原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名短縮デフ化されたD52204
コメント  1972年春の北海道の天気は異様な程暖かく,大沼・小沼の氷は融け,オホーツク海の流氷は沖合まで流出し,晴天が続くので各地で道床が露出する暖冬の年でした。
 一方,この時の国鉄の話題は,D52の間合い運用を利用しD51と共通運用を組んだことではないでしょうか。それまでD52は深夜・早朝の運用が多く,日中は昼寝をしていたのですが,一部D51に代わって客レを牽くことになり,御殿場線のようなD52牽引客レが撮影できるようになりました。
 さて前置きが長くなりましたが,写真はD52204の貨物列車です。D52204はそれまでも心持ちデフが短かったのですが,さらに短縮デフ改造を1971〜1972年の間に受け,このようなおぞましい姿になりました。この姿で走ったのは1年間あるかどうかなのですが,「D52は短縮デフ改造をされていない」と雑誌やブログに書く無責任な人が結構いるのは,困ったことです。
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

サイズ 2109pixel × 1296pixel (365 kB)
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs5.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=hirose13

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト