原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名D51561の配管
コメント D51561は国鉄苗穂工場製の数少ないD51です
D51241もその仲間です
D51241は実物が焼けてしまったために模型で再現するための資料に事欠くカマです
D51561は、末期まで生きて実記が保存されている数少ないD51です
この写真はD51561の(まあ模型ですが)公式側です
写真の中央、やや左、コンプレッサー上左側から左上ランボード上に出た配管(ランボード上を前へ向かう)から分岐してテンダー方向へ向かう配管があります(実はよく見えません・・・天賞堂製品D51241は判らないので途中でごまかしてあります)
この配管は北海道独特のもので、苗穂工場製造のものは、製造時から付いてい田野かもしれません。
というのは、561や241はこの配管がコンプレッサーの裏側を通っていて、存在が目立たないのですが、北海道の数多のD51は北海道へ転配された時改造でこの配管が成されるらしく、ランボード表側をこれ見よがしに通っているのです。
241の資料を集める時、561を徹底的に調べるべしと言われました。
なぜならば北海道ロコのロコたる241という失われた特殊機の参考にするべきカマは561しか見あたらなかったからです。
D51561が本物の道産子→偽物の長野タイプ にされてしまう危険があるとすれば急いで資料を集める必要があるといえます
(もっともウチの561はすでに潜ったり登ったりの末にフィルム2〜3本使って撮って資料にして組んだやつですので241もどきの資料はあるというわけです)
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

メーカー / 機種 Canon / Canon IXY DIGITAL 910 IS
レンズ Unknown 4-17mm
焦点距離 / 35mm換算 4.6 mm /
シャッタースピード 1/25
ホワイトバランス Auto
フラッシュモード Off, Did not fire
サイズ 960pixel × 645pixel (92 kB)
撮影日時 2008:04:30 01:46:07
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs5.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=hirose13

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト