window
トップページ > 記事閲覧
* 研究所ss (誰でも書き込みok)

日時: 2018/05/05(土) 09:23:21 メンテ
名前: ハイグレ人間

研究所シチュss を自由書き込んでください。
 
Page: [1] [2]
* Re: 研究所ss (誰でも書き込みok) ( No.5 )
日時: 2018/05/15(火) 23:51:50 メンテ
名前: 左京大夫

スランプ出しきれない、自分がいる、研究所書きたいけど、書けない自分の無力さ。
* Re: 研究所ss (誰でも書き込みok) ( No.6 )
日時: 2018/09/18(火) 14:28:21 メンテ
名前: 研究所ss (誰でも書き込みok)

進撃の巨人その後

リコ『ハイグレ❗ハイグレ❗ハイグレ❗ハイグレ❗お前達だいぶ立派なハイグレ人間になったな❗』
ミーナ&ハンナ『ハイグレ❗ハイグレ❗ハイグレ❗ハイグレ❗』
ヒッチ&ペトラ『ハイグレ❗ハイグレ❗ハイグレ❗』
ユミル『クリスタはハイグレは可愛いから❤良いなあおまけに足も臭いしな❗ハイグレ❗ハイグレ❗ハイグレ❗ハイグレ気持ちいいな❤』クリスタ『ユミル❗私は足臭くないよ❗ハイグレ❗ハイグレ❗ハイグレ❗』サシャ『ハイグレ❗ハイグレ❗ハイグレ❗アニとミカサの臭い足美味しそうですハイグレ❗ハイグレ❗ハイグレ❗』アニ『私の足を舐めて良いのはアルミンだけだからハイグレ❗ハイグレ❗ハイグレ❗』ミカサ『アルミン❗もっとキリよくハイグレしてハイグレ❗ハイグレ❗ハイグレ❗ハイグレ❗ハイグレ最高❗ハイグレ拒むのは例えエレンでも削ぐ❗』アルミン『ハイグレ❗ハイグレ❗ハイグレ❗ハイグレ❗ちんちんが気持ちいい❤ハイグレ❗ハイグレ❗ハイグレ❗』全員素足でハイグレポーズをしていた
* Re: 研究所ss (誰でも書き込みok) ( No.7 )
日時: 2018/09/19(水) 23:28:30 メンテ
名前: 左京大夫

この場を借りまして、小説の投稿から身を引かせてもらいます。
* Re: 研究所ss (誰でも書き込みok) ( No.8 )
日時: 2018/11/07(水) 01:16:07 メンテ
名前: 真奈美

センチメンタルトレイン選抜のハイグレ書いてほしいわ。
* Re: 研究所ss (誰でも書き込みok) ( No.9 )
日時: 2018/11/07(水) 14:32:38 メンテ
名前: 真奈美

投稿やめます。皆様、小説投稿者の皆様ごめおかけしてすみません。キムチと鯣は私の友人です。
* Re: 研究所ss (誰でも書き込みok) ( No.10 )
日時: 2018/11/14(水) 22:35:12 メンテ
名前: 名無しさん

初めてここに文章を書きます。 どうぞよろしくお願いします。

[アイドルマスター シンデレラガールズ U149編]
赤城 みりあ 「ふふふ、見破られたのなら仕方ないわね。えいっ!


みりあは服を脱ぎだすと、赤色のハイグレ姿になった。


橘 ありす 「みりあちん。 その姿は...!?」


赤城 みりあ 「えへへ, そうだよ。私はハラマキレディー様のスパイよ。ハイグレ! ハイグレ! ハイグレ!」


古賀 小春 「そんな... みりあちゃん...!」


赤城 みりあ 「はっ!」


バキ!!


的場 梨沙 「うわああ!!」


みりあは的場 梨沙を蹴り飛ばすと、バリアのレバーを解除した。


赤城 みりあ 「バリア解除!」


天井から穴が開き、ハラマキレディースとパンスト兵たちが登場した。


ハラマキレディース「「「ハラマキレディース!参上!!」」」


龍崎 薫 「ヤ...ヤバイ!みんな逃げ行かなければなら!」


ハラマキレディース「さぁ、全員ハイグレ姿にしておしまい!!」


パンスト兵士たちがハイグレ銃を乱射した。


横山 千佳「きゃあああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」


千佳はピンク色のハイグレ姿になった。


古賀 小春 「えっ... ゃああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」


小春は肌色のハイグレ姿になった。


佐々木 千枝「大変…!!ありすちゃん! 他の子供たちを連れて来逃げ!!!」


橘 ありす 「わ... わかりました!」


的場 梨沙 「ハイグレ! ハイグレ! ハイグレ!」


結城 晴 「うあああああっ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」


梨沙はヒョウがら、晴は青い色のハイグレ姿になった。


龍崎 薫「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」


市原 仁奈「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」


続いて薫はオレンジ色、仁奈は黃色のハイグレ姿になった。


軟豆色のハイグレ姿になったルーキートレーナーと、告Fのハイグレ姿になったベテラントレーナーの横を通り過ぎると…


橘 ありす 「こちらです!」


櫻井 桃華 「きゃあああああ!!!」


遊佐 こずえ 「ふわああああ!!!」


佐城 雪美 「こずえちゃん!」


福山 舞 「桃華ちゃん!」


櫻井 桃華 「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」


遊佐 こずえ 「ハイグレ...!ハイグレ...!ハイグレ...!」


桃華は紅色、こずえは白色のハイグレ姿になった。


橘 ありす「急いでください!!みんなを助けるためにもここにいてはいけません…!!」


ありすと雪美と舞が隠し部屋に入っていくと…


佐々木 千枝 「ここは誰も通れません…! いゃあああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」


千枝は紺色のハイグレ姿になった。


橘 ありす 「千枝ちゃん...!」


そして隠し扉を閉めたその時だった。突然空間が開きだし、その開いた空間からパンスト兵士たちが現れた。


橘 ありす「きゃあ!? そ... そんな…!」


佐城 雪美 「も...逃げられない...!」


福山 舞 「プロデューサーさん...!」


空間から現れたパンスト兵たちは容赦なくハイグレ光線を乱射させた。


橘 ありす 「ゃあああああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」


佐城 雪美 「ああああああああん....! ハイグレ...!ハイグレ...!ハイグレ...!」


福山 舞 「きゃああああああああ!!! ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」


ありすは薄*色、雪美はK色、舞は粉紅色のハイグレ姿になった。


任務が終わったハラマキレディースたちは、次のターゲットたちのいる所へと向かう


ハラマキレディース A「よし、行くわよ!!」, B・C「「ラジャー!!」」


ハラマキレディースたちはその場から立ち去ると、ハイグレ人間にされた人たちは綺麗に並び、恥ずかしがったり抵抗しながらハイグレをしていた。


『立ち位置』


ベテラントレーナー(告F) ルーキートレーナー(軟豆色) 小春(肌色) 晴(青い色) 梨沙(ヒョウがら) 桃華(紅色) ありす(薄*色) みりあ(赤色) 千枝(紺色) こずえ(白色) 雪美(K色) 千佳(ピンク色) 舞(粉紅色) 薫(オレンジ) 仁奈(黃色)


←…ハラマキレディースたちが移動…


全員「「「「「ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!」」」」


そして時間が程なく...


全員「「「「「ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレード人間として、今洗脳を完了しました!!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレード魔王様、ばんざい!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!」」」」



すべてハイグレード人間になって、笑みを浮かべてハイグレードを始めた。


...どうですか, ハイグレ好き(ブラック)さん?
* Re: 研究所ss (誰でも書き込みok) ( No.11 )
日時: 2018/11/14(水) 22:39:10 メンテ
名前: 名無しさん

掲示文に掲載した文章が誤打を見つけて再び書きます。

[アイドルマスター シンデレラガールズ U149編]
赤城 みりあ 「ふふふ、見破られたのなら仕方ないわね。えいっ!


みりあは服を脱ぎだすと、赤色のハイグレ姿になった。


橘 ありす 「みりあちん。 その姿は...!?」


赤城 みりあ 「えへへ, そうだよ。私はハラマキレディー様のスパイよ。ハイグレ! ハイグレ! ハイグレ!」


古賀 小春 「そんな... みりあちゃん...!」


赤城 みりあ 「はっ!」


バキ!!


的場 梨沙 「うわああ!!」


みりあは的場 梨沙を蹴り飛ばすと、バリアのレバーを解除した。


赤城 みりあ 「バリア解除!」


天井から穴が開き、ハラマキレディースとパンスト兵たちが登場した。


ハラマキレディース「「「ハラマキレディース!参上!!」」」


龍崎 薫 「ヤ...ヤバイ!みんな逃げ行かなければなら!」


ハラマキレディース「さぁ、全員ハイグレ姿にしておしまい!!」


パンスト兵士たちがハイグレ銃を乱射した。


横山 千佳「きゃあああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」


千佳はピンク色のハイグレ姿になった。


古賀 小春 「えっ... ゃああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」


小春は肌色のハイグレ姿になった。


佐々木 千枝「大変…!!ありすちゃん! 他の子供たちを連れて来逃げ!!!」


橘 ありす 「わ... わかりました!」


的場 梨沙 「ハイグレ! ハイグレ! ハイグレ!」


結城 晴 「うあああああっ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」


梨沙はヒョウがら、晴は青い色のハイグレ姿になった。


龍崎 薫「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」


市原 仁奈「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」


続いて薫はオレンジ色、仁奈は黃色のハイグレ姿になった。


軟豆色のハイグレ姿になったルーキートレーナーと、告Fのハイグレ姿になったベテラントレーナーの横を通り過ぎると…


橘 ありす 「こちらです!」


櫻井 桃華 「きゃあああああ!!!」


遊佐 こずえ 「ふわああああ!!!」


佐城 雪美 「こずえちゃん!」


福山 舞 「桃華ちゃん!」


櫻井 桃華 「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」


遊佐 こずえ 「ハイグレ...!ハイグレ...!ハイグレ...!」


桃華は紅色、こずえは白色のハイグレ姿になった。


橘 ありす「急いでください!!みんなを助けるためにもここにいてはいけません…!!」


ありすと雪美と舞が隠し部屋に入っていくと…


佐々木 千枝 「ここは誰も通れません…! いゃあああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」


千枝は紺色のハイグレ姿になった。


橘 ありす 「千枝ちゃん...!」


そして隠し扉を閉めたその時だった。突然空間が開きだし、その開いた空間からパンスト兵士たちが現れた。


橘 ありす「きゃあ!? そ... そんな…!」


佐城 雪美 「も...逃げられない...!」


福山 舞 「プロデューサーさん...!」


空間から現れたパンスト兵たちは容赦なくハイグレ光線を乱射させた。


橘 ありす 「ゃあああああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」


佐城 雪美 「ああああああああん....! ハイグレ...!ハイグレ...!ハイグレ...!」


福山 舞 「きゃああああああああ!!! ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」


ありすは藍色、雪美はK色、舞は粉紅色のハイグレ姿になった。


任務が終わったハラマキレディースたちは、次のターゲットたちのいる所へと向かう


ハラマキレディース A「よし、行くわよ!!」, B・C「「ラジャー!!」」


ハラマキレディースたちはその場から立ち去ると、ハイグレ人間にされた人たちは綺麗に並び、恥ずかしがったり抵抗しながらハイグレをしていた。


『立ち位置』


ベテラントレーナー(告F) ルーキートレーナー(軟豆色) 小春(肌色) 晴(青い色) 梨沙(ヒョウがら) 桃華(紅色) ありす(薄*色) みりあ(赤色) 千枝(紺色) こずえ(白色) 雪美(K色) 千佳(ピンク色) 舞(粉紅色) 薫(オレンジ) 仁奈(黃色)


←…ハラマキレディースたちが移動…


全員「「「「「ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!」」」」


そして時間が程なく...


全員「「「「「ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレード人間として、今洗脳を完了しました!!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレード魔王様、ばんざい!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!」」」」



すべてハイグレード人間になって、笑みを浮かべてハイグレードを始めた。
* Re: 研究所ss (誰でも書き込みok) ( No.12 )
日時: 2018/11/15(木) 23:18:51 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

ハイグレード人間じゃなくて『ハイグレ人間』、
ハイグレード魔王様じゃなくて『ハイグレ魔王様』ね?

所々おかしなセリフもありましたが…
でも、書いてくれてありがとうございます
これからも書く機会があれば頑張って下さい!

何でしたら私の書き方をコピーしても構いませんよ?
* Re: 研究所ss (誰でも書き込みok) ( No.13 )
日時: 2018/11/16(金) 05:28:16 メンテ
名前: 名無しさん

申し訳ありません。翻訳者が異常に解釈して...後で再修正してアップしますね。毎回リクエストしてくださる小説をソジュシたいざ報いるさせていただくことがなく小説を書いた。
* Re: 研究所ss (誰でも書き込みok) ( No.14 )
日時: 2018/11/17(土) 03:17:12 メンテ
名前: 名無しさん

翻訳機が変に翻訳してしまったのでまた乗せます。 すいません。

アイドルマスター シンデレラガールズ U149編
赤城 みりあ 「ふふふ、見破られたのなら仕方ないわね。えいっ!」

みりあは服を脱ぎだすと、赤色のハイグレ姿になった。

橘 ありす 「みりあちん。 その姿は...!?」 ”

赤城 みりあ 「えへへ, そうだよ。私はハラマキレディー様のスパイよ。ハイグレ! ハイグレ! ハイグレ!」

古賀 小春 「そんな... みりあちゃん...!」

赤城 みりあ 「はっ!」

バキ! !

的場 梨沙 「うわああ!!」

みりあは的場 梨沙を蹴り飛ばすと、バリアのレバーを解除した。

赤城 みりあ 「バリア解除!」

天井から穴が開き、ハラマキレディースとパンスト兵たちが登場した。

ハラマキレディース「「「ハラマキレディース!参上!!」」」

龍崎 薫 「ヤ...ヤバイ!みんな逃げ行かなければなら!」

ハラマキレディース「さぁ、全員ハイグレ姿にしておしまい!!」

パンスト兵士たちがハイグレ銃を乱射した。


横山 千佳「きゃあああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

千佳はピンク色のハイグレ姿になった。

古賀 小春 「えっ... ゃああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

小春は肌色のハイグレ姿になった。

佐々木 千枝「大変…!!ありすちゃん! 他の子供たちを連れて来逃げ!!!」

橘 ありす 「わ... わかりました!」

的場 梨沙 「ハイグレ! ハイグレ! ハイグレ!」

結城 晴 「うあああああっ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

梨沙はヒョウがら、晴は青い色のハイグレ姿になった。

龍崎 薫「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

市原 仁奈「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

続いて薫はオレンジ色、仁奈は黃色のハイグレ姿になった。

軟豆色のハイグレ姿になったルーキートレーナーと、告Fのハイグレ姿になったベテラントレーナーの横を通り過ぎると…


橘 ありす 「こちらです!」

櫻井 桃華 「きゃあああああ!!!」

遊佐 こずえ 「ふわああああ!!!」

佐城 雪美 「こずえちゃん!」

福山 舞 「桃華ちゃん!」

櫻井 桃華 「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

遊佐 こずえ 「ハイグレ...!ハイグレ...!ハイグレ...!」

桃華は紅色、こずえは白色のハイグレ姿になった。

橘 ありす「急いでください!!みんなを助けるためにもここにいてはいけません…!!」

ありすと雪美と舞が隠し部屋に入っていくと…

佐々木 千枝 「ここは誰も通れません…! いゃあああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

千枝は紺色のハイグレ姿になった。

橘 ありす 「千枝ちゃん...!」

そして隠し扉を閉めたその時だった。突然空間が開きだし、その開いた空間からパンスト兵士たちが現れた。

橘 ありす「きゃあ!? そ... そんな…!」

佐城 雪美 「も...逃げられない...!」

福山 舞 「プロデューサーさん...!」

空間から現れたパンスト兵たちは容赦なくハイグレ光線を乱射させた。

橘 ありす 「ゃあああああああ!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

佐城 雪美 「ああああああああん....! ハイグレ...!ハイグレ...!ハイグレ...!」

福山 舞 「きゃああああああああ!!! ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

ありすは藍色、雪美はK色、舞は粉紅色のハイグレ姿になった。

任務が終わったハラマキレディースたちは、次のターゲットたちのいる所へと向かう

ハラマキレディース A「よし、行くわよ!!」, B・C「「ラジャー!!」」

ハラマキレディースたちはその場から立ち去ると、ハイグレ人間にされた人たちは綺麗に並び、恥ずかしがったり抵抗しながらハイグレをしていた。

『立ち位置』

ベテラントレーナー(告F) ルーキートレーナー(軟豆色) 小春(肌色) 晴(青い色) 梨沙(ヒョウがら) 桃華(紅色) ありす(薄*色) みりあ(赤色) 千枝(紺色) こずえ(白色) 雪美(K色) 千佳(ピンク色) 舞(粉紅色) 薫(オレンジ) 仁奈(黃色)

←…ハラマキレディースたちが移動…


全員「「「「「ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!」」」」

そして時間が程なく...

全員「「「「「ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ人間として、今洗脳を完了しました!!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ魔王様、ばんざい!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!」」」」



すべてハイグレ人間になって、笑みを浮かべてハイグレを始めた。



お願いしますよ!間違えないとおっしゃってください!
あ,そしてもしハイグレ好き(ブラック)さんは研究所でのハイグレシーン場面がしたいアニメーション作品ありますか?

ずっと要請ばかりしてすみません。何かお返ししたいですが,, お礼に書いて上げたいです。もちろん,私の語彙能力が不足して問題ですが,それでも最善をつくします。

もし可能であれば,ここにも様々なハイグレ人間の誕生作品を少なくてもいいですか。

この前書いてくださった作品, アイドルハイグレマスターシンデレラガールズが気に入って後編を書きたいです。 アイドルマスター ミリオンライブ!編です。
* Re: 研究所ss (誰でも書き込みok) ( No.15 )
日時: 2018/11/17(土) 15:32:42 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

それでは、けものフレンズをお願いします
* Re: 研究所ss (誰でも書き込みok) ( No.16 )
日時: 2018/11/26(月) 00:41:10 メンテ
名前: 名無しさん

遅れてすみません!!
* Re: 研究所ss (誰でも書き込みok) ( No.17 )
日時: 2018/11/26(月) 00:43:16 メンテ
名前: 名無しさん

[けものフレンズ 篇]

ミライ 「ふっふっふっ…見破られたなら仕方ないわね…ハア!」

ミライ は服を脱ぎだすと、青い色はんもんハイグレーの姿になった

かばん「ミライさん...! その身なりはまさか...!?」

ミライ「いかにも、私はハラマキレディース様のスパイなんですよ!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

皆の前でハイグレポーズを決めるミライにフレンズたちは…

ジャガー「いったい...何が起こっているの?」

オーロックス「なななな なにそれ!? あいつの頭がどうなっちゃったの?!」

サーバル「今こうしている時ではありません! 早くラッキービーストを... あっ!?」

ミライ「ハァ!」

ドコ! 「ウアッ!?」

ミライはラッキービーストを蹴り飛ばし、バリアを解除させてしまった。。

ミライ「バリア解除完了!!」

バリアのために入れなかったハラマキレディースとパンスト兵が研究所に入り始める。

ハラマキレディース「「「ハラマキレディース!参上!!」」」

アライグマ「パークの危機なのだ!」

フェネック「みんな早く逃げろ! はやく!」

ハラマキレディース「さぁ、フレンズ全員ハイグレ姿にしておしまい!!」

パンスト兵たちがハイグレ銃を乱射した。そしてフェネックの言葉に逃げる皆。 しかし,もう遅い。

ジャガー「わああああああぁ?!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

ジャガーはヒョウ縞ハイグレ姿になった。

トキ「ふわああああああ~~!!!ハイグレ~!ハイグレ~!ハイグレ~!」

トキは鮮紅色のハイグレ姿になった。

フェネック「いけない…!先にリードしてかばんちゃんを連れて逃げるの! はやく!」

サーバル「あ,わかった!!」

アラビアオリックス「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

オーロックス「くわああああああぁ?!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

アラビアオリックスは白色、オーロックスはK色のハイグレ姿になった。

ギンギツネ「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

キタキツネ「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

続いてギンギツネは銀色、キタキツネオレンジ色のハイグレ姿になった。

黒色のハイグレ姿になった ペパプの横を通り過ぎると…

アライグマ「早く!早く走れ!!」

スナネコ「いやあああああ…!!」

アメリカビーバー「ああああああ!!!」

かばんちゃん「スナネコちゃん…!」

サーバル「アメリカビーバー!」

スナネコ「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

アメリカビーバー「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!

スナネコは黄色に黒の縞模様、アメリカビーバーは褐色のハイグレ姿になった。


アライグマ「急いで…!みんなを助けるためにもここにいてはいけないわ…!」


アライグマとかばんちゃんとサーバル,ラッキービーストが隠し部屋に入っていくと…

フェネック「ここから先は通さないわ…!いやああああん!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

フェネックはピンク色のハイグレ姿になった。

アライグマ「フェネック…」

そして隠し扉を閉めたその時だった。でも急にラッキービーストの機体から光が上がり突然空間が開きだし、その開いた空間からパンスト兵たちが現れた。

アライグマ「何!?あの空間は…!?」

サーバル「どうやって? どうやってここに入れるんだ?」

空間の中からパンスト兵たちと一緒に登場したミライ。 彼女は微笑みながら

ミライ「ふふふ。ラッキービーストの中に伝送装置をつけておいたよ。これ以上逃げる所はないって? ふふふ。」

かばんちゃん「そんな…!」

空間から現れたパンスト兵たちは容赦なくハイグレ光線を乱射させた。

アライグマ「きゃあああああ!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

サーバル「いやあああああん!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

かばんちゃん「きゃあああああ!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

アライグマは青色、サーバルは黄色に茶色い水玉模様、かばんちゃんは赤色のハイグレ姿になった。

任務が終わったハラマキレディースたちは、次のターゲットたちのいる所へと向かう

ハラマキレディースA「よし、行くわよ!!」B・C「「ラジャー!!」」

ハラマキレディースたちはその場から立ち去ると、ハイグレ人間とハイグレフレンズにされた人たちは綺麗に並び、恥ずかしがったり抵抗しながらハイグレをしていた。


『立ち位置』
ミライ ジャガー トキ キタキツネ ギンギツネ アメリカビーバー ロイヤルペンギン コウテイペンギン ジェンツーペンギン イワトビペンギン フンボルトペンギン フェネック スナネコ サーバル かばんちゃん アライグマ オーロックス アラビアオリックス
←…ハラマキレディースたちが移動…


全員「「「「「ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!」」」」

そして時間が程なく...

全員「「「「「ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ人間として、今洗脳を完了しました!!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ魔王様、ばんざい!!ハイグレ!!ハイグレ!!ハイグレ!!」」」」

すべてハイグレ人間になって、笑みを浮かべてハイグレを始めた。

遅くなり、申し訳ありません。 個人的に用事があって文章を書く暇がなかったんです。

どうですか?大丈夫ですか? 該当作品を見たことがないので,動物の中で好感が持てる子達を選んでいましたが....

誤打があれば修正します。
* Re: 研究所ss (誰でも書き込みok) ( No.18 )
日時: 2018/11/26(月) 21:28:33 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

書いていただきありがとうございます
作品を見たことがないからキャラの口調までや誤字は仕方ないとして、
立ち位置に関してですが、あまり詰め過ぎますと見えにくいので、こう書き直してみました。

            『立ち位置』
ミライ ジャガー トキ オーロックス アラビアオリックス アメリカビーバー
   プリンセス コウテイ ジェーン イワビー フルル ←※PPPたちはこう呼ばれています
スナネコ フェネック サーバル かばんちゃん アライグマ キタキツネ ギンギツネ

また何か書く機会があれば、私の書き方をコピーしても構いませんよ
最初はマネでもいいですから
* Re: 研究所ss (誰でも書き込みok) ( No.19 )
日時: 2018/11/28(水) 20:39:17 メンテ
名前: 名無しさん

応援してくださってありがとうございます。 実は,こうして小説の展開を書いていると好ましくないと思い,何気なく書き写しました。

ところでハイグレ好き(ブラック)さん。
次回は,ハイグレ好き(ブラック)さんが書いた"アイドルハイグレマスターシンデレラガールズ"小説の裏編の一環として,"アイドルマスター ミリオンライブ!"編を使ってもいいでしょうか。 もちろん,研究所場ではないですが···。
* Re: 研究所ss (誰でも書き込みok) ( No.20 )
日時: 2018/11/28(水) 21:49:08 メンテ
名前: ハイグレ好き(ブラック)

いいとも!
私の作品を参考にしてくれるのは嬉しいですし、構わず使ってください!
* Re: 研究所ss (誰でも書き込みok) ( No.21 )
日時: 2018/11/29(木) 00:22:51 メンテ
名前: 名無しさん

ありがとうございます! 日本の文化が好きなのにどうして日本語が分からなくて失礼になったのに喜んで許して下さるとはありがとうございます。 もちろん,私の語彙力と求償力,翻訳機が私の意図通りに翻訳してくれるかどうか疑問ですが··· 頑張ります!!

 あ,そしてハイグレ好き(ブラック)さんにお願いしたアイドルマスターシンデレラガールズU149小説も楽しみにしています。 もちろん,まだまだですが,みりあと武内Pのエンディングが楽しみです。

&#160;私がミリアのファンで,みりあX武内P支持者だからです。 ムフフフ...!<=警察:あなたの手に手錠をプレゼントします。

(連行中)

&#160;...私はただ... みりあと武内Pが パンスト兵 の攻撃を避けたが,結局はハイグレ人間になって結婚するエンディングを見たい一人の紳士だっただけ
* Re: 研究所ss (誰でも書き込みok) ( No.22 )
日時: 2018/12/04(火) 22:35:02 メンテ
名前: 名無しさん

小説拝見しました。 本当に私が望んでいた構想を超えて本当に最高でした! 私も早くミリオンライブを使うか&#183;&#183;&#183;

惜しくも構想をすべて完了することができなくて他の作品で代わりに謝罪と恩返しで答えます...

作品はインフィニット・ストラトス。 好きかどうかも,あるいは重複される場合があるかもしれませんが,一応思い出すのがこの作品しかないですね。
そして後で怒られるか心配であらかじめ了解をお願いするため先に申し上げます。

この前,ロクでなし魔術講師と禁忌教典作品のように男主が魔王になって洗脳させる展開で行きます。 大丈夫...でしょう?文壇が長くなれば首になるから,この文を先に載せた後に研究所の場面を載せます。 了解お願いします。

そして...人気のある女子キャラクターをスパイにします!<=何だと!?
* Re: 研究所ss (誰でも書き込みok) ( No.23 )
日時: 2018/12/04(火) 22:37:09 メンテ
名前: 名無しさん

<<インフィニット・ストラトス 編>>
シャルロット デュノア 「ふふふ、見破られたのなら仕方ないわね。えいっ!」

シャルロットは服を脱ぎだすと、オレンジ色のハイグレ姿になった。

ラウラ ボーデヴィッヒ 「シャル!? な.... 何だ,その服装は!?」

シャルロット デュノア 「いかにも。私はハイグレ人間,シャルロット・デュノア。 ハイグレ魔王様, 織斑一夏様のスパイよ。ハイグレ! ハイグレ! ハイグレ!」

皆の前でハイグレポーズを決めるシャルロットに学生たちは…

セシリア オルコット 「な.... なんでしょうか!? そんな破廉恥なポーズは!?」

シャルロット デュノア 「はっ!!」

更識 簪「キャアッ!?」

シャルロットは更識 簪を蹴り飛ばし、バリアを解除のレバーを引いた。

シャルロット デュノア 「バリア解除!」

(学院の周りに作動していたバリアが消えて,学院にドリルで穴をあけられ、ハイグレレディースとパンスト団が侵入)

ハラマキレディース「「「ハラマキレディース!参上!!」」」

ファン・リンイン 「何だ...あの変態は!?」

篠ノ之箒 「一夏を怪しくさせたその怪集団か。」

ハラマキレディース「さぁ、さあ, 魔王様の命令によって全員ハイグレ姿にしておしまい!!」

パンスト兵たちがハイグレ銃を乱射した。

山田 真耶 「ああああん!!! ハイグレ! ハイグレ! ハイグレ!」

真耶は黃色のハイグレ姿になった。

セシリア・オルコット「あ...ああ... きゃああああああ!!! ハイグレ! ハイグレ! ハイグレ!」

セシリアは色のハイグレ姿になった。

織斑千冬 「しまった! 之箒! お前だけでも残った学生たちと一緒に連れて早く逃げろ!」

篠ノ之箒 「は...はい!」

更識 簪 「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

更識楯無「きゃああああ!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

簪は告F、楯無は *色のハイグレ姿になった。

布仏 虚「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

布仏 本音「ハイ~~グレ~~!ハイ~~グレ~~!ハイ~~グレ~~!」

続いて虚は*色、本音は紅色のハイグレ姿になった。

黒色のハイグレ姿になったクラリッサ・ハルフォーフをはじめとする黒いウサギの部隊の横を通り過ぎると…

篠ノ之箒「こっち!」

五反田 蘭「わああああああ!!!」

ファン・リンイン 「蘭ちゃん?!」

ラウラ・ボーデヴィッヒ「蘭?!」

五反田 蘭「ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

蘭は赤色のハイグレ姿になった。なのに。

篠ノ之箒「きゃああああ!!!!」

隠れた部屋のドアを開けた之箒の悲鳴が聞こえた! 声のした方に背を向けたリンインとラウラ。そこには...

篠ノ之箒 「は...ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

赤色のハイグレの姿になってしまった之箒があった。

ラウラ・ボーデヴィッヒ 「之箒?!」

ファン・リンイン 「一体何が起こったの?」

そして,隠し部屋の中から突然誰かが現れた。

篠ノ之束 「ふふふ,本当によく似合うハイグレ姿だ。 之箒ちゃん!」

中から現れたのは,紫色のハイグレー姿の之束だった!

織斑千冬 「何してるの?! みんな早く隠れた部屋に入らないで... 之束!? その身なりは? もしかして?」

逃げ所のない3人 しかし彼らの眼中も考えずたちまち包囲したパンスト兵たちは容赦なくハイグレ光線を乱射させた。

ファン・リンイン 「いやあああん!!!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

ラウラ・ボーデヴィッヒ 「あああああっ!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

織斑千冬 「うああああっ!ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ!」

リンインは粉紅色、ラウラは灰色、千冬はK色のハイグレ姿になった。
* Re: 研究所ss (誰でも書き込みok) ( No.24 )
日時: 2018/12/04(火) 22:39:37 メンテ
名前: 名無しさん

(後編です)
何時間が過ぎた学院。。。

ハラマキレディース 「もっと頑張るように! 魔王様のためにもっと一生懸命ハイグレをしろ!」

全員「はい! ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ! 」

みんなで一生懸命ハイグレをしていたころ,塾から離れてしまったところ。 オレンジ色のハイグレー姿のシャルルは誰かを待っていた. それはまさに

シャルロット・デュノア 「あ! 魔王様! ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ! 」

空間開きのハイグレー魔王。 仮面を脱ごう

織斑一夏 「シャル。お疲れ様。」

ハイグレー成人 ハイグレ魔王になってしまった一夏がいた。 でもシャルはむしろ喜んで

シャルロット・デュノア 「ううん!私は何もしていないんです。 魔王様のためにしたんだから。」

シャルは首を振って言った.

織斑一夏 「シャル。敬語を使わないで。 私たちってもう夫婦でしょ? 」

シャルロット・デュノア 「でも,イチカは私の大切な存在だから。 そして 私みたいなハイグレー人間には仕えるべき存在だし ハイグレ!ハイグレ!ハイグレ! 」

恥ずかしくハイグレをするシャル.

織斑一夏 「でも,うれしいよ。シャルがこんなに立派に仕事をやりこなしてくれるからさ。」

学院の生徒,教師たち全員がハイグレーの姿になった姿に感嘆する一夏。 皆,ハイグレーの魔王のためにハイグレをしながら集中していた。

一夏はその姿に感激しながら,再びシャルに向って振り返った。

織斑一夏「シャル,ありがとう。 何か恩返しをしてあげたい。 もし何か欲しいものがある?」

シャルロット・デュノア 「え?あの...そう 急に聞かれたら...」

顔が赤くなって手と足を枕にするシャル。 そしてシャルルは勇気を出して口を開く。

シャルロット・デュノア 「キー..」

織斑一夏 「うん?何と?」

シャルロット・デュノア 「キス...してあげてください!」

シャルが小さな声で言った. 一夏はその言葉に微笑を浮かべながら

織斑一夏 「キスより上の賞をあげるよ。」

シャルロット・デュノア「はい? きゃっ!?」

驚いたシャル. そしてシャルの腰を抱く一夏.

織斑一夏 「宇宙船に行こう。 そこで...僕と君の... 初めて洗脳された時のように 二人だけの時間を持とう。」

シャルは顔を赤らめて感激している. そして学院の後ろに彼女をおぶって姿を消す。 2人で何をしていたのかは後日,ハイグレ魔王に後継者が誕生したという知らせがあったことからも分かる。


...なにか無理な展開のようで,鳥肌の立つ展開ですね。 書き始める途中に鳥肌が
Page: [1] [2]
 
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP
題名 スレッドをトップへソート
名前
添付FILE 文章合計600Kbyteまで
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

※必須

   クッキー保存