原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数10点(1件/1件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
2011/07/28(木) 00:25:23 管理人
*
庫を通過していくシーン初めて見たような!
題名40年前のあの日あのとき(2)
コメント  40年前のこの日は,「びばぁ〜い,びばぁ〜い,ここはびばい・・・」と面白いイントネーションで放送が流れる国鉄駅に隣接した美唄鉄道にいました。写真は朝の通勤列車を牽いて来たあと機回しをして,機関車庫の中を素通りして給炭台に来た2号機です。それにしても,折り返しで機関車庫の中を素通りする線路配置というのは,他にはなかなかないですね。真谷地の4110は9600の転入でこの2ヶ月前に据付ボイラーと化したので,撮影時点では美唄鉄道が唯一の4110を使う鉄道となっていました。重連でセキを50輛以上ガンガンと引き上げて行った姿は,模型で再現したいものです。
 一緒に9600が写っていますが,小生は9600には複雑な思いがあります。本州では9600は珍しく,形態も好きな機関車だったのですが,北海道では炭礦で余生を送っていた古典ロコを駆逐した憎い機関車に映るのです。9600のために,大夕張の9200は追い出され,真谷地の4110,日曹炭礦の8100は火を落とした云々。まあ,真谷地の8100は美唄の4110の転入で廃車になったので,9600だけが悪者ではないのですが,春に目の前で元気に煙を上げていた4110が,夏には9600の転入で無惨に据付ボイラーになっているのを見ると,どうも感傷的になってしまいますね。「C55好き,C57嫌い」等,似たような話は沢山あるのですが。
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

サイズ 1024pixel × 687pixel (193 kB)
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs5.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=hirose13

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト