window
* スレッドのサイズ上限が近づいています。このスレッドはまもなく書込みができなくなります。
 
トップページ > 記事閲覧
* 様々なハイグレ人間の誕生4

日時: 2018/04/12(木) 23:29:41 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

第3弾は過去ログへ行ってしまいましたので、
ここで第4弾として書いていきます!
 
Page: [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15]
* Re: 様々なハイグレ人間の誕生4 ( No.18 )
日時: 2018/05/11(金) 09:47:41 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

アラサーアイドルたちのハイグレレズ

ある珍しい組み合わせが揃って、とある生中継番組をすることになっていた。

そのメンバーは、乃木坂46の白石麻衣、松村沙友理、新内眞衣、PASSPO☆の根岸愛、i☆Risの山北早紀、スフィアの豊崎愛生、

prediaの沢口けいこSUPER☆GiRLSの志村理佳で、そのメンバーたちは現在、控室でくつろいでいた。

白石麻衣「まさかこんな組み合わせなんてね…」

松村沙友理「いいじゃない!たまにはこういう変わった組み合わせも!」

新内眞衣「くかー…くかー…」

根岸愛「でも、一体どんな番組になっちゃうんだろ?」

山北早紀「どうせなら、もう少し刺激的なこともやりたいかも…!」

豊崎愛生「うん、うん、でも私としては…エッチなこともしたいかも…」

沢口けいこ「お色気番組ね!いいかも!今の時代そういうのが少ないし、たまにはいいかもね!」

志村理佳「だったら、こういうエッチを語り合うY談とかいいかも!!」

大胆な会話を結構遠慮なしに話し合う者達や、それを聞いてもあまり気にしない者達もいる。

昔だったら恥ずかしがったりするような反応を示す若い時期があったが、彼女たちは既に大の大人であり、

そういうことにも興味を抱く者が多かった。

そんな会話の中、ドアが開いて、パンスト兵が入ってくる。

一同は注目すると、パンスト兵は、「こちらです」と、誘導する仕草を見せる。

どこかのお笑い芸人のちょっとしたお茶目なやり方なのだと思い、一同は案内人のパンスト兵について行く。

しばらくしてから、とある部屋の前に辿り着いたその時、突然多くのパンスト兵たちが現れ、彼女たちを羽交い絞めにする。

沢口けいこ「え!?ちょ、ちょっと…!!」

豊崎愛生「な、何ですか!?んぐっ!!」

白石麻衣「んぐぐ…!!ごぼぉ…!」

彼女たちはパンスト兵が嫌がる彼女たちに絶頂に達するとハイグレ人間に変わる薬を無理矢理飲ませると、

その薬はとっても不味かった

松村沙友里「あ…ああぁぁぁ!!!まずいぃぃ!!」

志村理佳「おえぇ!!何を入れたの…!?」

山北早希「は、吐きそう…!」

あまりの薬の不味さに苦しむ彼女たちは、とある部屋に閉じ込められ、どうにか出る方法を探そうとしていた。

一方、この部屋の中はのぞき部屋の要領で、生中継を行っている。


根岸愛「ねぇ!どうにかここから出られないの…!?」

豊崎愛生「出口も窓もないこの部屋…確実ね…」

沢口けいこ「エッチしなきゃ出られない的な?」

志村理佳「さっきの不味い薬といい、そして閉じ込められた部屋…ってことはこの後は…あ…」

理佳は何かに気付いた。催淫ガスが部屋に炊かれ、彼女たちはそのガスに包まれてしまう。

一気にガスによって淫乱になってしまった彼女たちは、身体中が熱くなっていき、もはや我慢できなくなってしまった。


彼女たちはそれぞれと唇を合わせる。 それもずっとずっと長いキス。 お互いの匂いと感触を確認し合う。

松村沙友理「んむ…!んむ…」

新内眞衣「ちゅぱ、ちゅ、んー…!」

それが何分かたった後、沙友里の口内に何か生暖かいものが侵入してくる。

松村沙友里 「むぅ!?」

沙友里はボーっとしていたようで、突然のことに驚いていた。

眞衣はそんな沙友里を気に留める様子もなく、沙友里の口内を暴れ回った。

新内眞衣「んはっ、ちゅぅ…ぷちゅ…ちゃぷ…んふぅ…」

松村沙友理「はぁん…むちゅ…くちゅ…ちゅ…ちゅ…」

淫らな水音が彼女たちの耳によく聞こえる。 お互いの舌と指を絡ませ、 二人はゆっくりと唇を離す。その後には

二人を繋ぐ透明な糸が架かっていた。

根岸愛「ふふふ…ディープキス上手になったね」

山北早紀「初めてのディープキスがこんな形なんて…

愛はそう言いながら早希の服を脱がしにかかる。 肌蹴た肌からかがみの胸が見え隠れする。
愛は肌蹴た胸を優しく愛撫したり、

先端を親指と人差し指で捻るようにこねたりする。 愛の指の動きが快楽となって早希に伝わる。

早希はその声を押し殺そうとするが、どうしても口から漏れる甘い喘ぎ声。

山北早希「んんっ…んくぅ…ん…」

根岸愛 「早希、我慢しなくていいんだよ…?」

山北早希 「だってぇ…」

早希が絞って出した声は弱弱しく、情けなかった。

愛は乳房の乳輪にそって舌先で円を描くように舐めた。

ゆっくりと舌を動かすから、かがみにとっては少し切ない。

山北早希 「ねぇ…焦らさないでよぉ……」

根岸愛 「ふふっ…早希もやっと自分から求めるようになったんだね」

山北早希 「うぅ―――……」

早希は愛に返す言葉が無いらしく、唇を尖がらせて唸っている。


二人のやり取りの中、豊崎愛生と沢口けいこの二人もお互いに抱き合っている状態だった。

まず、愛生の舌はけいこの乳首の円の中心に到達し、舌先で転がすように弄くる。
転がすたびにとどめない快楽がけいこを襲う。

けいこは今回の刺激を押し殺そうとはしなかった。

沢口けいこ 「ふぁっ!ああっ・・・ひゃうっ!」

口に含んだ乳首を玩具のように弄ぶ。

愛生の舌で転がされるたびに硬度は増していった。

豊崎愛生 「ん…もう結構してるけど、結婚感じやすいのね」

沢口けいこ 「や…やぁ…分かりきったこと言わないでぇ…」

けいこも自分が感じやすい自覚はあるらしい。

もうけいこの目は虚ろで、ぼやけた瞳で愛生を見つめて吐息を吐く。

豊崎愛生 「けいこ…なんか色っぽいよ、その表情、私も興奮してきちゃった…」

愛生は自分の服を脱ぎ捨てると、けいこの少し残っていた衣服も取り払った。

豊崎愛生 「さて、続きだよ」

愛生はけいこの肌を愛撫し始める。

その愛撫する手はだんだん下半身のほうへと移動し、残しておいた秘所に愛生が触れようとする。

が、けいこが恥ずかしさのあまり少し抵抗した。

沢口けいこ「や、やだぁ…恥ずかしいの…」

豊崎愛生「まぁそうだろうけどさ、こんなに濡らしといてそれはないよね?本当は触れてほしいんじゃない?」

沢口けいこ 「そ、そんなこと…」

豊崎愛生「ふーん、じゃあこれで終わりにしようか?」

沢口けいこ「え!?そ…それは…いやっ…」

豊崎愛生「じゃあ…触れてもいいね?」

沢口けいこ「…………」

けいこは羞恥心と戦っているようだ。 愛生がけいこの返事を待ちどうしそうに待っている。

沢口けいこ 「…………ょ」

けいこが何か言ったようだが照れと声の小ささでよく聞こえない。

豊崎愛生「ん?何?」

沢口けいこ「いいよって言ったのよぉ…は、早く触ってよ……もう限界みたいなのぉ…」

けいこの顔は恐ろしく赤く染まっていた。

けいこの言葉を聞き取った愛生は意地悪そうにニヤッと笑い、けいこをまじまじと見つめた。
* Re: 様々なハイグレ人間の誕生4 ( No.19 )
日時: 2018/05/11(金) 09:50:55 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

豊崎愛生 「うんうん、少しは正直にならないとね、じゃあ、触ってあげるよ」

愛生はけいここの秘唇に指を宛がい、好き勝手に愛撫する。


一方、既に取り残されている白石麻衣と志村理佳の二人も、既に全裸になって抱き合っていると、理佳は強弱や出し入れなどの

テクニックをしっかりと使いこなし、麻衣に刺激を与える。

白石麻衣 「ふっくあぁ!ひぁぅ!ふぁ、はぁああぁんっ!り、りかぁ…」

ときどき理佳がいじるクリトリスは、激しい快楽を麻衣に与え、背を仰け反らせて痺れてしまう。

白石麻衣 「ひっくあぁ!!そこは…ダメぇ…」

志村理佳 「麻衣って敏感だよね…少しくらいは耐性がつかないと、タチの悪い大人に悪い事されちゃうよ?」

白石麻衣「そ、そんなぁ〜」

理佳はニヤっとした。

志村理佳「こういう麻衣ってすっごくかわいいよ」

白石麻衣「へ?」

理佳は麻衣にキスをした。 舌を絡め合わせ、お互いを感じ取る。

志村理佳「ちゅる、ちゅぴ、ぷちゅっ…ちゅ、ちゅぱ…」

理佳はいつの間にか麻衣に馬乗りになっていた。 そして自分の濡れぼそった秘所を麻衣のと合わせた。いわゆる、貝合わせ。

二人の理性はどこか別の場所へ行ってしまったようだ。

白石麻衣 「あああっ!はぁ、はああ、ひぁ、ひゃ、き、きもちいいよぉ…理佳ぁ…」

志村理佳 「んはぁっ!ひゃんっ、ま、まいぃ…」

もう何も考えられず、わずかに残った思考で喘ぎ声を上げる。

快楽を求め、二人の動きはさらに激しくなる。

白石麻衣 「は、はぁ…理佳ぁ、なんか、体の奥からぁ…きちゃうっ・・・」

志村理佳 「ふ、ふぅ、麻衣、わたしもだからっ、一緒に…」

その感覚は動くたびに近くなっていった。 そしてもう皆は限界だった。

白石麻衣 「ああっ、ふぁあっ、り、りかぁ!!」

志村理佳 「はあぁっ、くああぁ、ま、まいぃっ!!」

二人は大きな喘ぎ声を残した後、力なくぐったり倒れこんだ。 部屋の中は二人の匂いでいっぱいになっていた。

他のアラサーのアイドルたちもぐったり状態になり、全裸で倒れこんでいた。

この光景を既に映像で流されていることも知らずに…

すると、ようやくパンスト兵たちに飲まされた薬の効果が発動して、皆がハイグレ姿になった。

白石麻衣は青色、松村沙友理は黄色、新内眞衣は白色、根岸愛は黒色、山北早紀は紺色、 豊崎愛生は赤色、

沢口けいこは緑色、志村理佳はピンク色のハイグレ姿になった。


白石麻衣「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!あぁぁ…!!ハイグレ気持ちいい…!!」

松村沙友理「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ああぁぁん!!さっきまで気持ち良くしてたのに…余計に…!!」

新内眞衣「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ふわぁん!!胸がぁ…股間にもぉ…!引き締まってくりゅぅ…!!」

根岸愛「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!あっはぁん!!もうどうでもいいや…!ハイグレがしたくて溜まらないぃ…!!」

山北早紀「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!もう…こんな素晴らしい企画を黙っていたなんてぇ…!いじわるぅ…!」

豊崎愛生「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!あははは…!!もうずっとこのままでいいやぁ!!あはは!!」

沢口けいこ「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!もうこのまま肉棒を私の中に入れて欲しいわぁ…」

志村理佳「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!だめぇ…!!イッちゃう…!!ハイグレをしただけでイッちゃうよぉ!!!」

「「「「「「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」」」」」」

アラサーのアイドルたちは、ハイグレによって更なる快楽を味わうこととなり、勿論その光景を、映像で撮っている訳であり、

視聴率はマックスとなった。

そして…

白石麻衣「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!もっとぉ…しよぉうよぉ…」

既に変態になった麻衣に、愛生は麻衣の背後に忍び寄った途端、突然麻衣の胸を揉みだしてきた。

白石麻衣「うわ!?なにをしているの…!?」

突然胸を揉まれた麻衣は愛生を振り切ろうとすると、愛生は麻衣の胸を弄りだしながら耳元で…

豊崎愛生「白石さん…さっきのイきそうな顔可愛かったよ…?もっと見せて…!」

顔を赤くしながら上目遣いで言う愛生は、麻衣の返事を聞かずに揉んできた。

白石麻衣「そ…その…痛くしないでね…?」

麻衣はそう求めるように言いながら、愛生に胸を揉まれながらハイグレを続けた。

白石麻衣「ハイグレ!ハイグレ!んん…ハイグレ!ハァン!ハイグレ…!」

麻衣はハイグレをしていると、愛生は乳首をクリクリと弄り、胸もモミモミと揉んでいた。

豊崎愛生「麻衣ちゃん…前より胸大きくなったよね…?いいなぁ…」

何でそんなことを知っているのかは謎だが、愛生は勢いが止まらなく、麻衣の胸を執拗以上に弄りまくると…

白石麻衣「ハイグレェ!い、いくぅ…!!ハイグレェ!だ、だめ…!!それ以上は…!!あああああああ!!!」

麻衣はイってしまった…それも胸だけで絶頂したのだった…

白石麻衣「そんな…胸だけでイってしまうなんて…んはぁ!?」

麻衣は突然喘ぎ声を出すと、今度は沙友里が跨って来る。

松村沙友里「麻衣…!!今のイった顔可愛かったよ…!!もっと見せてぇ!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!」

半分狂っているような目でハイグレをしながら、自分の股間で麻衣の股間を勢いよく擦り付ける。

白石麻衣「さ、沙友里!!お、落ち着いて…!!目が怖い…ふわあぁぁ!!ハイグレェ!!ハイグレェ!!ハイグレェ!!」

沙友里の激しいハイグレ攻めに、麻衣はこの後2〜3回イってしまったようだ…

更にそこから何故か麻衣が集中狙いされ、ふたなり器具を付けている新内眞衣と根岸愛の二人が、麻衣にハイグレ攻めを

行っていた。眞衣は前からふたなり器具を麻衣に銜えさせながらハイグレをしていて、愛は後ろから麻衣をレイプしながら

ハイグレをしていた。

新内眞衣「あはぁ!!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレェ!!これいいわ!!」

白石麻衣「んぐぅ…!!ふぁいぐれ…!!ふぁいぐれ…!!んご…!!ふぁいぐれ…ふぁい…ぐれ…!!」

根岸愛「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!女同士ではありえない光景ね…!」

白石麻衣「ふぁいぐれ…!!ふぁいぐれ…!!ふぁいぐれ…!!ふぁいぐれ…!!」

麻衣は同時からのからの快楽で、目が既にイッてしまっていた。

もはや幸せ過ぎて何も考えられないまま、他のメンバーたちからも愛撫されまくる麻衣…

後のこの映像は、人気コンテンツとなり大儲けとなったのは、言うまでもなかった…
* Re: 様々なハイグレ人間の誕生4 ( No.20 )
日時: 2018/05/13(日) 09:34:00 メンテ
名前: 左京大夫

相変わらずブラックさんはすごいな自分なんか今、スランプで坂道洗脳で平手書くのがやっとです。なんか書き方のコツであるのかな。
* Re: 様々なハイグレ人間の誕生4 ( No.21 )
日時: 2018/05/13(日) 19:17:53 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

新川優愛と大原櫻子のハイグレ襲撃

パンスト兵たちが街中を襲撃していき、次々と女性たちがハイグレ姿にされていく。

「「「「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」」」」

そんな中、新川優愛と大原櫻子の2人を狙って、他の若い女優やアイドルたちも巻き添えにされていた。

新垣結衣「きゃあああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

新垣結衣は黄色のハイグレ姿になった。

芦田愛菜「た、助けて…!いやあああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

芦田愛菜は黒色のハイグレ姿になった。

西井万理那「きゃあああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

東理紗「万理那!!いやああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

生ハムと焼うどんの二人組の万理那は赤色、理紗は青色のハイグレ姿になった。

若い女優やアイドルたちが巻き添えになっていき、とうとう優愛と櫻子にもハイグレ光線が命中する。

新川優愛・大原櫻子「「きゃああああああああああ!!!」」

二人もハイグレ光線が命中することで、衣服も下着も消えて行き、ハイレグ水着へと変わっていく。

新川優愛・大原櫻子「「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」」

優愛は白色、桜子は黒色のハイグレ姿になり、笑顔でハイグレをしている。

新川優愛「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレ最高!」

大原櫻子「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレ気持ちいいです!」

思ったよりも受け入れが早く洗脳されていった二人だった。
* Re: 様々なハイグレ人間の誕生4 ( No.22 )
日時: 2018/05/13(日) 19:24:02 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

>左京大夫さん
別にコツがある訳ではないですが、ちょっとずつ書くことじゃないですかね…?
最初はマネでもいいからとにかく書くことや、
自分が想像した世界をありのまま表現するというのもありだと思いますよ?
* Re: 様々なハイグレ人間の誕生4 ( No.23 )
日時: 2018/05/13(日) 19:53:53 メンテ
名前: 左京大夫

頑張ってみます。適切なアドバイスありがとうございます。リクエスト頑張って下さい。応援してます。
* Re: 様々なハイグレ人間の誕生4 ( No.24 )
日時: 2018/05/16(水) 19:18:40 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

ゆいかおりの地獄と絶望

ゆいかおりこと、小倉唯と石原夏織と上坂すみれと水瀬いのりの4人が、仕事帰りに通りかかった公園…

日の暮れた夕方というより夜と言った方がいいぐらいに暗くなった公園。 色々と仕事が忙しかったということで、

すぐに帰れる状態ではなかったためこんな時間に帰ることになったのだ。 公園の帰り道を歩いていたところ突然植え 込みから

物音が聞こえてきた。

ガサッ

人影がこちらに迫って来たと思った瞬間、茂みの中へ引きずり込まれた。

4人「!!!」

周りを見ると6人ほどのパンスト兵が囲んでおりうちの一人が唯の口を手で塞いでいた。助けを呼ぼうにも口を

塞がれている上ガッチリと体を固定されていた。

小倉唯(なにこの人達…!?)

石原夏織(生気を感じさせない…人じゃない…!?)

すると、パンスト兵たちが4人の胸に迫ってきた。

小倉唯 「や、やめてください!!」

石原夏織「ちょ!!やだぁ!!」

上坂すみれ「ひぃ…っ!!」

水瀬いのり「い、いやです…!」

パンスト兵「……」

すると、 頬に冷たい感触が当たった。瞬時にそれが何かを判断した4人はおとなしくせざるおえなかった。

手を下げたかと思ったらそのまま服の中に入れてきた。

そのまま胸まで手を上げ硬く―――は、なっていないが周りとは違う点を2つ、転がすように優しく弄る。

自分でも体を洗う時以外ほとんど触らない胸を知らない男に触られて鳥肌が立つ思いだった。

小倉唯 「っ……んっ…?……!!」

しかし、なんという事か鳥肌と一緒に少しづつではあるが胸の2つの頂点が立ってきたのだ。

石原夏織「!…なんで」

パンスト兵の手つきは神の手なのかは分らないが、とにかく愛撫が上手いのは確かだった。

上坂すみれ「…はん……んん……あっ」

水瀬いのり「あ…!んん……!ふあ…!あ…!」

そしてパンスト兵たちの手つきが気持ちいいと思う4人であった。

続けていくと4人の下着が染みのようなもので汚れていく。

スカートを捲くり下着の状態を確認した別のパンスト兵は、 タイツを脱ぎ、そそり立つ逸物を外気に晒した。

水瀬いのり 「ひっ!」

上坂すみれ「や…やだ…!」

小さい頃、父親と一緒に入ったお風呂の時以来のだがそのときとは全く違うものが生えいた。 それもかなりグロテスクなものだから、

小さな悲鳴を上げるしかなかった。

くちゅ…

逸物をいのりとすみれの入り口にあてがう、そして

上坂すみれ「やぁ、やだ…やめてぇっ」

水瀬いのり「は、初めてなの…!こんなのいやぁ…!」

 ぬちっ!

「!!!!」

パンスト兵たちの逸物がすみれといのりの中を一気に貫き、何の抵抗も無いかのように一瞬で最果てにたどり着いた。

上坂すみれ「いたい…イタイよぉ……」

水瀬いのり「あ…ああぁぁ…!」

ズッ…ズッ…ズッ・・・

まだしっかり濡れていないため肉が直接ぶつかる音が響く。が、次第にすみれといのりの入り口から染み出る愛液の量が増えてゆき、

淫らな液が泡立つ音が増えてゆく。

上坂すみれ「…た、助け…て…」

水瀬いのり 「あぁぁ…!あうぅ…!」

くちゅ……ぬちゅ……ぐちゅっ

二人の中を何度も出入りした逸物はそろそろ限界が迫ってきた。

―――そして

 ドビュゥゥゥ!!! ビュルッ!!

その途端、パンスト兵たちの逸物が膨らんだかと思ったその瞬間ゆたかの中に熱い何かが爆ぜて入ってきた。

上坂すみれ 「ああぁぁぁ!!!……あぁぁ」

水瀬いのり「ふわああああ!!!…うえぇぇ…!」

熱く何とも言えない異物感を感じながら、パンスト兵から激しいレイプをされた末に、二人はハイグレ人間に変えられてしまった。

上坂すみれ「ハイグレェ!ハイグレェ!ハイグレェ!ハイグレ人間上坂すみれ!転送完了しましたぁ!」

水瀬いのり「ハイグレェ!ハイグレェ!ハイグレェ!ハイグレ人間水瀬いのり…洗脳完了です!もっとしてください…!」

すみれは黄色、いのりは水色のハイグレ姿になってハイグレをすると、既に表情はアヘ顔になっていた。


悍ましい光景に恐怖する2人に、パンスト兵がまず唯を狙いますが、夏織が抵抗してパンスト兵から唯を守ろうとする。

石原夏織「このぉ!!」

しかし、抵抗虚しくパンスト兵に取り押さえられ、唯は夏織の目の前で服を破られて全裸にされてしまった。

小倉唯「い、いやああああああああ!!!」

唯は外の公園で、裸身を晒してしまうことなどこれっぽちも思わず、一気に赤面しながら顔を逸らす。

全裸にされた唯は、パンスト兵によって胸をもまれたり、割れ目に手を突っ込まれたりされている。

小倉唯「ひぐぅ…!ふあ…あ…!怖い…!怖いよぉ…!」

石原夏織「やめてぇ!!私の事はどうなってもいいから…唯だけはぁ!!」

夏織が、やめてと叫ぶも止まることはなく、唯も同じことをされると思いながら必死で叫ぶ夏織…

そして、パンスト兵の愛撫によって完全に抵抗するどころか、立っていられなくなるほど力が落ちた唯は、股間から

既に愛液が流れ出ていながらお尻を突き出すように腹這いになって倒れてしまった。

石原夏織「唯!!」

夏織を捕まえていたパンスト兵は、どういう訳か唯を離してあげた。

一瞬助かったのかと思いきや、それは束の間…

先程洗脳されたいのりとすみれが前に出てくると、唯はガクガクと痙攣したように震えた状態で、足が蟹股に開いた状態のまま

倒れていた。

そんな唯を、二人は解放してくれるのかと思いきや、手に何かを持っていた。

いのりの手にはふたなり器具、すみれの手には電マを持っていた。

その手に持っている物が何の意味かを察した夏織は、恐怖と同時に、唯の危機を感じ取った。

石原夏織「だめぇ!!それはだめぇ!!唯!!逃げてぇ!!二人とも目を覚まして!!やだあああ!!!唯ぃ!!!」

夏織の必死の叫びに、唯は若干正気に変わり、ふといのりとすみれに意識を感じ取ったが、その時は既に二人に捕まっている状態だった。
* Re: 様々なハイグレ人間の誕生4 ( No.25 )
日時: 2018/05/16(水) 19:22:38 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

小倉唯「ふえ…?な、なに…?二人と…も…?」

水瀬いのり「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!唯ちゃん…?今度は私たちの番ですよ…?」

上坂すみれ「唯ちゃんの痴態を見たらムラムラしちゃったからねぇ♪ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

小倉唯「え……?や…やだ…怖いよ…!」

唯は僅かに抵抗する力はあっても、ハイグレ人間と化した二人には無意味なものだった。

小倉唯「…ふっ、ん……っ!!」

唯の胸はいのりの手のひらにすっぽりと収まって、それだけで餌食になっていた。

唯の大事なところにはすみれが手や口を使って刺激していた。

すると、いのりが唯に話しかけた。

水瀬いのり「もう濡れてきてるよ…?」

唯の大事なところを刺激していたいのりが言う。

上坂すみれ 「代わって?私が最初にやりたい!」

水瀬いのり 「はいはい、それじゃ私はこの電マを使って…」

すみれは唯に対する手付きが 乱暴そうで、それでも実はやさしいすみれは、ふたなり器具で唯のオマ○コ弄りだす。

上坂すみれ「痛いかも知れないけど…我慢してね…?」

今まで見たこともない蠱惑的な笑みで言うすみれは、付けているふたなり器具を唯の入り口にあてがうと、

少しずつ挿入していった。

小倉唯「っ!…ぁ、あ゛あぁ」

処女の唯は破瓜の痛みに苦痛した。

しかしそんなのもつかの間、すぐすみれのふたなり器具に仕掛けられている愛液が溢れ気持ち良いぐらいになっていく。

ぐちゅっ、じゅぱ、ぐちゅ

小倉唯「はぁっ……あぁぁん……あぁっ!」

水瀬いのり「お次はこっちの番ね♪」

いのりは唯の挿入されている部分に電マを発動させた。

ブイィィィン!ブブブブブ!ビビビビビビ!

小倉唯「んぎぃぃぃ!!?ふわあああああ!!!」

すみれからのふたなり器具と、いのりからの電マによって、唯は今までキャラの声としてでも放ったことのなかった奇声を

上げながら、股間から愛液が噴水のように流れ出て来た。

小倉唯「ああ…!!ああぁぁぁぁあぁあ…!!!」

上坂すみれ「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ゆいちゃん!!ゆいちゃん!!」

パン!パン!パン!パン!

水瀬いのり「ふふふ…早漏れだけど、そこがまたいい…!」

上坂すみれ「唯ちゃん!!唯ちゃん!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!出る…出るよぉぉぉ!!」

ドクゥゥンッッ!!

小倉唯「あああぁぁっっ!!!」

ビュゥッ!…ビュッ

上坂すみれ「唯ちゃん…とっても良かったよ」

射精後の疲労感で絶え絶えのすみれ。しかし気分は非常にすっきりしていた。

小倉唯「あう…うぅぅ…」

パンスト兵にされた以上に激しいレイプや、レズをされ、唯はボロボロにされ、ぼろきれのように夏織に向かって投げ捨てられた。

石原夏織「そんな…嘘よ…唯…」

小倉唯「か……お…り…」

唯は微かに開いた目で夏織を見つめると、涙を流しながらも、もはや身体を動かす気力すら見えなかった。

石原夏織「ごめん…ごめんね唯…助けられなくて…ごめん…私がいけなかったんだよね…?私が…ナイフで斬られても…

助けに行けたら…あ…あぁぁぁああ…!!!うあああぁぁぁあああぁあぁ!!!!唯いぃぃ!!!ごめんね!!ごめんね!!」

夏織は、レイプ目で虚ろになって、グッタリした唯を見て、守れなかったことを謝りながら号泣してしまった。

すると、気力を完全に失った夏織は、抵抗する気もなくパンスト兵から服を脱がされていくと、パンスト兵といのりとすみれから

レイプされていく。

パンスト兵たちが身体を押さえつけ、かおりから胸を揉まれたり、舐められたりされ、いのりからは先程のふたなり器具で

挿入されていた。

石原夏織「あっ、ああぁぁっ!!」

夏織の体が下に落ち、ずぶずぶと先ほど入れた精液を溢れさせながらくわえ込んでゆく。

水瀬いのり「ふふふ…なかなかの、締まり具合…」

腰…というよりも足を使い、体を上下させまるでスクワットのように夏織を責め上げていた。

上坂すみれ「後ろも入るかな〜」

夏織を愛撫していたすみれは、前戯も何も無く後ろの穴へと指を入れようとした。

しかし、小さすぎるためになかなか入らない。入れようとするたび夏織の口からは苦痛の声が漏れてくる。

繰り返していくうちに少しずつ入るようになり、今では二本の肉棒を咥えた夏織の姿が確認できるようになった。

石原夏織「あぁっ!ああぁっっ!!ああぁぁっ!!」

夏織は二つの穴からの刺激で狂うように嬌声を上げていた。

水瀬いのり「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!とっても可愛い声よ?」

石原夏織「っ……や、だ…私、たちを……たす…」

二つの口から白濁液を垂らしながらなおも懇願する。

水瀬いのり「そんな格好で助け求められても……逆にもっとやりたくなってしまった…」

木の幹へ押さえつけ

水瀬いのり「ハイグレ洗脳されちゃいなよ…?そうしたら、私達のように身も心も何もかもスッキリするから…」

と、宣言した直後に、いのりのふたなり器具は、更に中へ沈め前後へ動かす。

ずびゅ、ぐにゅ、ぬちゅ

石原夏織「はぁっ…あぁっ……ああぁっ」

唯のように、イってから余り間を空けず再開したために強い快楽が夏織を襲った…


―――……

唯と同じようにレイプされた夏織は、唯に重なるように投げ捨てられます。

完全に崩壊し、グッタリした2人は、新たにハイグレ人間としての人格を植えつけられて、凶悪な洗脳能力を持った ハイグレ人間に

改造されていた。

小倉唯「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレ人間小倉唯…洗脳完了しました…」

石原夏織「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!これからもハイグレ洗脳活動をさせていただきます…」

ピンク色のハイグレ姿になった唯と、緑色のハイグレ姿になった夏織は、無表情でレイプ目になりながらも、

忠誠を誓うハイグレ人間として誕生し、パンスト兵たちの手先となって活動することとなった。
* Re: 様々なハイグレ人間の誕生4 ( No.26 )
日時: 2018/05/18(金) 16:42:04 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

ファイヤーエムブレム、暁の女神のハイグレ

ベグニオン帝国軍に運悪く捕まってしまったミカヤは、もはや抵抗する術もなく身動きが取れなくなってしまった。

ミカヤ「うぅ…!」

自分は殺される…そう観念したミカヤだったが、ベグニオンの呪術師によってある禁断の魔術を掛けられてしまった。

ミカヤ「きゃああああああああ!!!」

ミカヤは封印されたとされた闇の魔術、『ハイグレ』という呪術に掛けられたミカヤは、着ている服がなくなり、

代わりに赤紫色のハイレグ水着を着ていた。その呪術はハイグレ人間へと変わってしまう…

ミカヤ「は…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!い、いや…!は、恥ずかしいです…!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ミカヤは恥ずかしそうにハイグレをすると、その水着から宿る闇の魔物、『ハイグレージョ』の呪いが掛かっていて、

ハイグレ姿にされたミカヤは速攻にその効果を発動させられ、ミカヤの心は、完全にハイグレージョのものとなった。

ミカヤ「ふふふふ…ようやく新しい体を手に入れましたか…しかもこれ程の麗しい女性…益々幸先がいいですね…」


ハイグレージョとなったミカヤは、次々と、女性陣をハイグレ姿に変えていった。

サナキ「うわあああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

サナキは赤色のハイグレ姿になった。

ユンヌ「あああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ユンヌは白色のハイグレ姿になった。

フリーダ「うわああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

イレース「きゃああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

フリーダは水色、イレースは紺色のハイグレ姿になった。

どんどんハイグレ姿にされていく女性人たち…

リィレ「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

レテ「リィレ!!わあああああああ!!!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

リィレは赤色、レテは黄緑色のハイグレ姿になった。

ニケ「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ルキノ「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ニケは青色、ルキノは紫色のハイグレ姿になった。

リアーネ「早く逃げて…!きゃああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ネフェニー「いや…!いやあああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

リアーネはオレンジ色、ネフェニーは白色のハイグレ姿になった。

ヘザー「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!くぅ!ダメ…!抵抗もできない…!」

ステラ「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!いや…!こ、こんなの…!」

ヘザーは紺色、ステラは青色のハイグレ姿になった。

カリル「あああああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ワユ「きゃああああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

カリルはピンク色、ワユは黒色のハイグレ姿になった。


とうとうミストとローラの二人だけになってしまい、ガタガタと恐怖によって震えていた。

圧倒的な力を持つミカヤに、もはや成す術どころか、逃げる術もないのだから…

ミカヤ「後はあなたたちだけね…っと、その前に…そこらにいる男の人達!彼女らはハイグレをすること以外は

抵抗もできないから、好きにしてもいいわよ!」」

男性たちはミカヤの言葉に応じる気もなく、敵として挑む…はずだったが、何かしらの催眠術にかかったかのように正気を失い、

女性陣たちに嫌らしいことをさせていた。

ネフェニー「ハイグレッ!い、いや…!ハイグレッ!やめて下さい…!ハイグレッ!ハイグレッ!」

リィレ「ハイグレッ!ハイグレッ!いやああああ!!!お姉ちゃん!!!ハイグレッ!ハイグレ!怖いよぉ!!」

ミト「ハイグレッ!ハイグレッ!やめろぉ!!リィレに手を出すなぁ!!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ワユ「ハイグレッ!ハイグレッ!やめて…!ハイグレッ!ハイグレッ!正気に戻って…!ハイグレッ!ハイグレッ!」

更に辱めを受ける彼女たちだが、徐々に快楽によって屈服させていった。

その光景を更に恐ろしく思ったミストとローラは、ミカヤによって捕えられてしまった…



その後、捕らえたミストとローラをハイグレ姿に変えていった。

ミスト「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!いやああ!!助けて…!!」

ローラ「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!み、見ないで…!恥ずかしい…!」

ミストは緑色、ローラは黄色のハイグレ姿になって、恥ずかしそうにハイグレポーズをしていた。

そんな二人の前に、ミカヤが魔法で快楽を与えた。

ミスト「んあああああ!!!ひぐぅ…!はいぐれ…!はいぐれ…はいぐれ…!」

ローラ「あっ…!!あああ…!!あう…!!はいぐれ…はいぐれ…はいぐれ…」

ミカヤに与えられた快楽魔法によって、二人はその快楽に堕ちてしまいながらハイグレをすると、そこでミカヤの指示によって

帝国の幹部の前でオナニーショーをさせた。

ピンク色の毒々しいライト照らされたステージに、煽情的で如何わしい雰囲気の音楽のリズムに合わせて、ミストとローラの二人は、

ステージの上のポールに引き締まった脚を絡ませ、初々しい感じのポールダンスだった。ポールの股間を押し付けて

騎乗位に見立ててイヤらしく腰をグラインドさせるときなど、恥ずかしさで火を噴きそうなほどであった。

ミスト「ハイグレ〜!ハイグレ〜!ハイグレ〜!いやああああ!!!もうやめてぇ!!!」

ローラ「ハイグレ〜!ハイグレ〜!ハイグレ〜!やああああん!!!股間がぁ!!擦れて…!」

二人は泣きながらも晒し者にされていく。

帝国は大盛り上がりのようだが、ミカヤのほうは少しつまらなそうにしていた。

ハイグレージョの力が強くなりすぎて、帝国はハイグレージョとハイグレ人間達に乗っ取られてしまっていたが、

ミカヤはまだ満たされていなかった。

ミカヤ「もっとこのハイグレの力を示したいわ…!そうだわ!『烈火の剣』や『聖魔の光石』の世界にいる人たちも

ハイグレの力を教えてさしあげます!!それでは!!」

メタ発言をするミカヤは、帝国から返事も聞かずに、すぐにその場…今いる世界から消えてしまった…


その後、ミカヤは烈火の剣、封印の剣、聖魔の光石の世界を侵略していった…

烈火の剣の世界では…

プリシラ「きゃあああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!あ、あなた…誰ですの…!?」

プリシラは黄緑色のハイグレ姿になった。

プリシラのあられもなく恐ろしい姿を目の当たりにした女性陣たち…

セーラ「あんな訳のわからない姿になるなんて嫌よ!!逃げるが勝ちってことも…!え…?」

逃げようとするセーラに、ミカヤが突然ハイグレ光線を放って命中させた。

セーラ「いやああああああ!!?…ひぃ!?い…いやよこんな…!!は、ハ…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

セーラは白色のハイグレ姿になって、悲痛な感じでコマネチをしている。

レベッカ「そんな…!?一瞬であんな姿に…!?はっ!いやああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

セーラに気を取られていたレベッカは、黄色のハイグレ姿になってハイグレポーズをしていた。

リンディス「レベッカ…!!あなた…一体何者なの…!?その娘の身体で何を…!!」

ミカヤ「私はハイグレレージョ…かつて魔導書によって封印されてしまった魔王の一人だった…だけど、

おかげでこの娘を取り込めたことで、やっと自由の身になれたのよ!!再びハイグレによって支配する時を…!!」

ファリナ「そんなことはさせない!!」

フィオーラ「私達ペガサス3姉妹でいくよ!!」

フロリーナ「覚悟っ!!」

リンディス「私もいくよ!」

ルイーズ「5人なら何とか…!」

ペガサス3姉妹にリンディスにルイーズと5人で掛かっていくが、ハイグレージョの強大な力を前にして、成す術もなかった。


ファリナ「はぁ…はぁ…これほどまでなんて…!」

フィオーラ「もう…魔力が…!」

リンディス「ダメ…諦めたら…!」

ミカヤ「もう終わりなの…?だったら今度はこっちから行かせてもらうわよ…ハイグレ光線!」

ミカヤの放ったハイグレ光線は、ルイーズに命中する。

ルイーズ「きゃあああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ルイーズはピンク色のハイグレ姿になった。

ミカヤ「次はあなたたちよ!」

ファリナ「うあああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

フィオーラ「あああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

フロリーナ「いやああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ファリナは青色、フィオーラは緑色、フロリーナは紫色のハイグレ姿になった。

ミカヤ「最後はあなたね♪」
* Re: 様々なハイグレ人間の誕生4 ( No.27 )
日時: 2018/05/18(金) 16:45:03 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

リンディス「うああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

リンディスは赤色のハイグレ姿になった。

ニニアン「た、大変…!!リンディスまで…!」

ニノ「わ、私達で何とかプリシラさんを元に戻しましょう!!」

ミカヤをハイグレージョから元の姿に戻そうとしたニニアンとニノだったが、ハイグレージョに勘付かれてしまい、

呆気なくハイグレ光線が命中する。

ニニアン「きゃあああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ニノ「いやああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ニニアンは白色、ニノは青緑色のハイグレ姿になってしまった。

こうして、彼女らは必死で抵抗しようにも、どうすることもできないまま、ハイグレ洗脳されてしまった。

「「「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」」」

ミカヤ「ふっふっふ…!あなたたちはそのままハイグレをしていなさい?」


ミカヤは洗脳されたリンディスたちに、命令すると、リンディスたちはハイグレをしながら応じる。

リンディス「かしこまりました!すべてはハイグレージョ様の為に!!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ニニアン「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!私たちにお任せください!」

ルイーズ「素敵なハイグレ世界にして見せます!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ミカヤ「よろしいです!では早速、この次元空間の世界にいる者達をハイグレ人間にして差し上げなさい!」

ミカヤの力により、リンディスたちは時間超越という、何とも二次ネタっぽいメタなやり方で、封印の剣の世界で

ハイグレ襲撃が始まった。

セーラ「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!あなたたちもハイグレージョ様にハイグレを誓ってもらうわよ!!」

レベッカ「大人しくハイグレ人間になりなさい!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ソフィーヤ「きゃあああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」
  
ソフィーヤは水色のハイグレ姿になった。
 
キャス「いやああああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

キャスは黄緑色のハイグレ姿になった。

セシリア「一体何の魔法…!?見たことがない…!」

リリーナ「ここは危険です…!!あ〜!!またやられた…!!」
 

シャニー「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

ティト「シャニー…!!わあああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

ユーノ「二人とも…!いやああああん!!!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

シャニーは水色、ティトは青色、ユーノは紫色のハイグレ姿になった。

ファリナ・フィオーラ・フロリーナ「「「我らハイグレペガサス3姉妹!!ハイグレージョ様の為に!!

ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」」」

ニノ「うふふ♪逃げても無駄ですよ?」

スー「うぅ…!!…ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

ドロシー「うわああああ!!!…ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」
  
続いてスーは白色、ドロシーは黄色のハイグレ姿になった。

フィル「うわああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ミレディ「くああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

白色のハイグレ姿になったフィルに、赤紫色のハイグレ姿にされたミレディ…更にその横では…
    
ウェンディ「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ララム「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ウェンディは赤色、ララムは緑色のハイグレ姿にされた。
                                         
エレン「いけません…!このままでは…いやああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」
       
クラリーネ「あああああああ!!!…ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

エレンは白色、クラリーネはピンク色のハイグレ姿になった。

リンディス「他愛もないわね…?まぁ、ハイグレの力では抵抗も無意味なものよ…」

セシリア「ならば私が相手をする!!」

エキドナ「悪く思うな…!」

セシリアとエキドナが二人係でリンディスに挑むが…

セシリア「うわあああああああ!!!…そ、そんな…!!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

エキドナ「ぐわあああああああ!!!…な、なんて力だ…!うぐぐ…!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

セシリアは緑色、エキドナは茶色のハイグレ姿になった。

リリーナ「そ…そんな…!」

自分の師匠に勇者があっさりとやられたことで、もはや絶望しかなかった。そして…

ギネヴィア「いやあああああ!!!…無念です…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ギネヴィアは赤色のハイグレ姿になってコマネチをしていた。
               
リンディス「最後はあなたね…あら…?抵抗する気もなくなったようね…では…」

もう自分しかないという時点で、リリーナは観念してハイグレ光線を受ける。

リリーナ「いやあああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

リリーナは青色のハイグレ姿になって、悔しそうにコマネチをする。


――……

ミカヤ「うまくいったですね…では、次の空間へと向かいますよ!」

『封印の剣』メンバーたちを全員ハイグレ人間にしたことを確認したミカヤは、次元跳躍の空間を新しく作り出し、

リンディスたちに聖魔の光石の世界へと向かわせる…


リンディス「さぁ!!全員ハイグレ姿にさせてやろう!!」

リンディスたちが次々とハイグレ光線を乱射させる。

マリカ「うわああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

マリカは赤色のハイグレ姿になって、抵抗するようにハイグレをしている。

ニニアン「逃がしませんわ…!あなたたちもハイグレ姿になりなさい!」

アメリア「きゃあああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

テティス「いやあああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

アメリアは緑色、テティスは茶色のハイグレ姿になった。

セーラ「あなたのハイグレ姿を見たいと思っていたよ…」

ナターシャ「いや…!やめて…!やああああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ナターシャは白色のハイグレ姿になった。

ファリナ・フィオーラ・フロリーナ「「「我らハイグレペガサス3姉妹!!ハイグレージョ様の為に!!

ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」」」

ヴァネッサ「きゃあああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

シレーネ「ヴァネッサ…!あああああああ…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ヴァネッサは赤紫、シレーネは青緑色のハイグレ姿になった。

ネイミー「いや…!!グスっ!!いやああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ルーテ「あああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ターナ「きゃあああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ネイミーはピンク色、ルーテは薄紫、ターナは水色のハイグレ姿になった。

リンディス「お終いよ…?」

エイリーク「つ、強すぎる…!きゃあああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!い、いやあ!!」

エイリークは赤色のハイグレ姿になり、抵抗むなしくハイグレをする。

『聖魔の光石』のメンバーたちもハイグレ姿になったことを確認したハイグレージョは…

ミカヤ「おーほっほっほ!!これでこの世界もこの私、ハイグレージョの新しいハイグレの時代となれる…!!」

ハイグレ姿になったヒロインたちを目の前に、大喜びになったハイグレージョは、ミカヤの身体のまま、新たな時代を

築き上げる時代が始まった…
* Re: 様々なハイグレ人間の誕生4 ( No.28 )
日時: 2018/05/20(日) 08:38:02 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

PALETのエロいハイグレ

藤本結衣「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

白色のハイグレ姿の結衣

平口みゆき「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ピンク色のハイグレ姿のみゆき

渡邊真由「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

赤色のハイグレ姿の真由

小磯陽香「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

水色のハイグレ姿の陽香

一ノ瀬りと「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

緑色のハイグレ姿のりと

羽原由佳「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

黄色のハイグレ姿の由佳

反田葉月「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

オレンジ色のハイグレ姿の葉月

さいとうゆりな「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

紫色のハイグレ姿のゆりな

ハイグレ襲撃によって、PALETのメンバーたちが全員ハイグレ姿になってハイグレをしていた。

PALETのメンバーたちは、最初は恥ずかしそうにしていたり、必死で抵抗しようとする娘たちもいたが、

しばらくしてから、徐々にエッチな感情へと高揚するようにまでなってしまった。

パンスト兵からは、「君たちの好きなようにしてもいいけど、ほどほどにね」と、支持?をすると、色々と必要?な

道具を置いていき、その場から去る…


藤本結衣「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!みゆき…好き…」

平口みゆき「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!あぁぁ…!結衣の股間が擦れて…!」

みゆきを馬乗りにしていた結衣が、みゆきの股間を擦り付けながらハイグレをしていて、みゆきも合わせてハイグレをする。

渡邊真由「陽香のおっぱい…可愛い…チュー!チュパチュパ、レロレロ」

小磯陽香「はいぐれ…!はいぐれ…!やぁん!もう…甘えんぼさんだね…真由は…はいぐれ…!はいぐれ…!」

真由は陽香のハイレグの胸の部分をずらして、舐めたり吸ったりしていて、陽香は身を委ねるようにしながらハイグレをしていた。

一ノ瀬りと「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ああぁぁ!!!これって良い!!男の子の気持ちがわかる…!!」

羽原由佳「ハイグレッ…!ハイグレッ…!ハァ!ハァ!りと…!!りと…!!もっとハイグセックスして…!!お願い…!!」

ふたなり器具を付けたりとが、由佳とハイグレセックスをしていた。


一方、M字開脚でハイグレをしながらパンスト兵に指で股間を愛撫してもらっている葉月は…

ちゅくちゅくちゅくちゅく。

反田葉月「ハイグレ…!あっ…指が入ってきてる…ハイグレ…!気持ちい…!気持ちいっ……!!!」

そしてパンスト兵のその指がどんどん強く刺激していった。

反田葉月「あぁぁ…!はっ、はっ、はっい…ぐれ…!!あんぅうう!!!……はあっはあっはい…ぐれ…!はあっ、

あんっ!あんっ…!…イク………イクっ…………もう、イクぅっ!!イクぅぅぅぅぅっ!!!!!

パンスト兵さまあぁ!!イっちゃうよぉっっ!!!!」

葉月は、頭と上体を真後ろに反らせ、胸をゆっさゆっさと上下させながら、びくん!びくん!と痙攣させた。

 更にもう一方、○ェラをされて大きくなったパンスト兵のチン○を見て、ゆりなはすっと立ち上がると、

躊躇なく跨り自分から挿入させた。

さいとうゆりな「んいいいいい……っ!」
 
痛みに備えていたものの、破瓜の想像以上の激痛に、ゆりなは眉間に深いしわを刻み、愛らしい顔を辛そうに

歪める。ズチュン

さいとうゆりな「はああぁぁん!」

ゆりなが気持ちよさそうな大声を出し、そのままハイグレをしながら腰を動かしだした。

さいとうゆりな「ああん!ハ…ハイ…グレ!ハイ…グレ!パンスト兵様の…気持ちいい!ハイグ…レ…!ハイグレ…!」

ゆりなはパンスト兵と一つになりながらもハイグレをしていた。よっぽど快感に満ちてきたのか、ハイグレとセックスという

コラボによって、ゆりなは快感の欲しさに更にもっと腰を上下に動かしながらハイグレをやり続けた。

さいとうゆりな「ハイグレッ!!ハイグレッ!!あ…!パンスト兵様…!ハイグレッ!!ハイグレッ!!あっはああぁぁ

ぁ!!」

快感に満ちたのか、PALETメンバーたちはそのまま気持ちよさそうに倒れこんでしまった。


 しばらくしてから、エロいことを散々やったことで、ある新しい性癖に目覚めていた。

それは、ある路上ライブでのこと…

藤本結衣「皆さんに、今日は特別衣装でやってまいりました!!」

平口みゆき「その名も…」

一ノ瀬りと「ハイグレ衣装です!!」

PALETメンバーたちは、分厚そうなコートを脱ぎ捨てて、露出狂のようにハイグレ姿になってライブを始めた。

PALET「「「「「「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!」」」」」」

「「「「うおおおおおおおおおおおお!!!!」」」」

ファンたちは何故ハイレグ水着姿なのかは理解できないが、胸や股間やお尻からの食い込みを見せてくれる

衣装に大感激であり、興奮しながら盛り上がっていた。
* Re: 様々なハイグレ人間の誕生4 ( No.29 )
日時: 2018/05/23(水) 08:59:26 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

森岡悠と武田舞彩の地獄レズ

アイドルグループGEMのメンバーたちは、控室でトイレに行っている森岡愁と武田舞彩を除いて待っていた。

すると、そんな控室の扉が開き、パンスト兵たちが突然の如く現れると、ハイグレ光線を乱射した。

金澤有希「うあああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

優希は紫色のハイグレ姿になった。

伊藤千咲美「え…!?ひあああああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

千咲美はクリーム色のハイグレ姿になった。

突然の事態に混乱するメンバーたちだが、逃げられる場所もなくハイグレ光線が次々と命中する。

南口奈々「やあああああああん!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

奈々は水色のハイグレ姿になった。

小栗かこ「奈々…!!きゃああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

かこはピンク色のハイグレ姿になった。

熊代珠琳「やだ…!!やだあああぁぁぁあ!!!…うぅ…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

珠琳は黒色のハイグレ姿になった。

平野沙羅「いやああああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

西田ひらり「きゃああああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

沙羅は黄緑色、ひらりは青色のハイグレ姿になった。

GEM のメンバーたちがハイグレ姿になっている中、今の事態を知らない舞彩と悠はそのまま何事もなく

戻って来る。

武田舞彩「ただいまー…え…ええ…!?」

森岡悠「ひええ…!?」

舞彩と悠が、メンバーたちが部屋の中でハイグレ姿になっている光景に驚愕していた。

「「「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」」」

武田舞彩「ちょっと…何してるの!?や、やめなよ…!」

森岡悠「何だか怖い…!みんなどうしちゃったの…!?」

驚く二人の背後から突然、有希とかこの二人が、クロロホルムで口を押さえつけて来た。

武田舞彩・森岡悠「「んん!?」」

二人は突然のことで抵抗する間もなく、意識がなくなってしまった…



――――…………――――

武田舞彩「……ん…んん…?あれ…私…」

森岡悠「え…?ね、寝てた…?さっきのあれは夢…」

夢だと思って二人が寝ていた場所は、見たこともない程綺麗な場所だった。

生暖かい風が吹く緑園…

雲一つ見えない青空…

そして周りには人っ子一人いない…

まるで異世界にでも迷い込んでしまったような気分だった…

気分がほわ〜…とするほどの、夢の様な世界にも思える…


そんな二人の背後に仮面を付けている集団がいなければ…


「「「「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」」」」

二人は一斉に振り返ると、そこにはメンバーたちがハイグレ姿のままでハイグレをしていた。しかもハイグレ魔王の仮面を付けながら…

武田舞彩「え…何この人達…!?」

森岡悠「っていうか、みんな何してるの…?」

悠はすぐにメンバーたちだと見切ったようであり、メンバーたちはすぐさま仮面を取る。

金沢有希「その通り!見切るの早いけど、私達は既にハイグレ人間に洗脳されているの…!」

伊藤千咲美「私たちはね…あなたたちをハイグレ人間にさせるつもりよ…?つまり、今の私たちのように…」

森口悠「や…やだよ…!そんな格好になりたくない…!」

平野沙羅「最初は誰でもそう言うよ?私達だって最初は同じ思いだったけど…」

西田ひらり「でも、このハイグレの素晴らしさを快感したとき、すべてが生まれ変わったの!」

小栗かこ「あなたたちが嫌々言ってもハイグレ人間にさせるつもりだけど、その前にどうしても楽しみたいことがあるの…」

今までにない爽やかな笑みで近づくメンバーたち…そして…

武田舞彩「な、何を…きゃあ!?」

森岡悠「やあ!!!やめて!!」

メンバーたちは二人の服も下着も無理矢理脱がしていき、全裸にひん剥かれた。

綺麗な景色の場所とはいえ、外で全裸になるのはとても恥ずかしい…

裸にされた二人は、胸や股間を隠す仕草を見せながら、涙目になっていた。

武田舞彩「やめて…」

森岡悠「恥ずかしいよ…服を返して…」

上目遣いになる二人に、メンバーたちが押し倒して来た。

熊代珠琳「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!さぁ、私のハイグレ攻めで快楽を得なさい…?」

珠琳はまだ洗っていないキツい臭いのする股間を、舞彩に押し付けながらハイグレをしだした。

武田舞彩「んんん…!!んん…!!」(臭いよぉ…!!そういえばライブでたくさん汗かいていたから…!)

南口奈々「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ほぉら、おっぱいだよ〜?悠ちゃん…触っていいよ〜?」

奈々はまだ洗っていない、汗臭くキツい臭いを発している巨乳を押し付けながらハイグレをしていた。

森岡悠「ふんん…!!んあ…!!あふぅ…!!」(奈々ちゃんのおっぱい…気持ちいいのに…汗臭いのが残念すぎるよぉ…!)

キツい臭いをモロにかがされたことで2人が悶えていると、他のメンバーたちに胸や股間やお尻を触られたり、舐められたりされていた。

モミモミ、サワサワ、ペロペロ、チロチロ

金沢有希「この世界ではヤりたいほうだいでもいいと思うわけよ、私はあなたにこうしたい…」

その言葉と共に有希が近付いて―…唇が舞彩の唇と重なった

ちゅっ…

武田舞彩「ん、んっ…んふ、ぁっ…」

数分のキスのあと、舞彩が唇を離す 唇の肉は名残惜しそうにゆっくりと離れていった

武田舞彩「うはぁ…」(ファーストキスだったのに…!)

森岡悠「やあああぁぁぁあ!!!お尻…!!そこ…!!お尻…!!だめぇ!!!」

武田舞彩「いやあああああぁぁあ!!!もう弄らないでぇ!!!やだぁ!!!みんなやめてぇ!!!」

二人は体中を弄られて、快楽と恐怖と恥ずかしさで涙を流しながら叫んでいたが、自分たちしかいない異世界?で、

誰も聞こえるはずもなかった…

金沢有希「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!あぁ!!私も…もうだめぇ…!!」

小栗かこ「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ああ!!イキそう…!!」

西田ひらり「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!二人の痴態を見たらハイグレをしたくて溜まらない…!」

ハイグレをしているメンバーたちは、ハイグレをしながらイってしまうと、股間から潮吹きをにより、

二人はその潮吹きにぶっかけられてしまった…
* Re: 様々なハイグレ人間の誕生4 ( No.30 )
日時: 2018/05/23(水) 09:02:19 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

そのまま二人は1時間程の恥辱を味わい、そしてとうとうボロボロになって倒れてしまった。

武田舞彩「はぁ…はぁ…はぁ…うぅぅ…」

森岡悠「ひぐ…ひどいよ…わたしたちが…なにしたの…?」

ボロボロになった二人が泣きながら悲痛な目をしているが、そんなこともお構いなしに、メンバーたちはふたなり器具を付けていた。

伊藤千咲美「何寝ているの…?これからが本番よ…?」

平野沙羅「こっちは準備万端だから、最後の仕上げだからね♪」

そのふたなり器具を付けてる千咲美と沙羅を見て、二人は更なる恐怖心を抱くが、もはや逃げることもできなかった…

突然の下半身の痛みに呻きながら、二人はレイプされていた。

伊藤千咲美「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!あああ…!!これ…気持ちいい…!!」

武田舞彩「ひぐぅっ……うっ…あっ……」

伊藤千咲美「良い声よ…!?もっと激しくしてあげる!!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

千咲美いきなり突き上げが激しくなる。綺麗な緑園の景色の中で、舞彩は背面座位で貫かれていた。

伊藤千咲美「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

武田舞彩「…うっ……あっ…痛っ、やめっ……」

貫いているものはあのふたなり器具…下からの突き上げをそのままに、腰を掴んでいた手で身体中をまさぐる。

伊藤千咲美「スベスベした体を触りながらのハイグレもいいものね!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

武田舞彩「……んっ…あっ、んっ……やぁ、痛っ…」

まさぐっていた手が舞彩の胸の頂点を探り当てる。その手は探り当てた頂点を少し刺激すると、強く摘み上げた。

千咲美は快感よりも痛みを与えようとするように、引っ掻き、摘み上げ、突き上げ続ける。舞彩の貫かれた部分からは鮮血、

破瓜の証が流れている。

武田舞彩「…んっ……っ…やぁっ…」

伊藤千咲美「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!声が段々可愛くなってきたよ…?さぁ!これで終わり!!

ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!」

テクニックも何もない激しいだけの突き上げだったが、舞彩の声には甘い色が混じり始めていた。

股間の鮮血にも愛液が混ざり始めている。 女の本能か、はたまた、肉体の防衛反応か。

−−ずりゅっ、ずりゅっ

水音が聞こえるような動きを続ける。

千咲美の左手が胸から下りていき、舞彩の股間、結合部をまさぐる。

武田舞彩「はぁぁっ……あっあっ…」

まさぐっていた手が舞彩の陰核にたどり着き、愛液で濡れた指で刺激を与える。本当は摘み上げようとしたのだが、

愛液で滑り良い感じの刺激になったのだ。 そのまま、三点に刺激を与え続ける。

武田舞彩「あっあっあっ…」

千咲美は今度こそ舞彩の陰核を摘み上げた。同時に右手で乳首を摘み上げる。

伊藤千咲美「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレェェェエ!!!」

武田舞彩「あああぁぁぁぁ……」

その刺激で舞彩は体を反らせ、イってしまった。

一方、沙羅は悠の腰を両手で掴み直すと、ピストンの力を利用して、片手で悠を持ち上げながら激しく突いた。

沙羅は何も言わず更に激しく下から突き続ける。

平野沙羅「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!」

森岡悠「あっあっ…さっ、んっ…さ、あっ…らっ……!!」

沙羅は悠の陰核を摘み上げた。それで悠はイってしまう。

鳴きじゃくりながらハイグレ攻めに身悶える悠に、すっかり惰欲に支配された沙羅は優しく微笑むと――あらん限りの速度でハイグレ攻めを開始した。

森岡悠「はっ、はっ、あっ、あっ、あ、あ、あああ、あーっ、あーっ、あ、イク、イクイク……あ、あああ、あ、あ――っ!」

びちゅっ! ぶちゅっ! びゅちゅっ――!

甘ったるい悲鳴を上げ、小さな少女は電気を流されたように、びくんっ、とおとがいを反らす。

すぼめた両膝をがくがくと震わせ、ちいさなお尻をぶるぶると痙攣させ――絶頂を迎えたゆたかは、ついに裂け目から

勢いよく愛液を噴き出した。

森岡悠「あーっ、あーっ、はあーっ、はーっ、はー…………」

平野沙羅「……はい、悠ちゃん、きれいになったよ……」

舞彩と悠が同時にイってしまうと、その快楽によってハイグレ姿にされてしまった。

舞彩は赤色、悠は黄色のハイグレ姿だった。

そして二人はゆっくりと立ち上がると、ハイグレポーズを始めた。それも、エッチな表情で…

武田舞彩「ハイグレ…ハイグレ…ハイグレ…ハイグレ人間・武田舞彩…転向完了…!」

森岡悠「ハイグレ…ハイグレ…ハイグレ…ハイグレ人間・森岡悠…ハイグレ人間になったよ…」

エッチな表情で、笑顔でハイグレをしている二人は、その場でメンバーたちと一緒にハイグレしていた。

今いる世界がどこなのか、結局わからないまま、楽園にいる気分を味わい続けることとなった…
* Re: 様々なハイグレ人間の誕生4 ( No.31 )
日時: 2018/05/28(月) 22:45:59 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

ハイグレラブライブサンシャイン ―その後―

Aqours「「「私達、ハイグレAqoursは、ハイグレ魔王様に忠誠を誓うライブを始めるアイドルになります!!

ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」」」」」

あれから月日が流れた…

Aqoursのメンバーたちがハイグレ人間として洗脳されてから数か月のこと…

ハイグレ魔王に対する忠誠を誓うライブを、様々な場所で披露してきたAqours…

そんなAqoursにある重大なニュースが飛びかかって来た。

それは…

千歌「タ、タイムマシン!!?」オレンジ色のハイグレ姿の千歌

梨子「それでμ'sに会いに行けと…!?」さくら色のハイグレ姿の梨子

曜「あのμ'sに…!!会える…!!」水色のハイグレ姿の曜

ダイヤ「こ、これは願ってもないチャンスですわ!!」赤色のハイグレ姿のダイヤ

鞠莉「もしかして…そのμ'sをハイグレ人間に…!?」紫色のハイグレ姿の鞠莉

花丸「μ'sたちのハイグレ姿…!見たいずら〜!!」黄色のハイグレ姿の花丸

ルビィ「ルビィも見たい!!μ'sたちと一緒にハイグレしたい!!」ピンク色のハイグレ姿のルビィ

果南「これは私達ハイグレ人間として…そしてAqoursとしても重大な任務ね!」青色のハイグレ姿の果南

善子「ふふふ…我が漆黒のハイグレ堕天使が、いざ!迷いある天使たち(μ's)を導く時え…!」白色のハイグレ姿の善子

Aqoursのメンバーたちはハイグレ人間として洗脳されてから、自分の家族や学校の生徒たちをもハイグレ人間にさせる

活躍を見せていたことにより、ハイグレ魔王直々に褒美として、タイムマシンを造ってくれたそうだった。

そこへ、パンスト兵が『こちらへ』と案内して、学校の運動場で、タイムマシンらしき大型の丸い乗り物が出て来る。

その乗り物の中に、パンスト兵たちが数体、中にはカンペのパンスト兵もいた。

『早くお乗り下さい』っと、書かれており、Aqoursのメンバーたちは喜びの笑みと共に、お急ぎで乗り込んだ。

カンペのパンスト兵はすぐさま次のセリフを書いていた。

『これからいく世界は数年前、かつてμ'sが活躍していた世界へと行きます。そこで彼女らをハイグレ人間にしたら、

後は君たちの好きにしてもですから。例えばハードなプレイでも…』

千歌「ハードなプレイ…?えっと…曜ちゃん、何かわかる?」

曜「そこで何で私に聞くの…?」

鞠莉「んん…!!つまり、主従関係を築くSMプレイもアリって訳ね!」

ダイヤ「SM…!あのμ'sと…!!」

ルビィ「えす…えむ…?花丸ちゃん、わかる…?」

花丸「ええっとね、ルビィちゃん…ちょっと耳を貸すずら…」ごにょごにょ

ルビィ「え……えええええええ…!?///」赤面

Aqoursのメンバーたちが和気藹々としていると、タイムマシンはμ'sのいる世界へと移動をしていた。


その頃、Aqoursが誕生する数年前、μ'sのメンバーたちが音ノ木坂学院の屋上でダンスの練習をしていた時の事だった…


穂乃果「はぁ、はぁ、ふぅ…疲れたぁ…」

海未「穂乃果さん、そんなところで寝転がらないで下さい!みっともないですよ?」

ことり「でも、これで次のライブのダンスもバッチリじゃないの?」

絵里「そうね、みんなもよく頑張ったわよ?」

真姫「ちょっとにこっち、あんただいぶ息が荒れてるじゃない…」

矢沢にこ「んな…!?そ、そんなことないわよ!!この私にかかればこんなことくらい、にっこにっこり〜ん♪って、

軽く吹っ飛ぶんだから!」

花陽「えっと…意味が分かりにくいんだけど…」

すると、凛が空から何かを発見する。

凛「ん…?ねぇ、あれはなんにゃ!?」

希「嘘…あれって…UFO!?」

空には確かに、千歌たちが乗っているタイムマシンが飛んでいて、UFOに思えてもおかしくない形で登場していた。

穂乃果「ほ、本当だ!!私UFOなんて初めて見るよ!!」

ことり「あれ…?でも…こっちに向って来てない…?」

そして、タイムマシンは段々穂乃果たちに近づいて来て、屋上に到着した。

凛「もしかして、宇宙人かにゃ!?」

にこ「宇宙人たちまで私たちの応援を?!」

真姫「いや…わからん…」

そして、タイムマシンの扉が開いた瞬間、突然の如く、千歌たちが猛ダッシュで迫ってきた。

穂乃果「え…ええ!?」

ハイグレ姿の千歌が穂乃果の方へと来た瞬間、突然手を出してきた。

千歌「あ、あの…!!高坂穂乃果さんですよね!?私は高海千歌と言います!私たちはタイムマシンで未来から来ました!!

その…μ'sの皆さんに憧れて、Aqoursというメンバーとして、スクールアイドルをやっています!!」

突然の如く現れた千歌に、流石の穂乃果も驚きながら、ゆっくりと手を伸ばす。

穂乃果「え…!?あ、あの…あ、ありがとう…ございます…?えっと…タイムマシン…未来から…?」

混乱している穂乃果と他のメンバーたち、そこへ、カンペのパンスト兵から指示が出ていた。

『自己紹介はそれまでにして、さっさとハイグレ姿にしないと物語が中々進みません!』

千歌「あ、そうだった…!あの、穂乃果さん!登場して早々に悪いですが、ハイグレ姿になって下さい!」

そう言った瞬間、千歌がハイレグのお尻の中に仕込んでいたハイグレ銃を取り出して、ハイグレ銃を穂乃果に向けた。

穂乃果「えええ!?ちょっと待ってハイグレって…!?話が全然見えな…きゃあああああああ!!!」

海未「穂乃果さん!?」

ことり「穂乃果ぁ!!」

穂乃果「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

穂乃果は赤色のハイグレ姿になってハイグレをしていた。

その姿はさっきまで疲れていた状態とは思えないくらいにキレがよく、そして胸もお尻も股間もキュッと引き締まった状態で、

年頃の女の子からすれば刺激が強すぎる光景だった。

穂乃果「ハイグレッ!やだ…!ハイグレッ!止まらないよぉ…!ハイグレッ!誰か…ハイグレッ!助けて…!ハイグレッ!」

千歌「穂乃果さんのハイグレ姿…最高です…!私も一緒にハイグレをします!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

真姫「何だあの姿は!?」

にこ「さっきの光線でおかしくなるやつだよ!!」

絵里「ちょっとあなたたち!!穂乃果を元に戻し…て…」

絵里が千歌に説得しようとするが、他のメンバーたちにハイグレ銃を向けられていた。

ダイヤ「皆さんに申し訳ありませんが、私達は既にハイグレ人間ですわ!」

花丸「丸たちと同じにしてあげるずら〜」

果南「あなたたちもハイグレ人間にしてあげます!」

梨子「まずはあなたからです!」

そして、ハイグレ光線が放たれ、絵里に命中した。

絵里「いやああああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!いやああ!!こんなの…!!」

絵里は水色のハイグレ姿になった。

にこ「絵里ちゃん!?」

花陽「やだ…早く逃げないと…!!」

花陽と凛が出入り口から逃げようとするが、いつの間にか先回りされていた善子、ルビィ、曜にハイグレ銃を向けられていた。

善子「くっくっく…迷いある天使よ…我らと同じくハイグレ堕天使となるがいいわ!」

ルビィ「ハイグレはとっても素晴らしいですよ?」

曜「ハイグレ光線を浴びてもらいます」

そして、前からも後ろからもハイグレ光線が連射され、逃げる術もなく次々とハイグレ光線が命中する。

花陽「きゃああああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

凛「にゃあああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレにゃあ!!」

花陽は黄緑、凛は黄色のハイグレ姿になった。

にこ「いやあああああああ!!!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ま、まきぃ…」

真姫「にこ!!うわああああああああ!!!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

にこはピンク色、真姫は紅色のハイグレ姿になった。

希「ふわあああああああ!!!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」ブルン、ブルン

希は紺色のハイグレ姿になって、大きな胸を揺らしながらハイグレをしていた。

ことり「きゃああああああ!!!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

海未「いや…穂乃果さん!皆さん…!いやあああああああ!!!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ことりはオレンジ色、海未は青色のハイグレ姿になった。

μ'sのメンバーたちがハイグレ姿になってハイグレをしていると、Aqoursのメンバーたちはハイグレをしながら、あんなことやこんなことを

やり始めた。
* Re: 様々なハイグレ人間の誕生4 ( No.32 )
日時: 2018/05/28(月) 22:48:40 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

まずは、真姫が、抵抗しながらゆっくりとハイグレをしている。

真姫「は、ハイグレ…ッ!くぅぅ…!ハイグレ…ッ!何で…止められないの…ハイグレ…ッ!」

恥ずかしそうに目をギュッと瞑った状態でハイグレをしていると、そこへ果南が後ろから胸や股間を弄って来た。

真姫「んなぁ!!?や、やめろぉ!!ハイグレッ!ハイグレッ!お、お前…!」

果南「そんなに抵抗してはダメよ…?それに、私の事はご主人様と呼びなさい…?」

真姫「何でそんなことを…!ご、ご主人様…!あ、あれ…?何でこんなセリフを…!?」

果南「はい、よく言えました、真姫さん…♪それではご褒美です…」はむ

真姫「ひゃあん!!」

果南は真希の耳たぶを甘噛みしながら、胸や股間を弄りだす。

果南「思ったよりいい声ね♪とっても可愛い!」

真姫「ふわぁん…ハイグレ…ハイグレ…ご主人様ぁ…ハイグレ…ハイグレ…」

エロい顔をしながら真姫はゆっくりとハイグレを続ける…


次に鞠莉は自分の胸を、希の胸に押し付けながらハイグレをしていた。

鞠莉「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!どうですか?私のハイグレであなたの豊満な胸に押し付けられるのは?

ちなみに私は凄く気持ちいいですよ!?」

ムニュ、ムニュ、ポイン、ポイン

厭らしそうな顔をしながらハイグレをする鞠莉に対して、希もエッチな表情をしながらハイグレをしていた。

希「ハイグレ…!ハイグレ…!ハイグレ…!あぁ…ご主人様…!ハイグレ…!ハイグレ…!ハイグレ…!」

鞠莉「ハイグレ♪ハイグレ♪ハイグレ♪きゃは!とっても良い気分です!」

鞠莉は更に近づきながら、希の股間に自分の股間を押し付けながらハイグレをしていた。


次に、善子はにこを拘束具で拘束させ、足をがに股に開いた状態のままで、自分の股間を擦り付けてハイグレをしていた。

善子「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!あぁぁ…!!ハイグレ堕天使である私が…!更に昇天へと誘われる気がするぅ…!!」

にこ「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ご、ご主人様ぁ…!意味わからないよぉ…!」

善子「我がハイグレ堕天使が、まだ迷いある貴殿に、ハイグレの世界へと誘う時である!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

善子のハイグレ攻めによって、にこは半泣きになりながらも気持ち良さそうだった。

にこ「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!あはああん!!気持ち良すぎるわよ、ご主人様ぁ…!!」


次に、花丸は花陽に自分の胸をしゃぶるように言い出すと、花陽はハイグレをしながら、花丸のおっぱいを、赤ちゃんのように

吸い出したり舐めていたりしていた。

花陽「はいぐれ…はぁ…はいぐれ…んちゅ、んちゅ、はいぐれ…れろれろ…はいぐれ…ご主人様ぁ…はいぐれ…はいぐれ…」

花丸「ハァ!ハァ!ハイグレッ!ハイグレッ!んはぁ…!き、気持ちいいずら〜!そのままご主人にハイグレも見せて

欲しいずら〜!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

花陽「は、はい…はいぐれ…プチュ、チュプ、はいぐれ…はいぐれ…んむんむ…はいぐれはいぐれ…」

花丸「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!はぁ!はぁ!だ、ダメずらぁ!!気持ち良すぎてマルが

ダメになりそうずら〜!」

花丸は花陽によって、逆に快楽を与えられていて、花陽も脳内がポォっと彷彿させていて、もう何も考えられない状態だった。


次にルビィは、仰向けになってハイグレをしている凛の口に、自分の股間を押し付けながらハイグレをしていた。

ルビィ「凛さん…私のココ…舐めて…?ハイグレ…!ハイグレ…!ハイグレ…!」

凛「んんん…ぷはぁ…はいぐれ…はいぐれ…ダ、ダメだにゃ…!はいぐれ…これ以上…はいぐれ…ご主様の

ココを舐めると…はいぐれ…はいぐれ…んぷぅ!」

ルビィ「お願いだから…飴を舐めるようにして…?ハイグレ…!ハイグレ…!凛さんに舐められるの…気持ちいいの…!

ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

凛「はいぐれ…はいぐれ…んんん…レロレロ、ペロペロ、はいぐれ…はいぐれ…ペロペロ」

ルビィ「んはぁぁ…!凄いよぉ…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!凛さんの舌が私の中にぃ…!!」

ルビィは凛の舐め攻めに快楽を得ている…


次にダイヤはふたなり器具を付けて、ハイグレをしている絵里を、背後からケダモノのように襲いながらハイグレイプをしていた。

ダイヤ「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!どうですか!?これがハイグレ人間同士によるハイグレセックスですわ!!

ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!」

ズチュ!ズチュ!ズチュ!パン!パン!パン!

絵里「ハイグレ…!!ハ…ハイグレェ!!あ…はう…!ハイグレェ!!ハイグレェ!!やぁ…!!ご、ご主人様…!もっと…!

もっと激しく突いて下さい〜…!!ハイグレェ!!ハイグレェ!!ハイグレェ!!」

ダイヤ「わ、わかりましたわ…!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!」

絵里「はぁん…!!ハイグレェ!!ハイグレェ!!ハイグレェ!!ハイグレエェェン…!!」

絵里はもはや、ダイヤによって虜になってなってしまったようだったが、ダイヤによるハイグレ攻めはまだまだ続いていた…


次に梨子と、無理矢理変な薬を飲まされたことりの二人は、本物のふたなり化となっていた。

曜は、仰向けにハイグレをしているふたなり化したことりに跨ると、そのままことりを逆レイプしながらハイグレをしていて、

そのすぐそばに、仰向けにハイグレをしている海未を、ふたなり化した梨子がハイグレイプしていた。

ジュン!ジュン!ジュン!ズチュ!ズチュ!ズチュ!

曜「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ど、どう…!?ハイグレッ!!ハイグレッ!!女の子じゃ一生味わえない

快楽でしょ…!?ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!」

ことり「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!は…はい…!!ご…ご主人ざま〜…!き、気持ち良すぎて…!!

ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!何か出てきそうでずぅ…!!」

曜「いいよ…!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!出していいよ…!!だって…私の憧れのμ'sだもん…!!

ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!私も…ちょっと痛かったけど…!凄く幸せ…!!」

一方、梨子と海未の方では、梨子がハイグレをしながら海未をレイプしていると、そのまま海未をうつ伏せにさせると、

再び身体を激しく動かした。

梨子「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!海未さんのなか…!気持ちいい…!ねぇ…こっちはどうかな…?」

海未「はいぐれ…!はいぐれ…!え…?えぇ…!?ちょっとご主人様…!!そ、そこは…!!」

梨子は一度逸物を抜くと、その逸物をお尻の穴に入れる。いわゆるアナルレイプだった。

海未「いっぎぃぃ…!!ああああああ…!!!」

梨子「あう…せ、狭い…!!けど…更に引き締まる…!!」

海未の可愛らしいお尻から引き締まるアナルから、相当な快感を得た梨子はそのままハイグレイプを始めた。

梨子「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!」

海未「ふわああぁぁ!!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレエェ!!お尻ぃ!!お尻がぁ!!」

海未がハイグレアナルセックスをしながら、目の前にいることりと目が合うと、お互い快楽によって高揚している状態であり、

表情が可愛いと思ったのか、思わずキスを交わした。

ことり「んちゅ、ぷちゅ、海未ちゃん…!海未ちゃん…!」

海未「ことりさん…!んん…!んん…!」

曜「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ああぁぁあ!!!ことりさんの…子供ができちゃうよぉ…!!

ハイグレェ!!ハイグレェ!!ハイグレエエェェ…!!!」

梨子「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!海未さんのお尻を汚しちゃうぅ…!!

ハイグレェ!!ハイグレェ!!ハイグレエェェン…!!!」

ことり「ふああああああああ!!!ハイグレェエェ!!!」

海未「あっはあああああん!!!ハイグレエェェェ!!!」

お互いにイってしまった4人はそのまま倒れてしまう…
* Re: 様々なハイグレ人間の誕生4 ( No.33 )
日時: 2018/05/28(月) 22:51:14 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

最後に、穂乃花と千歌は…

穂乃果「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

千歌「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

お互いにハイグレをし合い、ハイグレをするときの体付きやその締め付け具合、そして、表情を見合っていた。

千歌「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!あの…穂乃果さん…夢でもいいからあなたに会いたいと思っていました…

穂乃果さんたちのお陰でスクールアイドルになって…頑張って…」

穂乃果「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!そう言えばご主人様…さっき、タイムマシンがどうのこうの言ってたよね…?

それじゃあ本当に私たちの未来では、ご主人様たちもスクールアイドルに…」

千歌「はい…私は憧れの穂乃果さんに会えて…ハイグレ姿を見れて…とっても幸せです…!だから、この後、

ありのままの姿を見せて下さい…!」

そう言うと、千歌はオレンジ色のハイレグ水着を脱ぎ、全裸になった。

穂乃果はそれが何の意味なのかを理解し、自分も赤いハイレグ水着を脱ぎだし、

お互いに全裸になり、再びハイグレポーズを始めた。

千歌・穂乃果「「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」」

一糸纏わぬ生まれたままの姿でのハイグレポーズは、同棲同士でも見惚れる光景だった。

千歌にとっての憧れの存在である穂乃果のありのままの姿は、千歌にしてみればまるで夢を見ているように思えた。

穂乃果にとっては、未来から来たと言う事自体が半信半疑だが、自分のことを憧れているという言葉を聞いて、

何となく自分の中にはあまりなかったとされる母性を感じさせていた。

穂乃果「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ありがとう、ご主人様…!こんな私に憧れて…スクールアイドルになって

頑張ってくれて…!」

千歌「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!『こんな』って言わないで下さい…!穂乃果さんたちがいなければ、

今の私たちは、仲間たちと一緒じゃなかったのですから…!」

穂乃果「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!そうだったんだね…でも…それでもご主人様たちは頑張って来れたんだよね?

だったら、今の自分を受け入れて、これからも頑張って行こうよ!未来の世界に戻っても…こうやって会えたから、

私も応援してあげるから!…ね?」

千歌「穂乃果さん…!はい!!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

お互いに嬉しそうに全裸でハイグレする姿は異様だが、ハイグレ人間からすれば美しいとさえ思ってしまう光景だった。

とても長く…乳首が立ち…股間から愛液が流れながらも続けていくハイグレ…

キスを交わし…お互いに弄り合い…そして最後にはふたなり化した状態でハイグレセックスをし合う…

まずはふたなり化した千歌から穂乃果に挿入…

穂乃果「ハイグレェ!!!ハイグレェ!!!ハイグレェ!!!ご、ご主人様ぁ…!!ぎもぢいいよぉぉ…!!!」

千歌「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!わ、私も…!!し、幸せ過ぎて…!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!

もう出しちゃいたいよぉ!!」

そして、今度は穂乃果がふたなり化して、千歌に挿入

千歌「ハイグレェ!!!ハイグレェ!!!ハイグレェ!!!ああぁぁぁあ!!!出してぇ!!穂乃果さんの赤ちゃん…!!

欲しいよぉ!!!私の中にぃ…!!!」

穂乃果「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!出したいよぉ…!!ご主人…いや…千歌ちゃんの中に孕ませてぇ!!!」

最後に千歌の名前を言う穂乃果…

こうして、Aqoursとμ'sがお互いにハイグレによる快楽によって、倒れながら空を眺めていた…

もう2度とないかもしれない出会いを堪能し、ハイグレによる素晴らしさを理解し合い、そして、愛し合ったことも、

この上ない幸せだった…

千歌「穂乃果さん…もしよろしかったらですが…一緒にハイグレスクールアイドルとして…ライブをしませんか…?」

穂乃果「千歌ちゃん…うん♪もちろんだよ♪」

そして、千歌と穂乃果が立ち上がって、自分の着ていたハイレグ水着を着ると、全員もそれに合わせて立ち上がり、

円の形になると…

Aqours・μ's「「「「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」」」」

Aqoursと、とっくに洗脳されたμ'sたちも、お互いにハイグレをやり合い、夢のコラボによるハイグレライブを

広めていくこととなった…
* Re: 様々なハイグレ人間の誕生4 ( No.34 )
日時: 2018/05/29(火) 10:14:17 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

ハイグレ襲撃を受ける水瀬母娘

とある街中にある一軒家。水瀬家の中に侵入してきたパンスト兵に、娘の名雪を守ろうと、母親の秋子が戦っていた。

名雪「お母さん…!怖いよぉ…!」

秋子「大丈夫よ、名雪…!せめて祐一さんが戻ってきてくれたら…」

秋子は懸命に謎の拳法によってパンスト兵たちを撃破していくが、倒しても倒しても新たなパンスト兵たちが現れる。

秋子「はぁ…はぁ…一体何人いるのかしら…はっ!?」

流石の秋子も疲れが出てくると、名雪の背後にいる新手のパンスト兵が、名雪に向けてハイグレ銃を向けていることに

気付いた秋子は、すぐさま名雪を助けようと前に出るが、放たれたハイグレ光線からは回避することまではできなかった。

秋子「名雪…!!きゃああああああああ!!!」

名雪「お…お母さん…!!」

流石の秋子でも、ハイグレ光線を浴びた状態ではどうすることもできなかった…

身に付けていた服もスカートも下着も消えてなくなり、代わりにハイレグ水着へと変わっていく。そして、光が止むと…

秋子「こ、こんな…は…は、ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!は、恥ずかしい…!」

秋子はピンク色のハイグレ姿になってハイグレをしていた。

顔を真っ赤にし、アソコを手で押さえたくても押さえられず、ピッチリとしたハイレグからは陰毛が見えていることで、

更に恥ずかしがっていた。

秋子「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!はぁ…はぁ…ダメ…き、気持ち良くなってくる…!ハイグレッ!ハイグレッ!」

名雪「お母さん!!いやああ!!お母さん!!正気に戻って!!負けないで!!」

名雪は必死で秋子を制止させようとするも、秋子の方は、見る見ると表情から恥ずかしさが消え、次第にハイグレコールも

大きくなってきた。

秋子「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!あっはああん…!!もう限界…!!ハイグレッ!ハイグレッ!」

激しくハイグレする秋子の胸はぷるんぷるんと揺れ、アソコは愛液で濡れていた。

秋子「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレ気持ち良いわぁ…♪ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

早くもハイグレ洗脳されてしまった秋子は、年齢的には年増でも、充分若く見られる美しい女性であり、

今のハイグレ姿からではとても魅了させる光景でもあった。

すると、秋子はパンスト兵からハイグレ銃を取りだすと、その銃を名雪に向けていた。

秋子「うふふ♪名雪もハイグレ姿になりましょう…?」

いつものように優しそうな感じの笑みで言う秋子だが、名雪は豹変してしまった実の母から恐怖心を抱いて、動けなくなっていた。

名雪「いやだ…!そ…そんな姿に…なりたくない…!」

秋子「今だから言えることだけど、ハイグレ姿になれば、きっとわかるわよ?ハイグレの素晴らしさが♪」

名雪「いや…!!いやああああああああ!!!」

秋子からハイグレ光線を浴びた名雪は、盛大な悲鳴を上げながら大の字になっていた。

名雪の着ていた制服も下着も消えてなくなり、ハイレグ水着へと変わっていき、光が止むと、名雪は水色のハイグレ姿になってしまった。

名雪「は、ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!いやああ!!恥ずかしいよぉ!!ハイグレッ!ハイグレッ!」

まだ年頃の女子高生の名雪は、半泣きになって恥ずかしそうに赤面しながらハイグレをしていた。

秋子程ではないが、女子高生の割にふくよかに育っている大きな胸が、ハイグレをする度に大きく揺れている。

名雪「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!いやああ!!お母さん…!!もうやめてぇ!!」

するとそこへ、秋子が背後に立つと、名雪の両手を掴みだした。

秋子「大丈夫よ名雪?恥ずかしいのは最初だけで、後から凄く気持ち良くなるから…ほら、もっと両腕をしっかりとクロスして、

そして上げる時はもっと胸などを強調するように上げるのよ?」

そう言いながら、秋子は名雪の手を動かし、更には自分の足と股間で名雪のお尻を押さえつけるようにする。

名雪「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!やあぁぁん!!こんな姿…!ハイグレッ!ハイグレッ!祐一に見られたくないよぉ!!」

秋子「あらあら、うふふ♪いいじゃないの?ハイグレ人間はハイグレを見られて欲しいものなんだから♪ほらほら、

もっと股間を強調するようにするのよ?声ももっとはっきりと大きく♪」

名雪「いやああああああああ!!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレッ!!」

秋子からのハイグレ調教は、数時間続いていた…

――――……

しばらくしてから、何事もなく学校から帰って来た祐一は、リビングに入ると…

秋子「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!お帰りなさい、祐一さん♪ハイグレをしていて、今日の夕食は何にするか

考えていませんでした…♪」

名雪「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!お帰り祐一!ごめんね?ハイグレに夢中になってて…お腹空いたでしょ?

何にしようか?」

名雪も洗脳されながらも、母娘揃って満面の笑みでハイグレをしながら出迎えてくれる夢の様な光景に、祐一は

夕食のリクエストとして思わず『親子丼』と答えた後、美味しくいただいたのだった…
* Re: 様々なハイグレ人間の誕生4 ( No.35 )
日時: 2018/05/31(木) 05:51:57 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

ハイスクールD×Dのハイグレレーティングゲーム?

※申し訳ありません、レーティングゲームがよくわからないので、だいたい研究所風になってしまいました


レーティングゲーム:悪魔の駒がチェスの駒に見立てて作られていることと、上級悪魔の間で自分たちの眷属を

比べ合うことが頻発したことから生まれた競技。最初のころは戦闘訓練も兼ねていたが、次第にチェスと同様に特殊なルールに

よるゲームも生まれている。

様々なルールが存在しており、ルール次第では単純なスペックの高さを発揮できないこともあるため、王の采配が試される。

実戦においてはあまり活躍できなかった悪魔がレーティングゲームで大活躍することもまれにだが存在する。


娯楽の少ない冥界においては非常に楽しまれており、堕天使や神話体系でも流出した映像を楽しんでいる者もいるほど。

また、現在の悪魔の昇格はそのほとんどがこのレーティングゲームの活躍で資格を得ることで行われているため、非常に重要な

ポジションとなっている。

そんなゲームの中、またある新しいルールが埋め込まれてしまった…それが…

セラフォルー・レヴィアタン「いやああああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

セラフォルーはピンク色のハイグレ姿になってハイグレをしていた。

ロスヴァイセ「きゃあああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ロズヴァイセは白色のハイグレ姿になった。

そう、ハイグレ姿にさせられることで、いかに強靭な力や精神力があっても抗えることが出来ないものであり、

所謂ゲームによる敗北としての罰ゲーム的なものだった。

ルフェイ・ペンドラゴン「きゃあああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!い、いやあ!!」

黒歌「にゃああああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ルフェイは青色、黒歌は黒色のハイグレ姿になった。

駒として動いていた戦士たちは、ことごとくやられていく…

ソーナ・シトリー「姉さんがやられるなんて…!きゃあああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

オーフィス「あああああああ…!!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ソーナは水色、オーフィスは紺色のハイグレ姿になった。

敵の駒が強く、あっさりと仲間たちがやられていった…

ゼノヴィア・クァルタ「うわああああああ…!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

レイヴェル・フェニックス「いやあああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

ゼノヴィアは青色、レイヴェルは薄紫色のハイグレ姿になった。

紫藤イリナ「な、何よ…!!こんなの聞いてな…!きゃああああああ!!!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

イリナはオレンジ色のハイグレ姿になった。

残り少なくなっていくメンバーたち…そんなことでも容赦なく、王の駒による攻撃・ハイグレ光線の乱射は止むことはなかった。

一誠は、自分でもどうすることも出来ないと観念したのと同時に、どうせならみんなのハイグレ姿を見たいと言う

思いもあった…

アーシア・アルジェント「いやあああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

塔城小猫「先輩…!!やあああああああん!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

アーシアは白色、子猫は桃色のハイグレ姿になった。

目の毒だった…ただでさえ可愛い娘揃いの中なのに、ハイグレ姿で、恥ずかしいポーズをして、胸を揺らして…

一誠も年頃の男なので、見るに堪えなかった。

姫島朱乃「いやああああああ!!!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

兵藤一誠「ぐわあああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

リアス・グレモリー「イッセーのハイグレ姿…!きゃあああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

朱乃は赤色、一誠は黒色、リアスは紅色のハイグレ姿になった。


――――………――――

兵藤一誠「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!はい、と言う訳でハイグレ人間に洗脳されたわけだけど…」

塔城子猫「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ちょっと待ってください先輩…あまりレーティングゲームっぽく

なかったのですが…」

リアス・グレモリー「まぁ、いいじゃないの♪ハイグレ人間になれた訳だし!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

姫島朱乃「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!そうです!突っ込んだら負けですよ?」

ゼノヴィア・クァルタ「今はハイグレ人間同士で、一緒に楽しもうじゃないか♪ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

アーシア・アルジェント「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!人間としての常識なんてないので、今なら全員

抱いてもいいってことですよね!?」

兵藤一誠「え…?」

ハイグレ洗脳されても、皆の仲は変わらないまま…それどころか、余計にハーレムが激しくなってしまうのでは

ないかという、嬉しいような怖いような危機が迫る一誠だった。
* Re: 様々なハイグレ人間の誕生4 ( No.36 )
日時: 2018/05/31(木) 16:16:10 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

TrySailとスフィアのハイグレ洗脳

パンスト兵たちはある声優グループ、スフィアを襲撃していた。

寿美菜子「ちょっと…やめっ…!!きゃああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

高垣彩陽「ひっ!!ひやああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

戸松遥「い、いやっ!!いやあああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

豊崎愛生「誰かぁ!!やあああああああ!!!…ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!」

美菜子は紫、彩陽はピンク、遥はオレンジ色、愛生は緑色のハイグレ姿になってハイグレをした。

寿美菜子「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!は…恥ずかしい…!」

高垣彩陽「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ダメ…抵抗もできない…!」

戸松遥「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!やだ…!股間が締め付けてきて…!」

豊崎愛生「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!いや…胸がキツい…!お尻も…!」

4人は必死で抵抗しようとしても、ハイグレによって快楽を与えられ、時間が経つにつれてその快楽に負けてしまった。

寿美菜子「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!あぁん!!ハイグレが気持ちいいよぉ!!」

高垣彩陽「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレ最高!!もう抵抗したのがバカみたい!!」

戸松遥「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!こんな気持ちいいの…私だけじゃ勿体ないわ!!」

豊崎愛生「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!そうだわ!!TrySailにも教えてあげようよ!!」

完全に洗脳されてしまった4人は、TrySailの元へと走って行く…


TrySailのメンバーたちは、自分たちの控室に突然現れたスフィアに絶句していると、そのままあっさり捕まってしまった。

麻倉もも「は、離して下さい!!こんなに乱暴しなくても…!」

雨宮天「ちょっと!!どういうことですか!?それにその水着は…!」

夏川椎菜「い、痛い…!凄い腕力…!」

寿美菜子「ごめんね?でもこれは、あなたたちをハイグレ人間にさせるためなの!」

麻倉もも「は、ハイグレ人間…?」

高垣彩陽「その前に余興というものをしないとね♪」

雨宮天「余興…?」

戸松遥「ただハイグレ人間にさせるのは何だから、人間らしい反応も見たいの…♪」

豊崎愛生「つまり、こういうことだよ♪」

夏川椎菜「あ…この流れってもしかして…ひゃああ!!?」

椎菜の察した通り、スフィアの人たちは、TrySailの人達の服を無理矢理脱がしていった。

瞬く間にやがて服が脱がされていくと、下着姿にされながら身体中を触って来た。

モミモミ、サワサワ

麻倉もも「いやあああ!!やだ…!!触らないでぇ!!」

雨宮天「やめてぇ!!今履いているのは見せパンじゃないのにぃ!!それに私はまだバージンよぉ!!」

夏川椎菜「あ…ああぁぁぁ…!この手付き…か、神ってる…!もっと撫でるようにお願いします…」

ももは必死で抵抗、天は何気に恥ずかしいセリフを連呼、椎菜は満更でもない反応を示していた。

やがて下着も脱がされてしまい、生まれたままの姿にされてしまい更にそこからハイレグ水着を着せられた。

ももはピンク、天は青色、椎菜は黄色のハイグレ姿にされてしまった。

麻倉もも「うぅぅ…何でこんな水着を…!それに身体中に引き締まって…!は、恥ずかしい…!」

雨宮天「やだ!!まだ触るの!?」

夏川椎菜「…まあ、いいんじゃないの…?ハイレグのお陰で私のおマンコ…すごいことになっちゃってるし…」

戸松遥「あ!本当だ!まだイってもないのに、こんなに濡れちゃうもんなの!?そんなに気持ち良かったんだね!?」

椎菜は冷静に見せるが、既にハイレグからわかるように濡れていた。

遥は、苦笑しながら夏菜の大事な部分を指でなぞってみた。

夏川椎菜「はあ…はあ…」

戸松遥「気持ちいいとこ言って…」

厚川椎菜 「ん、もうちょっと上です…」

戸松遥「…ここ?」

夏菜は身をすくめた。

夏川椎菜「あ、うん、そこです…」

戸松遥「ここね…」

夏川椎菜「うああぁぁん…!!」

椎菜のあえぎ声が部屋中に響く。

麻倉もも(椎菜…!あんなにエッチな声を出しちゃって…!)

雨宮天(ハイレグ水着であの喘ぎ声…益々エッチだよ…!)

ももと天は赤面しながら見つめていた。

戸松遥「気持ちいいの?椎菜…」

夏川椎菜「はあっ、はあっ…!!ゆび…入れてぇ…すごい気持ちいいです……!」

戸松遥「うん……わ、簡単に奥まで指が入る…」

遥は、膣に中指を挿入していく。

夏川椎菜「ああ…!あぁ…!」

戸松遥「動かすよ」

そのまま、手をくちゅくちゅと上下に動かした。

夏川椎菜「ああ〜ん!あん、あん、あんあん!!!!」

幼い子供の様な声で叫ぶ、普段はなかなか見せない椎菜。

さっきまで冷静そうな雰囲気はどこへやら。さすがの椎菜も、生物に元来備わっている性の刺激には

耐えきれず、気持ちを保つことができなくなってしまうようだ。

そして、ももに彩陽が、天に美菜子と愛生が攻めて来る。

高垣彩陽「ももちゃん…おっぱい、吸わせて!」

麻倉もも「ええ!?」

言うが早く、彩陽はもものハイレグの胸の部分をずらして、ももの露わになった胸につんと勃っている突起物を口に含んだ。

高垣彩陽「ん…んん〜〜……ちゅっ、ちゅっちゅっ」

麻倉もも「くぁぁう……おっぱいぃぃ……うあぁぅんっ!!!あうぅんっ!!!」

ももは、思わず彩陽の頭をぎゅっと抱いて空に向かってあえぎ続ける。

次に、愛生と美菜子は、天のハイレグの股間の部分をずらして、そのままマン○や胸を愛撫していた。

くちゅくちゅくちゅくちゅ…

雨宮天「あぁ〜ん、イクイクイク〜〜…!!」

悩ましげな声をあげる天に、愛生の息が荒くなってくる。

雨宮天「もっと、早くしてぇ…」

豊崎愛生 「はあ、はあ…すごい…ジュクジュク言ってるよ…」

雨宮天「あっ、イっちゃいそう、マンコ、マンコ気持ちいい!!」

寿美菜子「いっぱい濡れてる…すごいやらしい顔してるよ?」

雨宮天「あっあっあっあっあっ!!!!」

喉の奥から高い声が出てしまう。

雨宮天「ふにゃあぁぁん!!!イっ…クぅぅうぅぅっっ!!!!」

天は、体を縮こまらせて、ひと際大きく叫ぶと、びくっ、びくっ、と体を何度か跳ねさせ、ばたっと倒れてしまった。


彩陽はももの足の付け根に顔を近づけ、そっと抑えられた手をどけて、ハイレグの上から股間を舐め始めた。

麻倉もも「ぅん……んんぅ……」

高垣彩陽「これも気持ちいい?」

麻倉もも「はい…とっても痺れます…」

高垣彩陽「ここは、どう?」

クリを唇でつまんでみた。

麻倉もも 「…あん!!き、気持ちいいですぅ…!」

高垣彩陽「シックスナインしよっか」

彩陽はそう言うと、四つん這いになって、ももの体の上に移動し、頭を反対側に向けて、お互いの秘所を舐めあった。

高垣彩陽「あん……いいね、気持ちいい」

ぺちゃ…くちゅ、ちゅぱっ、ちゅぱっ。

麻倉もも「はい…高垣さんの体温が伝わります…」

ぺろ、ぺろ…ちゅぅぅ…ちゅぷちゅぷっ。

熱のこもる体で、ハイレグから見えるすべすべしたおしりや、太ももをさすり合いながら、お互い一番恥ずかしい場所を舐めあう二人。

麻倉もも「あっ…舌が入ってきてる…気持ちい…!気持ちいっ……!!!」

高垣彩陽「ああ〜…どんどん濡れてくるよ…」

麻倉もも 「あん!あんっ!あんっ!あんっ!」

ももは、彩陽の舌技によって、マン○により強く刺激され、あまりの強い快感に、舐めていた口を離して叫んでしまう。

高垣彩陽「もものイクとこ見せて…!」

麻倉もも 「ああ〜〜〜〜っ、あっあっあっあっ!!!」

高垣彩陽「わっ、おマン○の中すごい…すごいピクピクいってるよ…!ペロペロ、レロレロ、チュー!!」

麻倉もも「…イク…イクっ……もう、イクぅっ!!イクぅぅぅっ!!!イっちゃうよぉっっ!!!」

ももは頭と上体を真後ろに反らせ、びくん!びくん!と痙攣させた。

こうして3人はイってしまうと、やがてハイグレ洗脳されてしまった。

麻倉もも「ハイグレッ♪ハイグレッ♪ハイグレッ♪」

雨宮天「ハイグレッ!!ハイグレッ!!ハイグレエェン!!!」

夏川椎菜「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレ洗脳完了!!」

寿美菜子「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!よろしくね!」

高垣彩陽「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!とっても可愛いわよ♪」

戸松遥「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレもいいけど、さっきのももっとやろうね!」

豊崎愛生「ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレッ!ハイグレ人間に生まれ変わってよかったよ!」

TrySailとスフィアは仲良くハイグレをすると、この後また7人でやり合うのは別の話…
* Re: 様々なハイグレ人間の誕生4 ( No.37 )
日時: 2018/06/01(金) 19:56:57 メンテ
名前: ゾンバヌ

ん〜〜そうですか〜〜知らなかったか〜〜なら仕方ないですね。

もしもまたリクエストをする機会があれば、今度は分かりやすい物を出します。

活動、頑張ってください。

Page: [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15]
 
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP
題名 スレッドをトップへソート
名前
添付FILE 文章合計600Kbyteまで
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

※必須

   クッキー保存