window
 
トップページ > 記事閲覧
* 研究所でのハイグレシーン3

日時: 2018/02/06(火) 23:01:07 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

久しぶりに研究所シーンを行います!
 
Page: [1] [2] [3] [4] [5]
* Re: 研究所でのハイグレシーン3 ( No.1 )
日時: 2018/02/06(火) 23:03:31 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

このはな綺譚


泡波「ふふふ…見破られたなら仕方ないわね…ハァ!」

泡波は服を脱ぎだすと、白色のハイグレ姿になった。

柚「え…えぇ!?水着!?」

泡波「いかにも…私はハラマキレディース様のスパイです!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

皆の前でハイグレポーズを決める泡波に桐は…

桐「あぁ…!これはまたヤバイものを覚えたか…!」

泡波「ハァッ!」

バキ!「痛ぁッ!!」

泡波は棗を蹴り飛ばし、バリアを解除のレバーを引いた。

泡波「バリア解除!」

天井から穴が開き、ハラマキレディースとパンスト兵たちが登場した。

ハラマキレディース「「「ハラマキレディース!参上!!」」」

蓮「ひぃ!あれってヤバイ奴らじゃないの…!」

皐「柚!」柚の前に立つ皐

ハラマキレディース「さぁ、全員ハイグレ姿にしておしまい!!」

パンスト兵たちがハイグレ銃を乱射した。
 
          
機織りの少女「きゃああああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」
  
機織りの少女は灰色のハイグレ姿になった。

礼「あああああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

礼は紺色のハイグレ姿になった。

桐「大変!棗!柚ちゃんだけでも助けないと…!」

皐「わかった…!」
   

菖「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

柊「わあああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

菖は萌黄色、柊は赤色のハイグレ姿になった。

お菊「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

八百比丘尼「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」
  
続いてお菊は薄紫色、八百比丘尼は黒色のハイグレ姿になった。


ハイグレ姿になった女性たちの横を通り過ぎると…
                                                            
皐「こっちだ!」
                
櫻「うぅ…!!」

蓮「きゃああああああ!!!」

柚「櫻ちゃん!!」

棗「蓮…!!」
  
櫻「ハイグレ…ハイグレ…ハイグレ…」

蓮「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

櫻は紅色、蓮はピンク色のハイグレ姿になった。 

棗「急げ!早くしないと私達たちもやられるぞ!」

柚と皐と棗が隠し部屋に入っていくと… 
 
桐「早く逃げて…!あああああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」
             
桐は青色のハイグレ姿になった。

皐「桐…!」
     
そして隠し扉を閉めたその時だった。突然空間が開きだし、その開いた空間からパンスト兵たちが現れた。
                               
棗「え…!?何!?あの穴は!?」

皐「そんな…!まさか…!先回りか!?」

柚「いや…!皐ちゃん…!」
  
空間から現れたパンスト兵たちは容赦なくハイグレ光線を乱射させた。
 
棗「うわああああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

皐「ぐああああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

柚「いやあああああ!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

棗は水色、皐は紫色、柚は黄色のハイグレ姿になった。


任務が終わったハラマキレディースたちは、次のターゲットたちのいる所へと向かう

ハラマキレディースA「よし、行くわよ!!」B・C「「ラジャー!!」」

ハラマキレディースたちはその場から立ち去ると、ハイグレ人間にされた人たちは綺麗に並び、恥ずかしがったり抵抗しながらハイグレをしていた。
 
         『立ち位置』
八百比丘尼 機織りの少女 桐 柊 菖 礼 泡波
      棗 蓮 柚 皐 櫻 お菊    
  ←…ハラマキレディースたちが移動…

全員「「「「「ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!」」」」
* Re: 研究所でのハイグレシーン3 ( No.2 )
日時: 2018/02/06(火) 23:18:12 メンテ
名前: 名無しさん

アイドルマスター シンデレラガールズ U149でお願いします.

櫻井 桃華
古賀 小春
横山 千佳
橘 ありす
佐々木 千枝
結城 晴
赤城 みりあ
市原 仁奈
龍崎 薫
的場 梨沙
P
* Re: 研究所でのハイグレシーン3 ( No.3 )
日時: 2018/02/07(水) 00:59:12 メンテ
名前: ゾンバヌ

ハイスクールD×Dでお願いします。

男性キャラは主人公だけで、最後にヒロインと一緒に洗脳して下さい。

兵藤一誠
リアス・グレモリー
アーシア・アルジェント
姫島朱乃
紫藤イリナ
ゼノヴィア
塔城小猫
レイナーレ
グレイフィア・ルキフグス
セラフォルー・レビアタン
* Re: 研究所でのハイグレシーン3 ( No.4 )
日時: 2018/02/07(水) 04:57:19 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

リクはまだ行っていません
* Re: 研究所でのハイグレシーン3 ( No.5 )
日時: 2018/02/09(金) 00:37:43 メンテ
名前: ゾンバヌ

え、そうだったんですか…

すみません、テッキリOKだと……
* Re: 研究所でのハイグレシーン3 ( No.6 )
日時: 2018/02/09(金) 08:21:41 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

Re:ゼロから始める異世界生活


エルザ「ふふふ…見破られたなら仕方ないわね…ハァ!」

エルザは服を脱ぎだすと、黒色のハイグレ姿になった。

メィリィ「ちょっとエルザ!?どうしちゃったの!?」

エルザ「いかにも…私はハラマキレディース様のスパイです!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

皆の前でハイグレポーズを決めるエルザにエミリアは…

エミリア「スバルの体操の時よりよくわからない動きね…!」

エルザ「ハァッ!」

ドゴォ!!「ぐぁッ!!」

エルザはフェルトを蹴り飛ばし、バリアを解除のレバーを引いた。

エルザ「バリア解除!」

天井から穴が開き、ハラマキレディースとパンスト兵たちが登場した。

ハラマキレディース「「「ハラマキレディース!参上!!」」」

レム「新手の魔女教徒…!?」

ラム「この世にバルス以上の変人がいたのね…!」

ハラマキレディース「さぁ、全員ハイグレ姿にしておしまい!!」

パンスト兵たちがハイグレ銃を乱射した。
 
             
プリシラ「なあああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」
  
プリシラは赤茶色のハイグレ姿になった。

メィリィ「いやああああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

メィリィは紺色のハイグレ姿になった。

フレデリカ「いけませんわ!ラム!エミリア様だけでも助けないと…!」

ラム「わかったわ…!」
   

クルシュ「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

フェルト「うわあああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

クルシュは青色、フェルトは黄色のハイグレ姿になった。

アナスタシア「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

ミミ「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」
  
続いてアナスタシアは薄紫色、ミミは白色のハイグレ姿になった。


ハイグレ姿になった女性たちの横を通り過ぎると…
                                                            
ラム「こっちよ!」

ベアトリス「あああああああ!!!」
                
ペトラ「きゃああああああ!!!」

エミリア「ベアトリス!!」

レム「ペトラ!!」

ベアトリス「こ…これしきの魔法…!うぅ…!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

ペトラ「い…いやだ…!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

ベアトリスは紅色、ペトラは赤色のハイグレ姿になった。 

ラム「急いで!早くしないと私達たちもやられるわよ!」

ラムとエミリアとレムが隠し部屋に入っていくと… 
 
フレデリカ「急いで下さい…!きゃあああああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」
             
フレデリカは黒色のハイグレ姿になった。

ラム「くっ…!」

そして隠し扉を閉めたその時だった。突然空間が開きだし、その開いた空間からパンスト兵たちが現れた。
                               
ラム「なっ!?あの空間からも!?」

レム「こんなことなら…スバル君に私の水着姿見せてあげたいです…」

エミリア「いやよ!あんな恥ずかしい姿になりたく…っ!」

空間から現れたパンスト兵たちは容赦なくハイグレ光線を乱射させた。
 
ラム「うあああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

レム「きゃあああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

エミリア「いやあああああ!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

ラムはピンク色、レムは水色、エミリアは白色のハイグレ姿になった。


任務が終わったハラマキレディースたちは、次のターゲットたちのいる所へと向かう

ハラマキレディースA「よし、行くわよ!!」B・C「「ラジャー!!」」

ハラマキレディースたちはその場から立ち去ると、ハイグレ人間にされた人たちは綺麗に並び、恥ずかしがったり抵抗しながらハイグレをしていた。
 
              『立ち位置』
プリシラ クルシュ フェルト エミリア アナスタシア フレデリカ エルザ
     ペトラ レム ラム ベアトリス ミミ メィリィ     
   …ハラマキレディースたちが移動…→

全員「「「「「ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!」」」」
* Re: 研究所でのハイグレシーン3 ( No.7 )
日時: 2018/03/20(火) 08:56:28 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

りゅうおうのおしごと!

釈迦堂 里奈「ふふふ…見破られたなら仕方ない…ハァ!」

里奈は服を脱ぎだすと、黒色のハイグレ姿になった。

空銀子「ちょっと師匠!?何を!?」

釈迦堂 里奈「いかにも…私はハラマキレディース様のスパイさ!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

皆の前でハイグレポーズを決める里奈に銀子は…

空銀子「あの年になって哀れな…」

里奈「ハァッ!」

ドゴォ!!「うわあッ!!」

里奈は昌を蹴り飛ばし、バリアを解除のレバーを引いた。

釈迦堂 里奈「バリア解除!」

天井から穴が開き、ハラマキレディースとパンスト兵たちが登場した。

ハラマキレディース「「「ハラマキレディース!参上!!」」」

雛鶴 あい「ひぃ!?何だか怖いです…!」

夜叉神 天衣「いや…!みんな逃げなきゃ…!」

ハラマキレディース「さぁ、全員ハイグレ姿にしておしまい!!」

パンスト兵たちがハイグレ銃を乱射した。

             
祭神 雷鹿「なあああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」
  
雷鹿は黄色のハイグレ姿になった。

鹿路庭 珠代「いやああああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

珠代はピンク色のハイグレ姿になった。

清滝 桂香「いけないわ!銀子ちゃん!あいちゃんだけでも助けないと…!」

空銀子「わかりました!」
   

シャルロット「はいぐれ!はいぐれ!はいぐれ!」

水越 澪「うわあああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

シャルロットはレモン色、澪は赤色のハイグレ姿になった。

生石 飛鳥「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

貞任 綾乃「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」
  
続いて飛鳥は藍色、綾乃は緑色のハイグレ姿になった。


赤色のハイグレ姿になった月夜見坂 燎と、萌黄色のハイグレ姿になった供御飯 万智たちの横を通り過ぎると…
                                                            
空銀子「こっちよ!」

池田 晶「うあああああああ!!!」
                
夜叉神 天衣「アキラ!!」

雛鶴 あい「アキラさん!!」

池田 晶「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

昌は黒色のハイグレ姿になった。 

空銀子「急いで!早くしないと私達たちもやられるわよ!」

銀子とあいと天依が隠し部屋に入っていくと… 
 
清滝 桂香「早く逃げて!きゃあああああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」
             
桂香は黄緑色のハイグレ姿になった。

空銀子「桂香さん…」

そして隠し扉を閉めたその時だった。突然空間が開きだし、その開いた空間からパンスト兵たちが現れた。
                            
空 銀子「なっ!?なにあの空間…!?」

夜叉神 天衣「いやよ!あんな恥ずかしい姿になりたくないっ!」

雛鶴 あい「ししょー…!た、助けて…!」

空間から現れたパンスト兵たちは容赦なくハイグレ光線を乱射させた。
 
空 銀子「あああああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

夜叉神 天衣「いやあああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

雛鶴 あい「きゃあああああ!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

銀子は紺色、天衣は赤色、あいは青色のハイグレ姿になった。


任務が終わったハラマキレディースたちは、次のターゲットたちのいる所へと向かう

ハラマキレディースA「よし、行くわよ!!」B・C「「ラジャー!!」」

ハラマキレディースたちはその場から立ち去ると、ハイグレ人間にされた人たちは綺麗に並び、恥ずかしがったり抵抗しながらハイグレをしていた。
 
              『立ち位置』
月夜見坂 燎 供御飯 万智 池田 晶 清滝 桂香 祭神 雷鹿 鹿路庭 珠代 釈迦堂 里奈
 水越 澪 貞任 綾乃 空 銀子 雛鶴 あい 夜叉神 天衣 シャルロット 生石 飛鳥     
   …ハラマキレディースたちが移動…→

全員「「「「「ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!」」」」
* Re: 研究所でのハイグレシーン3 ( No.8 )
日時: 2018/03/22(木) 14:58:37 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

刀使ノ巫女

空間が開き、その中から3人のハイグレ人間たちが現れる。

黒色のハイグレ姿の折神 紫、薔薇色のハイグレ姿の高津 雪那、白色のハイグレ姿の皐月 夜見だった。

ハイグレレディース「「「ハイグレレディース!参上!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」」」

ハイグレポーズをしていると、空間からパンスト兵たちが現れる…

折神 紫「さぁ、全員ハイグレ姿にしておしまいだ!」

パンスト兵たちはハイグレ銃を乱射した。

      
折紙 朱音「きゃああああああ!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

朱音は白色のハイグレ姿になった。

恩田 累「うああああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

累は黄色のハイグレ姿になった。

古波蔵 エレン「マズイです…!!カナミさんだけでも助けるよ!」

十条 姫和「わかった…!」


獅童 真希「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

此花 寿々花「やあああああ!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

真希は黒色、寿々花は赤紫色のハイグレ姿になった。

羽島 江麻「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」
 
燕 結芽「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」
     
続いて江麻は薄紫色、結芽はピンク色のハイグレ姿になった。

エンジ色のハイグレ姿になった五條 いろはと、レモン色のハイグレ姿になった真庭 紗南の横を通り過ぎると…
                                         
十条 姫和「こっちだ!」
          
益子 薫「うあああああ…!!」

糸見 沙耶香「ああああああ…!!!」

衛藤 可奈美「薫ちゃん!」

柳瀬 舞衣「沙耶香ちゃん!」

益子 薫「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

糸見 沙耶香「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

薫はオレンジ色、沙耶香は水色のハイグレ姿になった。 
   
十条 姫和「急げ…!早くしないとやられる!」

姫和と可奈美と舞衣が隠し部屋に入っていくと… 

古波蔵 エレン「早く逃げるデス…!うひゃあああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

エレンは紅色のハイグレ姿になった。
    
十条 姫和「すまない…」

そして隠し扉を閉めたその時だった。突然空間が開きだし、その開いた空間からパンスト兵たちが現れた。
             
柳瀬 舞衣「え…!?何あの空間は…!?」
    
十条 姫和「くそっ!ここにも新手か!」

衛藤 可奈美「そんな…!もう逃げ道もないのに…!」

空間から現れたパンスト兵たちは容赦なくハイグレ光線を乱射させた。

柳瀬 舞衣「いやあああああ!!ハイグレ、ハイグレ、ハイグレ」

十条 姫和「ぐあああああ!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

衛藤 可奈美「きゃあああああ!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

舞衣は桃色、姫和は緑色、可奈美は赤色のハイグレ姿になった。


任務が終わったハラマキレディースたちは、次のターゲットたちのいる所へと向かう

ハラマキレディースA「よし、行くわよ!!」B・C「「ラジャー!!」」

ハラマキレディースたちはその場から立ち去ると、ハイグレ人間にされた人たちは綺麗に並び、恥ずかしがったり抵抗しながらハイグレをしていた。
 
               『立ち位置』
羽島 江麻 五條 いろは 真庭 紗南 獅童 真希 此花 寿々花 恩田 累 折紙 朱音 高津 雪那 折神 紫
  皐月 夜見 糸見 沙耶香 柳瀬 舞衣 衛藤 可奈美 十条 姫和 益子 薫 古波蔵 エレン 燕 結芽 
            
…ハラマキレディースたちが移動…→

全員「「「「「ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!」」」」
* Re: 研究所でのハイグレシーン3 ( No.9 )
日時: 2018/03/29(木) 08:04:57 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

デスマーチからはじまる異世界狂想曲

空間が開き、その中から3人のハイグレ人間たちが現れる。

黒色のハイグレ姿のイオナ、緑色のハイグレ姿のリリオ、赤色のハイグレ姿のルゥだった。

ハイグレレディース「「「ハイグレレディース!参上!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」」」

ハイグレポーズをしていると、空間からパンスト兵たちが現れる…

イオナ「さぁ、全員ハイグレ姿にしておしまい!」

パンスト兵たちはハイグレ銃を乱射した。
  
      
オーナ「あああああああ!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

オーナは薔薇色のハイグレ姿になった。

ユニ「いやあああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

ユニはピンク色のハイグレ姿になった。

ナナ「いけません…!アリサさん!ゼナさんだけでも助けてください!」

アリサ「わかったわ…!」

 
ミーア「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

ルル「いやあああああ!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

ミーアは青緑色、ルルは白色のハイグレ姿になった。

マーサ「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」
 
ナディ「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」
     
続いてマーサは黄色、ナディは薄紫色のハイグレ姿になった。

ハイグレ姿になった女性たちの横を通り過ぎると…
                                         
アリサ「こっちよ!」
          
ポチ「うあああああ!!」

タマ「やあああああ!!!」

ゼナ「ポチちゃん!」

リザ「タマ!」

ポチ「い、いやだぁ…!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

タマ「助けて…!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

ポチは青色、タマは黄緑色のハイグレ姿になった。 
   
アリサ「急いで…!みんなを助けるためにもここにいてはいけないわ!」

アリサとゼナとリザが隠し部屋に入っていくと… 

ナナ「早く逃げて下さい…!ああああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

ナナは赤紫色のハイグレ姿になった。
   
アリサ「ナナ…」

そして隠し扉を閉めたその時だった。突然空間が開きだし、その開いた空間からパンスト兵たちが現れた。
             
アリサ「え…!?何あの空間は…!?」
    
リザ「ここにも新手が…!」

ゼナ「そんな…!サトゥーさん…!助けて…!」

空間から現れたパンスト兵たちは容赦なくハイグレ光線を乱射させた。

アリサ「いやあああああ!!い、いやよ…!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

リザ「うあああああ!!ご主人様…!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

ゼナ「きゃあああああ!!サトゥーさん…ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

アリサは紫色、リザは紅色、ゼナは真珠色のハイグレ姿になった。


任務が終わったハラマキレディースたちは、次のターゲットたちのいる所へと向かう

ハラマキレディースA「よし、行くわよ!!」B・C「「ラジャー!!」」

ハラマキレディースたちはその場から立ち去ると、ハイグレ人間にされた人たちは綺麗に並び、恥ずかしがったり抵抗しながらハイグレをしていた。
 
          『立ち位置』
ナディ オーナ ナナ ゼナ リザ イオナ リリオ ルゥ
 ユニ ポチ タマ アリサ ミーア マーサ ルル  
            
…ハラマキレディースたちが移動…→

全員「「「「「ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!」」」」
* Re: 研究所でのハイグレシーン3 ( No.10 )
日時: 2018/03/29(木) 08:36:10 メンテ
名前: 名無し

リクエストは、出来ませんよね?
* Re: 研究所でのハイグレシーン3 ( No.11 )
日時: 2018/03/29(木) 09:39:56 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

リクエストは、行っておりません
* Re: 研究所でのハイグレシーン3 ( No.12 )
日時: 2018/03/30(金) 10:06:25 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

宇宙よりも遠い場所

高橋 めぐみ「ふふふ…見破られたなら仕方ないわね…ハァ!」

めぐみは服を脱ぎだすと、緑色のハイグレ姿になった。

玉木 マリ「ちょっと!?めぐっちゃん!?」

高橋 めぐみ「いかにも…私はハラマキレディース様のスパイよ!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

皆の前でハイグレポーズを決めるめぐみにマリは…

玉木マリ「めぐっちゃん…!あのめぐっちゃんが…」

高橋めぐみ「ハァッ!」

ドゴォ!!「わあッ!!」

めぐみは日向を蹴り飛ばし、バリアを解除のレバーを引いた。

高橋めぐみ「バリア解除!」

天井から穴が開き、ハラマキレディースとパンスト兵たちが登場した。

ハラマキレディース「「「ハラマキレディース!参上!!」」」

三宅 日向「何て可哀そうな奴らなんだ!」

白石 結月「何て恐ろしいでしょ!」
 
ハラマキレディース「さぁ、全員ハイグレ姿にしておしまい!!」

パンスト兵たちがハイグレ銃を乱射した。

             
白石 民子「きゃあああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」
  
民子は白色のハイグレ姿になった。

轟 信恵「いやああああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

信恵は灰色のハイグレ姿になった。

藤堂 吟「いけない!報瀬!玉木だけでも助けないと…!」

小淵沢 報瀬「はい!」
   

前川 かなえ「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

鮫島 弓子「うわあああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

かなえはピンク色、弓子は黄色のハイグレ姿になった。

佐々木 夢「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

安本 保奈美「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」
  
続いて夢は萌黄色、保奈美は薄紫色のハイグレ姿になった。

ハイグレ姿になった女性隊員たちの横を通り過ぎると…
                                                            
小淵沢 報瀬「こっち!」
        
玉木 リン「あああああああ!!!」

白石 結月「いやあああああ!!!」
               
玉木マリ「リンちゃん!!」

三宅 日向「結月!!」

玉木 リン「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

白石 結月「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

リンは紺色、結月は水色のハイグレ姿になった。 

小淵沢 報瀬「急いで!早くしないと私達たちもやられるわよ!」

報瀬とマリと日向が隠し部屋に入っていくと… 
 
藤堂 吟「後は任せた…うわあああああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」
             
吟は黒色のハイグレ姿になった。

小淵沢 報瀬「藤堂さん…」

そして隠し扉を閉めたその時だった。突然空間が開きだし、その開いた空間からパンスト兵たちが現れた。
                            
小淵沢 報瀬「なっ!?なにあの空間…!?いやああああ!!!私たちももうらめぇ!!!」

三宅 日向「うぅぅ…恥ずかしいけど…みんなを見捨てるよりかはマシか…!」

玉木 マリ「みんな…!私も今からそこへ向かうね…!」

空間から現れたパンスト兵たちは容赦なくハイグレ光線を乱射させた。
 
小淵沢 報瀬「いやあああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

三宅 日向「うあああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

玉木 マリ「ふわあああああ!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

報瀬は赤色、日向は黄緑色、マリはオレンジ色のハイグレ姿になった。


任務が終わったハラマキレディースたちは、次のターゲットたちのいる所へと向かう

ハラマキレディースA「よし、行くわよ!!」B・C「「ラジャー!!」」

ハラマキレディースたちはその場から立ち去ると、ハイグレ人間にされた人たちは綺麗に並び、恥ずかしがったり抵抗しながらハイグレをしていた。
 
              『立ち位置』
白石 民子 藤堂 吟 前川 かなえ 鮫島 弓子 佐々木 夢 安本 保奈美 高橋 めぐみ
   轟 信恵 白石 結月 玉木 マリ 小淵沢 報瀬 三宅 日向 玉木 リン    
   …ハラマキレディースたちが移動…→

全員「「「「「ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!」」」」
Page: [1] [2] [3] [4] [5]
 
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP
題名 スレッドをトップへソート
名前
添付FILE 文章合計600Kbyteまで
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

※必須

   クッキー保存