原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名夏の流星群
コメント uiuiさん、こんばんは。

私の命は、1億5000年の昔から引き継いで来たものなんだな・・・なんてNHKTVの恐竜と哺乳類の番組を見ながら、しみじみと感じました。母親の胎内ではへその緒を通じて、そして生まれてからも母の乳を飲んで・・・母乳は血液の変化したものだから、母親の命そのものの一部をもらっていたようなものですね。命の尊さ、改めて感じました。

さて、今夜は夏の流星群の情報をお持ちしました。たぶん、kikiさんのサイトでも夏の流星群がアップされるかな・・・。長文ですが悪しからず。

この梅雨空が明けると、夏の流星群の活動時期が一気にやって来ます。
「みずがめ座δ流星群」「やぎ座α流星群」が7月末から8月初めにかけて極大を迎え、3大流星群の1つ「ペルセウス座γ流星群」も7月の末には、その初期活動を見せるようになります。

みずがめ座δ流星群
出現時期:7月20日〜8月25日
極大  :7月29日
出現数 :極大時で1時間に5個ほど
性状  :中速、微光
条件  :月明かりが無く最良

やぎ座α流星群
出現時期:7月20日〜8月20日
極大  :8月1日
出現数 :極大時で1時間に3個ほど
性状  :低速、火球
条件  :月明かりが無く最良

ペルセウス座γ流星群
出現時期:7月20日〜8月25日
極大  :8月13日
出現数 :極大時で1時間に40個ほど
性状  :高速、流星痕
条件  :満月を過ぎた明るい月が出ていて最悪

添付の星図は、7月29日(土)の22時を示しています。
天頂付近には「夏の大三角」があります。この中から織女星、牽牛星も是非探してみて下さい。
牽牛星(わし座のアルタイル)から視線を地平線上へ移して来ると、やぎ座、みずがめ座へと辿ることができます。この辺りは市街地では星数が少ないかも知れません。街明かりの無い郊外なら、やぎ座の逆三角形の形が分かるでしょう。
「みずがめ座δ流星群」は大変地味な流星なので、見つけるのは難しいかも知れません。それに反して「やぎ座α流星群」は明るいオレンジ色の、ゆっくりとした流星ですので分かりやすいでしょう。
北東のカシオペア座方向からは、高速の流星が時折流れて来ます。「ペルセウス座γ流星群」です。
空の条件さえ良ければ、これら以外の散在流星も含めて1時間に30個ほどの流星を見ることが出来るかも知れません。
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

サイズ 819pixel × 545pixel (98 kB)
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs5.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=sorayume

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト