて」

ドム「お邪魔させてもらっているが何かあったのか?」

バリカン「じつはカクカクシカジカで・・・」

青年とロボット説明中・・・

ザク1「そんな事があったとはな・・」

ドム「しかしこの赤子、どっかで見たような・・・」

研「この赤ん坊、さっき僕の事お兄ちゃんってよんだんだ!」

バリカン「ねえ?君お兄ちゃんっていってみてよ?」

とバリカンは赤子に話しかける、すると

ひかり「にーに!にーに!」

バリカン「えぇえ!?」

研「おかしいな〜さっきまでお兄ちゃんって言ったのに・・」

ザク1「う〜むなぜ赤子があんな所に」

ザーザー・・緊急ニュースをお伝えします、緊急ニュースをお伝えします

するとテレビがニュース画面になっており

ドム「ん?なんだ?」

アナウンサー「・・午後3時にて突如として謎の宇宙人の軍隊が現れ、総攻撃を仕掛けてきました、自衛隊は緊急出動し応戦しましたが謎の光線銃にて、次々にハイグレに変えられ町、は大混乱になっております、繰り返します・・」

ザク1「なんじゃと、謎の軍隊、あの装備何処かで・・」

ドム「おい、コイツら昔、俺たち新生日本軍の政治に歯向かうハイグレっていう軍じゃねえか?」

研「ハイグレ軍?あのハイグレ魔王の?」

ザク「ああ、我々新生日本軍の法律に反対する軍の一つじゃ、まさかまだ生きておったとは・・こうしてはおれん我々もいくぞ」

バリカン「オイラ達も行くよ!」

研「僕も行くよ!僕だって7代目チャージマン研だからね!」

ひかり「うー!」

すると窓の外からグフが現れ

ザク1「グフ!お主も行くのか」

グフ「まて、君達に見せたい物がある」

ドム「見せたい物?」


はたして突如現れたグフが言葉で現した見せたい物とは!第2話に続く!

* Re: 復活!超鋼鉄戦艦大和 ( No.5 )
日時: 2017/07/17(月) 01:05:07 メンテ
名前: エイラ

エイラ「どうも、エイラです。第2話始めます」


      復活!超鋼鉄戦艦大和
      第2話「謎の悪軍」





ここは別の銀河系付近


パンスト艦長「つかれるなあ・・・」

パンスト兵「艦長、魔王様に言われてるじゃないですか、この星を制圧しなさいと命令ですよ」

パンスト艦長「そうだな、我々は行かなければ!」

ハイグレ万歳!ハイグレ万歳!ハイグレ!ハイグレ!


謎のせんかの司令室にて

???「アハハハハ!なにあのあの変な集団!」

艦長らしき女性はのどちんこを見せつけながら笑っている

ジュラル「艦長、あれは何兆年間に壊滅したはずのハイグレ軍ですよ」

???「そのようね、んっ」クチュ

すると艦長らしき女性は左二本の指を口に突っ込み、のどちんこを掴み揉み始める

ムニュムニュムニュ・・・アアアアアアア!!
するとのどちんこから声が聞こえ

そして司令室に赤いMSが入ってきて

バウ「ビスマルク艦長、また体の一部が対抗ですか、そしてどうします?あの
   艦隊」

ビスマルク「ぷはぁ、そうねまた私の一部が対抗したみたい、あとあの艦隊は2隻残して残りの9871隻は破壊よ」

ビスマルク「あとね・・入ってちょうだい」

新人青年兵「はっただいま入りました!」

ビスマルク「このこ巨大娘voreや若い女性ののどちんこや口の中を見るとぞうさんが大きくなるみたい、だから今夜私の自慢ののどちんこと小動物を丸呑みしている所をを見せて青年君のぞうさんをシコろうと思うの」

ザク「」

バウ「」

ジュラル「」

バウ「了解しました、では全艦隊、砲撃、開始!」

すると太陽よりデカイ戦艦と土星より大きい多数の船がハイグレ軍に主砲を向け砲撃を開始した

ドギューーーーーーーーン!!!

ビスマルク「そのあいだに私の口の中見て〜」グパァ

新人青年兵「はいっ!」

バウ「艦長、いつエロくなったのか・・」

ザク「知らんな」




そのころハイグレ軍は
ウーーーー!!

パンスト艦長「なんだ!?」

パンスト兵「左より高熱反応接近向かってきます!」

パンスト艦長「なんだと!?」





雷電「これ続くの?」

チハ「これは前編と後編に分けるらしいです」



      次回  第2話「謎の悪軍、後編」
Page: [1]
 
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP
題名 スレッドをトップへソート
名前
添付FILE 文章合計600Kbyteまで
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

※必須

   クッキー保存