原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名Re: DCCサウンド
コメント DD51は、基板関連の干渉は無くスムーズに行きました。
永末さんのデコーダーは、テールライトが「入替標識」状態にできるなど、日本型を意識した設計になっているので、良いですよ。当方のDD51のテールライトも点灯させました!DE10対応が早く出るとうれしいですね。永末さんもお忙しいようですのですので、気長に待ちたいところです。

MRCに関しては、MRC1637を8100に乗せています。CV124の設定は変えましたが、思いの外違和感が無く満足です。サウンドデコーダーは集電不良が起こると興ざめなので、テンダーとエンジン間に引き通し線を渡して、集電に心がけています。片側4〜5輪の集電を確保しています。また集電ブラシは全て、フランジの裏をこする形を取っています。踏面をこする方法は、ブラシが汚れやすいので、不利だと考えています。

写真は、テンダーへの搭載状態です。基板はコネクターの固定と低電流ダイオード配線の固定に使っています。

なお、天賞堂プラのEF15への搭載は、リンク先の「庶茂内模型鉄道」殿のブログに報告されているようです。
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

サイズ 600pixel × 355pixel (30 kB)
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs5.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=hirose13

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト